ご飯を食べた後、キリキリお腹が痛いとつらいですよね。

食後の腹痛は消化酵素がうまく出ず、消化不良によるものがほとんどです。

消化不良が原因であるなら、時間が経つにつれ治ることが多いので心配する必要はないでしょう。

ただ病気の場合もあるので、様子を見て良くならない場合はすぐに病院にいきましょう。

 

 

 

食後の腹痛はどんな痛み?

女性 はてな

 

腹痛といっても場所は色々で、ふつう「おなかが痛い」という場合は、胃から下の部分の痛みを訴えると思います。

胃、おへその周り、下腹部、脇腹など場所はさまざまですが、痛み方でも原因は変わってきます。

痛みの種類

腹痛と一言で言っても、痛みの程度に差があります。

キリキリした痛み

疝痛といわれる、腸などが無理に伸びたり縮んだりしたときにおこる痛みで、キリキリした痛みが繰り返し起きることも。

吐き気、嘔吐、冷や汗などの症状が痛みのほかに伴います。

鋭い痛みが続く

体性痛といわれる、仙痛よりも強い痛みが30分以上続き、痛みの場所もはっきりとしているのが特徴。

押したり、体を動かすと痛みが強くなり、歩くとひびきます。この症状の場合は、手術が必要になることもあります。

別の部位からの痛み

炎症を起こしている部分が強い時に近くの神経線維が刺激され、別の部位に起こる痛みのことです。

放散痛や関連痛ともいわれ、痛みの原因となる臓器によって関連痛の場所がある程度決まっています。

 

 

 

 

食後に腹痛が起きる原因

胃

 

心がけで変えることができるものと、病気が隠れている場合の2つがあります。

生活習慣による消化不良

暴飲暴食や早食い

一番の原因となるのが、暴飲暴食や早食いによる消化不良。

アルコールや炭酸飲料を摂りすぎると胃酸の分泌が乱れ、腸の働きが低下した結果、消化不良で腹痛がおきてしまうのです。

また砂糖・果糖の摂りすぎや、体質的に小麦に含まれているグルテンの過敏症でも腹痛、下痢がおきます。

ストレスや疲労

ストレスや疲労でも自律神経が乱れて腸の機能は低下し、消化不良を起こす原因に。

不規則な生活リズムは腸のリズムが乱れて、胃腸の機能が低下して消化不良になってしまうので気をつけましょう。

寝る前に食べる

睡眠中は胃腸の働きが鈍く、寝る前に食べてしまうとしっかり消化することができません。

睡眠中は血流が抑えられるので、脳と一緒に内臓も休ませてあげたほうがいいのです。

寝る前に食べると胃腸に負担をかけるので、消化不良を起こしやすくなります。

消化酵素の不足

肉類やインスタント食品は、消化するのに大量に消化酵素を必要とし、足りなくなると消化できなくなります。

消化酵素の不足による食後の腹痛は、時間がたつと良くなることがほとんどです。

ただ痛みが冷や汗が出るほど強かったり、吐き気や嘔吐が止まらない、また血便が出るなどの症状がある場合は、病院に行くことをお勧めします。

 

 

 

 

食後に腹痛がする病気

腸

胃潰瘍

胃潰瘍というと胃に穴があく病気と思われがちですが、潰瘍といって胃粘膜がえぐられた状態のことを言います。

ストレスも関係しているとされますが、原因の多くを占めるのはピロリ菌の感染で、ほかには非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)という炎症や痛みの治療で処方される薬の影響となっています。

一般的にいわれる胃潰瘍の症状は食後の上腹部痛で、傷ついた胃粘膜が胃酸などの消化液にさらされる食後30分~1時間で強くなります。

 

これに対し、十二指腸潰瘍の症状は空腹時や夜に強くなる傾向があります。

ただし日本消化器学会によると、実際は胃潰瘍でも空腹時に腹痛を感じる方が半数近くを占めていて、十二指腸潰瘍との症状にあまり差は見られないということです。

またどちらも食事をすると痛みが軽くなることが多く、胆嚢炎や胆管炎、膵炎などと見分けることができます。

 

胃潰瘍と十二指腸潰瘍の症状

  • 焼けるような鈍痛
  • 空腹時・夜間に痛む
  • 吐き気
  • むかつき
  • ゲップ
  • 食欲不振
  • 食後の腹痛
  • お腹が張る

 

さらに悪化すると以下のような症状も現れます。

 

  • 吐血、下血
  • 穿孔(胃に穴があく)
  • 腹膜炎

 

吐血や下血は傷口から出血している証拠なので、早めに病院を受診するようにしましょう。

ピロリ菌に感染しているなら薬で除菌を行い、胃酸の分泌を抑える薬などで悪化や再発を防ぎます。

 

胃潰瘍の初期症状をチェックしてみよう!治療法は?

 

過敏性腸症候群

朝、通勤電車のなかで急にトイレに行きたくなることはありませんか?

もしくは大事な会議やテストがあると、決まってお腹が痛くなるということはありませんか?

検査をしても目立った所見はない、でも急な腹痛と下痢や便秘をくり返す。

 

ストレスが大きく関係していると言われる過敏性腸症候群は日本人に多く、とくに30代以下の若い人に見られます。

ストレスにより腸内でセロトニンがつくられ、腸の蠕動運動に異常が起こることが関係していると言われています。

主な症状は「腹痛」と「便通異常(下痢や便秘)」ですが、3つのタイプに分けられます。

 

  • 下痢型:男性に多く、急に下痢や軟便になる
  • 便秘型:女性に多く、腸が痙攣して便が停滞してしまう
  • 混合型:下痢と便秘をくり返す

 

ほかに、お腹がゴロゴロする(腹鳴)、膨満感、ガスが溜まっておならが出るなどの症状もあります。

腹痛は食後に強くなりますが睡眠中はほとんど現れず、排便をすると症状が軽くなるという特徴があります。

常にトイレの心配をして、それがストレスになっていることもあるので、上手く付き合っていくことが求められます。

どのタイプにおいても腸のはたらきを整えてくれる乳酸菌や食物繊維は有効なので、積極的に摂りたいですね。

 

お腹がグルグル鳴る原因は何?隠された病気があった!

 

 

 

炎症性腸疾患

腸

 

炎症性腸疾患とは、大腸や小腸の粘膜に、炎症や潰瘍などがある状態のものを言います。

「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」が二大疾患として挙げられます。

潰瘍性大腸炎

難病指定されている疾患で、どの年代にも見られますが30代以下に好発します。

大腸の粘膜にびらんや潰瘍などができ、炎症を起こしている状態です。

 

症状としては、

 

  • 血便、粘血便
  • 下痢(血が混じることも)
  • 腹痛
  • 発熱、体重減少、貧血

 

などがあります。

サイトカインという、免疫細胞から出されるたんぱく質が異常に増えることが原因ということが分かっています。

これまでの治療はステロイドによる薬物療法が中心でしたが、生物学的製剤が開発されたことで長期的に症状を抑えることが可能になっています。

 

クローン病

こちらも難病指定されている疾患で、10代後半~20代の男性に多く発症します。

潰瘍性大腸炎は大腸のみで炎症が起こりますが、クローン病は口~肛門までの消化管のどこにでも炎症が起こります。

とくに多いのは、小腸と大腸のつなぎ目のあたりです。

 

症状は、

 

  • 下痢
  • 腹痛
  • 発熱、体重減少、貧血、全身倦怠感

 

などで、下痢や腹痛が続き、腸管が狭くなることもあります。

潰瘍性大腸炎のように免疫機能の異常と遺伝、それに加えて食の欧米化が要因となっている可能性があるようです。

しかしこちらも生物学的製剤が登場し、免疫を抑える治療が可能になったことでQOLの向上が見込めるようになってきました。

クローン病は進行性の慢性疾患のため、早い時期から専門医の元で治療することが鍵となります。

薬物療法だけでなく、脂肪やたんぱく質などを摂りすぎないような栄養療法も大切です。

 

 

 

その他の原因

胃下垂 チェック

機能性ディスペプシア

胃の調子がおかしい、でも検査で異常は見つからないという時は、機能性ディスペプシアの可能性もあります。

機能性ディスペプシアは、過去に胃下垂や胃アトニー、慢性胃炎や神経性胃炎と呼ばれていたものです。

 

症状としては、

 

  • 食後の胃もたれ
  • お腹が張る
  • 不快感
  • 胃痛
  • 吐き気
  • げっぷ

 

などがあります。

検査で異常なしだったからといって諦めずに、自分の症状をできるだけ正確に医師に伝えることは大切です。

胃は食べたものを消化して十二指腸へと送る器官ですが、その機能に異常が起こっていることが考えられます。

胃腸全体の働きが悪くなっていたり、脳が刺激を敏感に感じ取ってしまっていたり、ピロリ菌の感染があったりする場合があります。

 

症状に合わせて、胃の調子を整える薬や、ストレスを緩和させる薬、ピロリ菌の除菌などの治療を行いますが、同時に生活習慣の見直しも大切です。

大食い、早食い、夜遅い時間の食事などは控え、よく噛んで腹八分目くらいに抑えた食事を心がけましょう。

ただし、以下のような症状がある場合には、胃潰瘍などほかの疾患が隠れている可能性もあり、内視鏡検査などの精密検査を行う必要が出てきます。

 

  • 急な体重減少
  • 血便、吐血
  • 貧血
  • 発熱

 

症状が胃の不快感にとどまらないようなら注意しましょう。

 

胃下垂かどうか6つの項目をチェックしてみよう!

 

食中毒

お腹が痛いというと、「何か悪いもの食べたかな?」と思う人が多いですよね。

食中毒は身体に有害な細菌やウィルス、化学物質、自然毒などを口から摂取したときにおこる下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、発熱などのことです。

その摂取した物によって状態の程度、症状の出現する時間は変わります。

 

食中毒はうつる!治し方はある?

 

 

さいごに

体質的に胃腸の弱い人は疲れたり、冷たいもの食べた後など、少しの刺激でも腹痛を起こしやすくなっています。

食べ過ぎの場合とストレスが原因の場合では、処方される薬も変わってきます。

ただ食中毒の場合は下痢を無理に止めてしまうと、原因となる菌やウイルスを排出できません。

整腸剤などを飲んでも良くならなければ、消化器科や胃腸科で診断を受けるようにしてください。

 

胃がムカムカ、キリキリ痛む時におすすめの胃薬

右の脇腹が痛い6つの病気とは?

左脇腹に鈍痛がする原因は便秘!?

 

 

Sponsored Links