うっかり口の中を噛んでしまって血だらけになってしまった・・・

噛んでしまうと口内炎になってしまいますし、同じところを噛むとまた痛い思いをしますよね。

実は口の中を噛んでしまうことには、原因があるのです。

 

Sponsored Links

 

口の中を噛んでしまう原因

はてな

心理的な原因

繰り返し噛んでしまうのは、自分でも気が付いていない原因がありそうです。

無意識のストレス

精神的に困っていたり悩んでいたりすると、ストレスが重くのしかかります。

もしかすると、上手にストレス発散が出来ていないのかもしれません。

ストレスがかかると、普段のようにうまくろれつがまわらなくなるので口の中を噛んでしまうということになるのです。

 

もう少し分かりやすく説明します。

「ストレスを抱えている = 脳が興奮している状態」 という状態なので、体の仕組みとして口の中が乾くという状態になります。

ふつうは適度な湿いで保たれているはずの口の中が乾いてくるので、舌の動きなども滑らかには動きません。

 

そうすると誤って口の中を噛んでしまうのです。

自分がどのような状態にいるのか、冷静に振り返ってみましょう。

自分では気がついていなくても、潜在的にストレスが溜まっている場合に口を噛むということが多いようです。

体の疲れ

忙しくて体がとても疲れている可能性はありませんか?

肉体的な疲労は、元気をもたらすビタミンをすり減らします。

よく体が疲れた時に、栄養ドリンクやビタミン剤を飲む方も多いですよね。

 

ビタミンは体の疲れを取って元気な状態にしてくれるからです。

体の疲れもまた免疫力を下げ、口の動きや舌の動きを鈍くする要因になります。

そんな時に思わず口の中を噛んでしまうことがあります。

 

疲労が溜まっている時、ビタミンを積極的に摂取していきましょう。

ドラッグストアなどに足を運ぶと豊富な種類のビタミン剤が並んでいます。

ビタミンB1、B2、ビタミンC、タウリンが入っているものを選んでみると良いです。

 

疲労回復に即効性あり?疲れを取る8つの食べ物と栄養素

 

不安になると噛む癖がある

口の中を噛むことが癖になっている場合は、意識的に直していかなければいけません。

癖の中にも、自分では気が付いていない無意識のストレスや不安感が潜んでいることがあります。

 

幼少期からの場合は、ストレスで噛むのが癖になっているのかもしれません。

不安感を和らげる精神薬などもありますが、長期的に飲むのは避けた方が良いでしょう。

代わりにガムを噛むなど、「噛む」ということを意識させる環境を作るなど、多少のトレーニングが必要になってきます。

 

Sponsored Links

 

その他の原因

食べながら話している

食事

 

 

ありがちなのが、食事をしながらのおしゃべりです。

話が盛り上がって興奮してしまい、うっかり口の中を噛んでしまった、ということがあるかもしれません。

焦って早く食べすぎた場合などでも噛んでしまうことがあるので、ゆっくり食べるように意識するといいですね。

 

頬のたるみ

老化というものはさまざまな形となって現れますが、頬のたるみも老化の一種です。

顔の表面はたるんでいないように思えても、口の内側がたるんでいるということはよくあります。

皮膚がたるむと下に垂れてきますので、必然的に口の中で噛んでしまうのです。

マッサージをしたり、一日5分でも口を大きく動かすなどの運動を心掛けたり、たるみ改善を行いましょう。

 

噛み合わせの変化

子供のうちは、歯の生え方で噛み合わせに大きく影響を与えます。

歯並びが悪くなると、噛み合わせが上手くできないこともあります。

また大人でも、歯の治療などの直後に噛み合わせが変化することもあるようです。

 

歯の治療のあとは、極力そこの部分に気を遣いますよね。

噛み合わせが良くないと口の中を噛みやすくなってしまうので、ゆっくり食事をとることを心掛けましょう。

 

顎関節症かも?

顎関節症は大きく口を開けることが困難になり、顎を動かすとカクカクと音が出て痛みも伴います。

顎の動きがスムーズにいかない為に、口の中を噛んでしまうことがあるようです。

普段からゆっくり食事をとる、ゆっくり話をするように心掛けて、顎の負担を減らしましょう。

顎関節症は20代~40代の女性に多いとも言われています。

 

顎関節症は何科に行けばいい?どうしたら治る?

 

Sponsored Links

 

市販薬を使って早く治そう

すでに口内炎ができてしまったのであれば、市販薬で早めに治してしまいましょう。

おすすめは中程度のステロイド剤が入ったパッチタイプです。

寝る前に患部に貼っておくだけで、次の朝には腫れや痛みが引いているのが分かります。

トラフルは薄いフィルムタイプで口の中で溶け、はがす必要がないので翌朝も楽です。

 

 

 

さいごに

口の中を噛むことが続くと、口腔がんや舌癌のような重い病気にかかる可能性もあります。

特に喫煙者に多いようですが、噛んだところが膿んだりすると、バイ菌や雑菌が入りやすいからです。

あくまでも可能性があるということですが、可能性は少しでも減らしておきたいものです。

最近口の中を噛んでしまう事が多い・・・と感じている方は、その原因を考えてみて下さい。

日常のことに気を付けて、健康な毎日を送っていけたらいいですよね。

 

舌の裏や付け根にできる口内炎の原因とは?

舌のできものが痛い!赤い?白い?

口の中で血の味が・・・考えられる7つの原因

 

Sponsored Links