子どもの熱がなかなか下がらないと、心配になってしまいますよね。

しかし、子どもの平熱は大人よりも高く、同じ基準では考えることはできません。

子どもの場合は、何度から熱があると考えたら良いのでしょうか。

 

 

Sponsored Link

 

子どもの熱は何度から?

子供 熱

大人で37度を超えると微熱があるといいます。

しかし、子供は平熱が高いので大人とは違います。

風邪のような症状がなくて元気であれば、37.4度くらいまでは平熱と思って大丈夫。

子供は日々成長しているため新陳代謝が活発で体温も高いためです。

一般的に、新生児から幼児までは37度前後、学童で36.2〜36.9度が平熱の範囲になります。

病気かどうか見分けるポイント

子供は自分で頭が痛い、喉が痛いなど伝えることができません。

親御さんが注意してみてあげることが大切です。

 

  • 下痢や嘔吐はないか
  • 食欲はあるか
  • 尿や便はいつもと変わりないか・・・回数が多い、少ない、色が濃い、血尿、便秘など
  • 水分は摂れているか
  • 運動量・・・子供は自分でコントロールできず、ずっと遊んでいるので、熱が出ることもよくあります
  • 日中の温度、厚着をさせていないか
  • 元気はあるか
  • 体に発疹はでていないか

 

病院などで、おでこに冷却シートを貼って走り回っている子供がいます。

ただ看護士さんの経験からすると、37度代の発熱では子供は食欲も元気もあるので、心配する必要はないとのこと。

逆に微熱で元気がないときは、他に原因があると思ったほうがいいでしょう。

下痢や嘔吐をしているときは、乳幼児はすぐに脱水状態になってしまうので病院を受診して下さい。

 

Sponsored Link

 

子供の微熱が出る病気

はてな

  • 急性中耳炎・・・耳が痛くなり、熱が出ます
  • 手足口病・・・楕円形の水泡が手、足、口に出てきたら疑って下さい

発疹が出る病気

  • はしか
  • 水疱瘡
  • 風疹
  • 突発性発疹
  • 百日咳
  • ノロウイルス胃腸炎
  • おたふく風邪
  • ヘルパンギーナ
  • プール熱

 

発疹や熱の程度は個人差があり、微熱程度で終わってしまうこともあります。

病気によっては咳が何日も続いたり、ノロウイルスでは下痢や嘔吐をくり返すなどの症状が出ることもあります。

リンパ系の病気、血液系の病気

  • リウマチ熱
  • 関節リュウマチ
  • 白血病

 

これらの病気の時も長引くことは考えられますが、血液検査ですぐに診断はできます。

一般的に子供の病気で熱が出るときは、38度以上になることがほとんど。

39度代の高熱が出た後に、37度代の熱が続くこともあります。

 

何でこんなに熱が下がらないのだろう、と心配になってしまいますよね。

これは体内に残っているウイルスと戦っていたり、体温を調節する脳の体温中枢がまだ発達していないためだといわれています。

 

Sponsored Link

 

子供は訴えることができない

子供

 

大人の場合は熱いと衣類で調節したり、喉が渇けば自分で水分をとることもできます。

下痢をしていれば薬を飲んだり、脱水にならないように気を付けることもできます。

でも子供の場合は自分で考えて動いたり、注意することができません。

 

新陳代謝も活発なため、すぐに脱水になってしまうのです。

特に夏場や下痢や嘔吐しているときはこまめに水分補給をさせてあげて下さい。

身体に触れてみて、少し熱いなと感じたら衣服の調節をしたり、休憩をさせて様子をみてみましょう。

 

幼児などは慣れない環境や嬉しいときなど、テンションが上がった状態が続いてしまうので、熱が出る原因にもなります。

大人なら平気な状態でも、乳幼児の場合はさまざまな機能が未熟な状態なので重篤なことになることもあります。

夏は地面から大人よりも低い位置にいるため温度の影響を受けやすく、体温が上がりやすくなるので注意して下さい。

 

家の中でも、日の当たっている場所に長時間いると体温が上がってしまいます。

周囲の大人が理解して、注意を怠らないようにしましょう。

 

やっぱり心配と思ったら

いつもと変わらないような気もするけど、やっぱり心配で、病院に行こうか迷ってしまうこともあると思います。

いつも側でお子さんをみているのはお母さんですので、迷ったら受診をお勧めします。

2、3日前からの経過、現在の状態、どのように様子がおかしいのかなど、メモをしていくと先生にも伝わりやすくなります。

 

病気と診断されたら

病院に行って薬を処方されたにもかかわらず、熱が下がらないと親御さんも心配になってしまいますよね。

特に乳幼児は体温中枢が未熟なため、すぐには平熱には下がらないということは覚えておいてください。

 

また、逆にすぐに熱が下がったからといって、処方された薬を自己判断で中止してしまうことも良くありません。

抗生物質などは、決められた服用を守らないと、ウイルスや細菌を活性化させてしまいます。

熱が下がらない原因となってしまうので、正しく飲ませるようにしましょう。

 

 

さいごに

普段から体温を測って平熱を把握しておくと、いざというときに慌てずに済むでしょう。

外の気温などでも子供の体温は変動しやすく、大人のように自分で判断して調節することはできません。

風邪を引いたときなどは、つい厚着をさせてしまいます。

 

しかし、熱があるときに厚着をしてしまうと体温を上げてしまい、熱性けいれんを起こしてしまうこともあるので注意しましょう。

乳幼児では温度調節機能が発達していないので、うまく調節してあげられるようにして下さいね。

 

Sponsored Link