あなたはすぐに風邪をひいてしまいますか?

寒くなったり、風邪が流行しだすと周りの誰よりも一番先に感染してしまうという人、いますよね。

同じ空間にいても風邪をひく人とひかない人、その差は何なのでしょうか?

 

Sponsored Links

 

風邪ってそもそも何?

風邪といっても、原因はウイルスや細菌が鼻や口から入り、炎症を起こすことで発症します。

その反応で鼻水、咳、のどの痛み、頭痛、発熱などが現れます。

その症状を風邪症候群といい、一般に上気道までの炎症を風邪と呼んでいます。

  • 気管支 → 気管支炎
  • 肺 → 肺炎

など場所によって病名は変わります。

風邪は万病の元

昔から風邪は万病の元と言われています。

これは風邪から起こる合併症が多く、放置しておくと重症化することが多いからです。

風邪が引き金となって喘息が重症化したり、また糖尿病の人は治りにくく、他の病気を発症しやすくなります。

風邪と思っていたけれど実は結核や、髄膜炎だったというケースもあります。

そのため自己判断せず、病院に行って正しい診断と治療を受けることが大切です。

どうして風邪をひく?

例えば、学校、会社など同じ場所にいても全員が風邪を同じようにひいているわけではありません。

自分はすぐに風邪をひいてしまうという人は下記の原因に心当たりはないでしょうか。

 

①バランスの良い食事を摂っていない。

②夜遅くまでゲームや仕事などで起きていた

③普段から水分をあまり摂らない

④胃腸の調子が悪い

⑤最近、疲れが溜まっている

⑥うがいや手洗いをあまりしない

⑦周囲に風邪をひいている人がいる

⑧マスクは使わない

 

①〜⑤は免疫力を低下させる原因になり、感染しやすい状況になります。

⑥〜⑧は予防をしてません。

 

予防をせず、免疫力が低下していれば、感染しやすく発症しやすくなるのです。

同じように感染していても免疫力がある人は発症せずに自然治癒していたり、軽症で済むのです。

免疫力の低下を下げる原因として、孤独を感じるなど精神状態の悪化やストレスを受けると免疫の働きを抑える物質を作り出してしまいます。

その結果免疫が低下し、自立神経のバランスを崩すので風邪だけでなく他の病気にもなってしまいます。

 

Sponsored Links

 

風邪をひかないようにするには?

乾燥すると風邪をひきやすくなる!

ウイルスや細菌を体の中に入ってくるのを防いでくれているのが、喉、鼻、肺などにある繊毛細胞。

この細胞が乾燥している状態だと侵入した細胞やウイルスを追い出すことができなくなります。

「喉が渇いた」と感じるときは、もうこの繊毛細胞が乾燥した状態だといわれています。

 

予防には喉が渇く前に水部を十分に摂っていることが大切。

目安は1日1.5リットル以上といいます。

室内も冬は暖房、夏は冷房などで乾燥した状態になっています。

加湿器を使ったり、部屋に洗濯物を干したりして湿度は60%に保つようにしましょう。

 

免疫力を上げる

規則正しい生活とバランスの良い食事で体調を崩さないようにするのが大事です。

寝不足などは体内環境も乱れて免疫力は低下していまい感染しやすい状態になってしまいます。

身体を守る免疫細胞の多くは腸で造られています。

免疫力を上げるには、腸の状態を良い状態に保つことが大切です。

免疫を上げる栄養素

  • 発酵食品・・ヨーグルト、納豆、みそなどは腸内環境を整える働きをします
  • たんぱく質・・鶏ささみ、むね肉、特に豚肉は疲労回復、ストレス解消に役に立つビタミンB群が多くふくまれています
  • ビタミンC・・・パプリカやアセロラは特に多く含まれ抵抗力や免疫力を高める働きをします
  • ビタミンA・・・モロヘイヤなどに多く含まれるこの成分は喉や鼻などの粘膜を強くして、菌の侵入を防ぎ、治癒力も高めるといわれています
  • ビタミンE・・・抗酸化、また血行を促す働きがあり予防に役立ちます
  • アリシン・・・にらなどに多く含まれています。強い殺菌力と免疫力を上げる働きがあります

 

冷えないように運動をする

身体が冷えると免疫力も低下するため、身体を冷やさないようにすることも必要です。

慢性的な運動不足は代謝が悪くなり、栄養素を体に取り入れにくくなり免疫が低下するので、適度な運動は必要です。

 

感染を予防する

風邪やインフルエンザも飛沫感染です。

感染した人の咳やくしゃみによってウイルスや細菌が体内に侵入し、感染します。

インフルエンザの場合は咳などから飛沫したウイルスがついた手すりなどからでも感染していきます。

 

そのためマスクをしたり、うがい手洗いなどを行い、少しでも感染のリスクを減らしていかなければ、やはり感染してしまうのです。

市販の風邪対策用のマスクや手洗い用の石鹸などは有効です。

 

 

さいごに

風邪をひきやすい人は不規則な生活で体内環境が乱れていたり、食事も必要な栄養素が不足していたりすることが原因かどうか、自分の生活を一度振り返ってみて下さい。

また20歳を過ぎると免疫力は低下して症状も悪化しやすくなります。

他にも薬の副作用などで免疫力が低下して感染しやすくなることもありますので、注意して自己管理していきましょう。

 

Sponsored Links