「耳がこもる」、「耳が詰まる」とも感じられる耳の違和感は、専門用語で「耳閉感」と言います。

耳閉感がある時には、耳になにかしらの異変が起きている可能性が高くなります。

その中には、早めに対処しないと治らなくなってしまうものもあるので、まずは耳鼻科で診てもらうことが大事。

耳閉感がある時に考えられる原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

耳がこもるような違和感がある病気

まず考えられるのが、耳と鼻とを繋いでいる管「耳管」の病気です。

耳管の病気

 

 

耳管とは、中耳腔(鼓膜の奥の空洞部分)と上咽頭(鼻の奥)を繋いでいる管のこと。

耳管は普段は塞がっているのですが、あくびをしたり唾を飲み込んだりしたタイミングで開き、外の気圧と中耳腔の気圧が同じになるように換気をしています。

 

飛行機に乗った時や高層ビルのエレベーターに乗った時に、耳がキーンと詰まったようになった経験はありませんか?

耳の外と内側での気圧に差ができているために起こる現象です。

大概の人は唾をゴクンと飲み込むことで耳管を開き、耳の外と内側の気圧を同じに調整しているのです。

 

Sponsored Link

 

耳管狭窄症

耳管狭窄症は耳管が狭まってしまったり、開かなくなってしまうため、気圧の調節ができなくなる病気です。

耳閉感のほか、軽い難聴や滲出性中耳炎を併発することもあります。

耳管の狭窄が起こる原因としては、耳管周辺の炎症が考えられます。

 

風邪による鼻や喉の炎症、もしくは後鼻漏(鼻水が喉に流れる)によって耳管にまで炎症が広がってしまうと、粘膜がむくんで耳管が狭まってしまいます。

またアデノイド(上咽頭にあるリンパ組織)の肥大や、腫瘍により圧迫されて耳管が狭まっている可能性も考えられます。

 

耳管開放症

逆に耳管が常に開きっぱなしになってしまうのが耳管開放症で、近年増加傾向にあります。

耳管開放症でも耳閉感があり、ほかには自分の声や呼吸音が響いて聞こえるといった症状があります。

 

原因としては、急激な体重減少により耳管周辺が痩せてしまったことが考えられます。

またストレスや疲労、睡眠不足なども関係しているようです。

耳管開放症の特徴として、頭を下げたり横になったりすると耳管が狭まるため、一時的に症状が和らぐことが挙げられます。

 

突発性難聴

難聴というと“聞こえなくなる”というイメージかもしれませんが、正しくは“聞こえにくくなる”病気です。

突発性難聴は片耳にのみ起こることが多く、難聴のほか、耳閉感や耳鳴り、めまいなどを伴います。

私たちの聴力をコントロールしているのは、内耳にある蝸牛という部分です。

 

蝸牛に何らかの障害が加わることで突発性難聴は起こるとされていますが、原因は解明されておらず治療法も確立していません。

ただし治療の開始は早ければ早いほど良いとされ、特に発症から1か月以内というのがポイントです。

1か月を過ぎると、治療をしても完治させることが難しくなるので、早めに病院に行く時間をとってくださいね。

 

突発性難聴は、何度も良くなったり悪くなったりを繰り返すものではありません。

もし繰り返すようならば、メニエール病の可能性もあります。

また脳腫瘍の症状の一つとして突発性難聴が起こっている可能性もあるので、きちんと耳鼻科などで検査してもらいましょう。

 

Sponsored Link

 

低音障害型感音難聴

もう一つ、急に聞こえにくくなった時に考えられるものとして、低音障害型感音難聴があります。

人の話し声よりも低い、低音部のみの聴力が低下する病気で「音が歪んで聞こえる」と感じることが多いようです。

ゴーッという低い耳鳴りがしたり、耳閉感を伴ったりもします。

 

低音障害型感音難聴も、やはり蝸牛に障害が起きている可能性が考えられます。

蝸牛のある内耳にはリンパ液という液体が満たされているのですが、低音障害型感音難聴では、その液体のバランスが乱れて、内耳が水ぶくれを起こしている状態になっています。

これはメニエール病と同じ原理なのですが、メニエール病との違いとしては、激しい回転性のめまいがないことが挙げられます。

 

要因にはストレスや疲労が関係しているようで、突発性難聴とは違い、何度も繰り返し発症することがあります。

仕事や育児でストレスが溜まりやすい若い女性に増えている病気です。

 

耳性帯状疱疹(ラムゼイ・ハント症候群)

帯状疱疹が耳にできることもあります。

ただし、他の部分にできるのと違って、耳にできると完治率も60%ほどで、麻痺などの後遺症も残りやすいので注意が必要です。

症状は耳にできる水疱のほか、耳閉感や難聴、めまい、それに顔面神経麻痺が特徴。

 

人によっては耳痛や、物を飲み込むときに痛みを感じることもあります。

原因となる帯状疱疹ウイルスは、水疱瘡にかかったことのある人なら誰もが“神経節”というところに持っているウイルスです。

それが、体調不良やストレスによる免疫力の低下で再活性化し、帯状疱疹となって現れます。

 

気を付けたいのは、耳性帯状疱疹と間違われやすい“ベル麻痺”というもの。

原因となるのは同じヘルペスの仲間である単純ヘルペスウイルで、症状が耳性帯状疱疹とよく似ています。

治療には同じ抗ウイルス剤を使うのですが、ベル麻痺と耳性帯状疱疹では薬の量が違ってきます。

2つを区別できずに、薬の量を間違うと後遺症が残ってしまうので、初期の段階で特定することは大変重要になります。

 

中耳腫瘍

中耳に腫瘍ができることは稀ですが、耳閉感が起こっている原因の一つとして考えることができます。

ほとんどが良性ですが、悪性腫瘍(がん)が中耳にできることもないとは言えません。

目で見える部分ではないので、なかなか気づかれにくく、たまたま検査をして発見されることが多いようです。

 

腫瘍が大きくなってくると耳閉感や難聴、耳鳴り、顔面神経麻痺やけいれん、耳の違和感が出てくることもあるので、それで受診する人もいるようです。

中耳腫瘍は診断も治療も、耳の専門医によって行われます。

 

Sponsored Link

 

耳管炎と滲出性中耳炎

「耳管狭窄症」と深い関係にある耳管炎と滲出性中耳炎も、耳閉感がある時には注意したいものの一つです。

耳管炎

風邪による鼻や喉の炎症(副鼻腔炎や上気道炎など)が悪化して、耳管にまで炎症が広がることがあります。

耳管が炎症を起こして粘膜が腫れると、耳管が狭まって耳管狭窄症となりますが、さらに悪化すると、次に説明する滲出性中耳炎になってしまいます。

風邪や慢性副鼻腔炎などの、炎症を起こす原因は、早めに対処して治していきたいですね。

 

滲出性中耳炎

耳管の炎症がさらに中耳腔にまで進出すると、滲出性中耳炎となります。

中耳炎というと、耳が痛くなるという印象が強いかもしれませんが、それは急性中耳炎というもので、滲出性中耳炎とはまた別物です。

滲出性中耳炎では耳痛はほとんどありませんが、中耳の粘膜の炎症により分泌液が出て、それが中耳腔に溜まっていきます。

 

そのため、治療では注射器を使って浸出液を抜き取るなどの処置をしなくてはいけません。

滲出性中耳炎では、耳閉感、難聴、耳鳴り、自分の声が響いて聞こえるなどの症状があります。

子供や高齢者に多いのですが、子供の場合、耳の痛みもないため気付きにくく、治療が遅れてしまうことがあります。

呼んでも反応が遅かったり、テレビの音がいつもより大きいなど、軽い難聴の症状がないかどうかは保護者がしっかり見ておくようにしましょう。

 

 

さいごに

耳にこもるような違和感があったり、耳が詰まるような感じがする時には、耳になんらかの異常が起きている可能性が高くなります。

耳の病気は、耳鼻科で専門的な検査を行って診断されるので、まずは近くの耳鼻科を受診しましょう。

耳閉感があると、自分の声や呼吸音が響いて、しゃべりづらくなったり、声量をどのくらいにしたらいいのかわからなくなって不便です。

また耳鳴りや難聴などもあるまま放置すると、一生聞こえにくいままになってしまうので、早めに医師に診てもらってくださいね。

 

耳の中(奥)の7つの音!片耳が聞こえにくいのは要注意!

鼻をかむと耳が痛い!中耳炎かも?

 

Sponsored Link