むせて咳が出るのは、体の中に入ってきた異物(細菌やウイルス、気管に入った食べ物など)を排出しようとするため。

いわば私たちの身体に備わる防衛反応なのです。もし咳が出なかったら……と考えると、逆に怖いですね。

しかし、むせるような咳は体力も使いますし、原因がはっきりしないまま続いていると不安になってしまいます。

むせるような咳が出る原因にはどのようなものが考えられるのか、咳のタイプ別に見ていきたいと思います。

 

Sponsored Links

 

咳の種類

咳

 

咳は、正式には「咳嗽(がいそう)」と呼ばれます。

咳の種類は、続いている期間と痰があるかどうかで分けられます。

 

  • 急性咳嗽:3週間以内
  • 遷延性咳嗽:3~8週間
  • 慢性咳嗽:8週間以上

 

  • 湿性咳嗽:痰が多い
  • 乾性咳嗽:痰が少ない

 

それぞれで考えられる原因も違ってくるので、一つずつ詳しく見ていきたいと思います。

 

Sponsored Links

 

急性咳嗽

咳が3週間以内に落ち着いてくるという場合には、風邪やインフルエンザなどの「感染症」もしくは「急性の気管支喘息」が考えられます。

ウイルスや細菌が体内に入ってくると、咳をすることで異物を外に出そうとします。

そのため、ピークを過ぎれば落ち着いてくるのですが、抗生物質などを処方してもらうと治りが早くなりますね。

 

ひどいときには咳止め薬を使うこともありますが、咳には異物を排出する役目もあるので、薬に頼ってすぐに止めてしまうことが良いとは限りません。

むせるような咳の出る感染症には百日咳やRSウイルスなどもあり、百日咳は子供だけでなく大人もかかることがあります。

RSウイルスはほとんどの子供が2歳までにかかると言われていますが、稀に重症化したり合併症を引き起こしたりすることもあるので注意が必要です。

 

RSウイルス|大人の症状と潜伏期間を知ろう

 

遷延性咳嗽

咳が3週間以上続いているという場合には、ただの風邪などではなく、病気にかかっている可能性が出てきます。

呼吸器系の病気など、専門の治療が必要になるケースもあるので一度病院で診てもらうようにしてください。

病院では咳の症状をできるだけ詳しく伝えましょう。

 

  • いつから咳が出ているのか
  • どのくらいの期間続いているのか
  • 季節性はあるか
  • どんな咳か(痰の有無など)
  • 咳以外の症状(熱など)はあるか

 

場合によっては血液検査やレントゲンなどの検査を行うこともあるので、まずは症状を正確に伝える必要がありますね。

 

Sponsored Links

 

慢性咳嗽

右胸の痛みや違和感

咳が長期的(8週間以上)に続いているという場合には、慢性咳嗽となります。

原因としては、咳だけが出る喘息の「咳喘息」や、いわゆる「喘息」、アレルギー反応による「アトピー性咳嗽」、鼻水が喉のほうに流れて炎症を起こす「後鼻漏」、胃酸が逆流する「胃食道逆流症」などがあげられます。

ストレスや緊張するタイミングで咳が出る「心因性咳嗽」も慢性化しやすいです。

慢性咳嗽では、気管支が炎症を起こしていることが多くなります。

 

気管支が炎症を起こすと、ちょっとした刺激にも弱くなり、反射的に咳が出るようになってしまいます。

また粘膜が腫れて気道が狭くなることにより、喘息でよく見られる喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)も発生します。

炎症は咳が続くことにもよりますし、鼻水が流れてくるなどの耳鼻科の疾患や、胃酸が食道の上まで上がってくるなどの消化器科の疾患が原因ということも考えられます。

また肺炎や結核、腫瘍などの重大な疾患でも長期的な咳があるので、症状の変化には注意しておきましょう。

 

湿性咳嗽(痰が多い)

痰にはウイルスや細菌などの異物を包み込んで排出する役目があります。

痰を排出するために咳が出ているという状態ですね。

痰が出るものには「副鼻腔気管支症候群」や「慢性気管支炎」「気管支拡張症」など、もしくは結核や肺がんという可能性もあります。

 

痰が出るようなら色にも注意しましょう。

黄色や緑色の痰がでるなら、副鼻腔炎などにより膿んでしまっている可能性があります。

また血痰が出るものには結核や肺がんのほか、気管支が拡張したまま戻らなくなる気管支拡張症ということも考えられます。

 

結核はうつる!感染経路と潜伏期間を知っておこう 

 

乾性咳嗽(痰が少ない)

痰が少なく、コンコンという空咳をしている場合には乾性咳嗽と呼ばれます。

原因には、花粉やハウスダストなどのアレルギー反応による「アトピー咳嗽」や「喘息」、「胃食道逆流症」やストレスや緊張による「心因性咳嗽」などがあげられます。

また、一部の高血圧の薬などの副作用として乾いた咳が出ることもあるので、飲んでいる薬のことを知っておくと安心ですね。

 

Sponsored Links

 

咳や痰への対策

咳の仕方

ゲホゲホと大きく咳をしてしまうと、喉に負担がかかってしまいます。

咳をするときは、喉を痛めないようにできるだけ小さく細かくするようにしましょう。

湿度

ウイルスや細菌は乾燥した空気で活発になります。

早くウイルスや細菌を撃退するためにも、加湿器などで湿度を調節するようにしましょう。

マスクも、口や喉の乾燥を防ぐために有効です。

また、粘度の高い痰が絡んでいる場合には、水分を多めに摂ると柔らかくなり排出しやすくなります。

薬の使用

咳止めは、咳がひどくて体力の消耗が心配されるときに使います。

咳には異物を排出する防衛反応の役割もあるので、自然に止まるようなら無理に薬を使う必要はありません。

痰には去痰薬がありますが、こちらも一時的なものなので根本的な原因を治す必要があります。

喉をいたわる

アルコールや煙草はもちろん喉への負担となり、カラオケなど喉を使うものも控えるようにしましょう。

飲み物は温かいものを中心にします。ハチミツは喉によく、レモンには免疫力を上げてくれるビタミンCが豊富なので、はちみつレモンはおすすめです。

規則正しい生活を

やはり一番は十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事、適度な運動をして、規則正しい生活をすること。

日頃から体力や免疫力が落ちないようにしておくことが大切ですね。

 

Sponsored Links

 

赤ちゃんがむせるのは大丈夫?

赤ちゃん

 

赤ちゃんはまだ舌や喉が発達していないため、上手くミルクや唾液を飲み込めずにむせることが多いです。

また生後2~3か月頃からは唾液の分泌も増えてくるため、むせやすくなったり、よだれを垂らしたりすることが多くなりますが、様子を見てあげれば大丈夫です。

ミルクの飲ませ方を工夫する

赤ちゃんがミルクを飲んでむせるのも、気管支に入りそうになったミルクを出そうとするため。

お腹の空いた赤ちゃんは、勢いよくミルクを飲んでしまうこともあるので、お母さんがミルクをあげるタイミングや飲ませ方などを工夫してあげる必要があります。

哺乳瓶は、乳首のサイズや素材を赤ちゃんに合わせて変えてあげると、飲む量を調節することができます。

あげるときの角度によっては口のところに隙間ができて、そこから入った空気でむせてしまうこともあるので注意しましょう。

 

 

さいごに

むせるような咳は、食べ物などが喉に引っかかったときのほか、風邪やインフルエンザなどの感染症であることがまず考えられます。

ただし、咳が3週間以上も止まらないという場合には、なにか病気である可能性も出てきます。

病院でどんな咳が出ているのかを伝えて、正しい処置をしてもらうようにしましょう。

 

咳止め市販薬のおすすめ5選《薬剤師監修》

咳が止まらない!何科に行けばいいの?

【保存版】気管支炎に良い食べ物と飲み物

 

Sponsored Links