お腹の調子が悪くて下痢のようだけれど、特に原因となるものを食べて細菌に感染したわけでもなさそう。

なのに何だかおかしい・・・という経験はありますよね。一体何が下痢を引き起こすのでしょうか?

ここでは急性腸炎の原因の1つである、非感染性の急性腸炎の症状とその原因について考えてみます。

 

Sponsored Links

 

急性腸炎は2つの種類がある

 

下痢があり、下腹部痛や吐き気、嘔吐が伴う症状を一般的に急性腸炎と言います。

急性腸炎とは、ほとんどの場合、大腸が何らかの原因で炎症を起こす病気。

腸が炎症を起こす原因は色々ありますが、感染性の急性腸炎と非感染性の急性腸炎の2つに分けられます。

感染性の腸炎

代表的なのは食中毒。

梅雨から夏の時期は「ビブリオ、サルモネラ、黄色ブドウ球菌」など、集団食中毒発生のニュースが報道されたりしますよね。

仕出し弁当や生の食材など、食べ物の中に潜んでいた細菌が腸に炎症を引き起こすことが原因です。

非感染性の腸炎

非感染性は、ウイルスや細菌に感染していないのに引き起こされる腸炎です。

感染性腸炎の発症数よりは少なくなりますが、原因としては以下のようなものがあります。

 

  • 暴飲暴食
  • 冷え・夏バテ
  • ストレス・過労・夏風邪
  • 食物アレルギー
  • 薬剤起因性(薬の副作用)

 

Sponsored Links

 

 

非感染性急性腸炎の症状と原因

腹痛

 

感染性の急性腸炎の症状は下痢・腹痛・嘔吐・発熱(高熱)が起こり、症状も急激で激しいのが特徴。

これに比べて非感染性の急性腸炎は下痢が主な症状ですが、比較的軽症で、腹痛やお腹がゴロゴロ鳴る「腹鳴」を伴うことがあります。

また非感染性の場合、医療機関に受診しなくても適切な自己療養をすれば、数日で症状が治まることもしばしばです。

暴飲暴食(刺激物やアルコール)

暴飲・暴食の場合、下痢や腹痛になったときを振り返ってみれば分かると思いますが、いわゆる消化不良です。

夏バテを防ごう、元気を付けようとニンニク料理や激辛料理、高脂肪食などの食べ過ぎは逆効果になるかもしれません。

また過度のアルコール摂取は、消化酵素を分泌する膵臓の働きを低下させ、消化不良を起こす原因となります。

腸は、胃や十二指腸で十分に消化された食べ物から栄養や水分を吸収する役目があります。

十分に消化されていない食べ物は腸に炎症を起こすだけでなく、栄養もしっかり吸収できません。

 

冷えや夏バテ

夏は、特に下痢になりやすい季節。

暑さと湿気など、胃腸の調子を乱す原因がいくつかあります。

 

  • 冷たい食べ物や飲料ばかり摂取する
  • クーラーや扇風機で、体を過度に冷やす
  • 外気温と電車やバス、オフィス内の冷気との温度差による自律神経の乱れ

冷えが下痢を引き起こす!

冷えは、なぜ下痢を引き起こすのでしょうか?

「暑い→寒い」の繰り返しは体温調整機能を乱し、自律神経の不調を引き起こしてしまうからです。

体は自律神経の失調状態をストレスと感じ、全身不調に陥ります。

消化管は、自律神経系(交感神経と副交感神経)によってコントロールされている組織の一つ。

 

交感神経は胃腸の消化液の分泌や運動を抑制し、逆に副交感神経は消化液の分泌や運動を促進します。

乱れた自律神経は胃腸の動きにも影響を与え、腸のぜんどう運動を活発にさせすぎてしまうため下痢になるのです。

このこと自体は、腸に直接炎症を起こしているわけではありません。

しかし、食物がある状態で胃腸の運動が活発になってしまうため、未消化のまま出てしまい、下痢となるわけです。

 

Sponsored Links

 

ストレス・過労

ストレスや過労も、自律神経のバランスを崩す原因になります。

自律神経の乱れにより低下した胃腸機能は、食物の消化力が低下し、消化不良を引き起こすことに。

消化不良は食欲不振や免疫力の低下を招き、夏風邪を引きやすい状態になってしまうのです。

夏風邪の症状として、下痢を引き起こしてしまうことも考えられますね。

 

お腹がグルグル鳴る原因は何?隠された病気があった!

 

食物アレルギー

食物アレルギー(卵・牛乳・大豆など)のある方は、アレルギー症状の一つとして腸に炎症を起こして下痢をすることがあります。

 

薬剤起因性(薬の副作用)

薬が原因の場合、「抗生物質」と「その他の薬剤」の場合とで、原因が違います。

抗生物質の場合は薬の副作用というわけではなく、抗生物質が腸の中の細菌バランスを乱し本来必要な細菌(乳酸菌など)も殺菌してしまうため下痢になります。

「その他の薬剤」の場合

抗生物質以外に、下痢を引き起こしやすい薬剤があります。

 

  • 副交感神経刺激剤、吐き気止めなどの胃腸薬 ・・・ 消化管の運動を促進する
  • 抗うつ薬 ・・・ 腸の動きを良くする作用も併せ持つ
  • プロスタグランジン製剤 ・・・ 腸の動きを良くする作用を持つ
  • 抗がん剤 ・・・ 腸管内の細胞を傷害する
  • 便秘薬 ・・・ 服薬量の調節が適切ではなく効き過ぎた

 

Sponsored Links

 

 

治療方法

 

感染性の急性胃腸炎と違って、非感染性の急性胃腸炎や急性の下痢は症状が軽度であれば、市販薬で様子を見ることが出来ます。

ただし、薬剤起因性が考えられる場合には、受診している医療機関もしくは、調剤してもらった薬局薬剤師に相談しましょう。

市販薬は何を基準に選ぶ?

市販の下痢止め薬(止瀉薬)、整腸剤や胃腸薬は、街の薬局に行くとたくさん種類があるのでどれを選んだら良いのか迷うかもしれません。

市販薬で様子を見る目的は、下痢を止めて脱水を防ぎ、栄養摂取の障害を引き起こさないことです。

下痢止め薬(止瀉薬)のものを

ロートエキス(鎮痛鎮痙成分)、タンニン酸ベルベリン(収斂剤)、またビフィズス菌(整腸剤)が含まれている薬がおすすめです。

ロペラミドは指定第2類医薬品で、腸管の運動を抑制する作用を持つ強めの下痢止め薬。

症状が強いときには効果があります。

市販薬を購入する場合には、薬剤師や登録販売員によく相談しましょう。

市販薬を3日程度服薬しても効果がない場合には、医療機関に受診して下さい。

 

腸炎のときはどんな食事をするべき?

食中毒はうつる!治し方はある?

生牡蠣で食中毒に!潜伏期間や症状もチェック

カンピロバクター食中毒の症状はうつる?感染経路や潜伏期間と治療法

 

Sponsored Links