足の付け根にある股関節は、ちょうど骨盤と大腿骨が接地している部分で、軟骨で覆われているためツルツルと滑りやすくなっています。

スムーズに股関節を動かすための構造ですね。

そんな大事なパーツである股関節に痛みやしびれなどの違和感があるとき、体の中でどんなことが起きているのでしょうか。

股関節、もしくは足の付け根周辺に違和感があるときに考えられる原因について見ていきたいと思います。

 

Sponsored Links

 

股関節に違和感がある原因

はてな

変形性股関節症

大人の股関節の病気で最も多いのが変形性股関節症で、股関節の軟骨がすり減り、痛みや可動域の制限が出ます。

股関節のこわばりや違和感から始まり、立ち上がったり歩き始めたりした時に痛みを感じるようになります。

この段階では安静時の痛みはそれほどでもありませんが、進行すると常に痛みを感じたり、夜寝ているときにも痛みを感じたりするようになります。

また股関節の可動域に制限が見られ、足がまっすぐ伸びなかったり広がらなくなるため、靴下を履いたり足の爪を切ったりという動作が難しくなります。

さらに左右で足の長さが変わってしまうため筋力が低下し、立ちっぱなしや階段の上り下りが辛くなります。

原因

変形性股関節症になる人の8割以上は“二次性”と呼ばれるもの。

先天的な形成不全、子供のときの股関節の病気や怪我(脱臼など)の後遺症や発育不足によるものであったりします。

こちらは女性に多く見られます。

対して“一次性”と呼ばれるのは、加齢による軟骨のすり減りが原因となっています。

治療

まずは保存療法が試されますが、大事なのは股関節に負担をかけないこと。

杖を使ったり、肥満気味の人は体重を落としたりと生活面の見直しを行い、さらに筋力アップや関節のストレッチを兼ねたリハビリを行います。

しかし症状が悪化して生活に支障が出るようになってしまったら、手術を考えなくてはいけません。

手術は、自分の骨の形を整える“骨切り術”もしくは人工関節に置き換える“人工関節置換術”が一般的です。

 

Sponsored Links

 

大腿骨頭すべり症

成長期の子供に多く見られ、骨頭(大腿骨の端っこ、骨盤側)にある成長軟骨に負荷がかかって、変形やずれを起こしてしまうものです。

股関節の違和感や疲労感、さらに臀部や膝にまで痛みが広がることもあります。

慢性化すると痛みが軽くなってしまい、発見が困難になってしまうので早めに受診をしたいところです。

ほかには跛行(はこう)といって、痛みのある足を引きずるようにして歩くようになるため、「子供の歩き方がおかしい」と親が気づくケースもあります。

原因

大腿骨頭すべり症は10代前後の成長期の子供、とくに男児に多く見られます。

この時期は、骨の端っこに「成長軟骨」という柔らかい軟骨部分があり、成長とともに硬い骨へと変化していきます。

しかし、成長軟骨は硬い骨になる直前はかなり薄くなっているため、そこで変形やずれが起こりやすくなっているのです。

原因としては肥満による負担、もしくはホルモンバランスの異常が考えられます。

骨を伸ばす成長ホルモンや骨を硬くする性ホルモンの分泌異常が起こることによって骨の成長が遅れ、負荷に対して弱い時期が長引いてしまうのです。

治療

治療では、牽引や整復などによる矯正が行われ、ギプスや手術による固定がされます。

もし慢性化してしまっているなら、ずれた骨を矯正で戻すのは難しくなるため手術となります。

どちらにしても入院が必要になる治療です。

 

Sponsored Links

 

大腿骨頭壊死

骨盤側の骨頭(大腿骨の端っこ部分)が、血行障害により栄養不足で壊死してしまうと、その部分が脆くなって潰れてしまいます。

どの年代でも起こるものですが、大人の場合は難病指定となり、子どもの場合はペルテス病という病名で呼ばれます。

大人の場合(難病)

症状としては股関節の痛みですが、これは壊死して脆くなった骨が陥没変形することで発生します。

逆を言えば、壊死しただけで骨が潰れていない状態なら痛みがなく無症状のこともあるということ。

痛みがある場合は、発症時期は違っても両足に症状が出ることが多いようで、痛みによる跛行(足を引きずって歩く)も見られます。

原因は、女性に多いのはステロイド剤の大量服用で、男性に多いのはアルコールの多飲となっています。

 

ステロイド剤は1日に15mg以上の服用で要注意となりますが、治療中の人は決して自己判断で量を減らさないようにしてください。

アルコールは日本酒なら1日に2合、これをほぼ毎日飲んでいると要注意。

10年ほどで大腿骨頭壊死を誘発する原因になるとされています。

治療は、安静にして痛み止めなど薬を服用したり、歩行時に杖を使うなどの保存療法を行います。

しかし悪化したり生活に支障が出たりするようなら手術も検討されます。

 

子供の場合(ペルテス病)

子供の大腿骨頭壊死は「ペルテス病」と呼ばれ、3歳~10代前半の男児に多く見られます。

子供の場合、大腿骨頭は柔らかい成長軟骨であるため、壊死による変形が起きても成長とともに修復されて治癒が見込めます。

症状は膝関節の痛みから始まり、股関節痛や跛行が見られます。

 

骨の破壊により左右で足の長さが違ってきてしまうため、筋力低下が起きることも。

成長期のため自然治癒も十分に期待できますが、発症年齢が高くなるほど治りきれずに変形が残ってしまうこともあります。

壊死による陥没変形の範囲が広いときにも完治は難しいため、装具や手術などの治療が必要になることもあります。

 

Sponsored Links

 

脊柱管狭窄症

脊柱管とは背骨の中を通っている管のことですが、脊柱管の中には脊髄神経が通っています。

脊柱管が狭くなってしまうと脊髄が圧迫されるため、痛みやしびれなどの症状が現れます。

症状は脊柱管が狭くなる部分によって違い、首(頸椎)なら首の痛みや肩こりなどから始まり、腕や足へと症状が広がっていきます。

腰(腰椎)なら足の痛みやしびれ、筋力の低下などが起こり、進行すると排尿障害も現れますが、人によっては腰の重い感じ、もしくは腰痛が起こることもあります。

間欠跛行(かんけつはこう)

脊柱管狭窄症の特徴として、間欠跛行というものがあります。

しばらく歩き続けると痛みやしびれで歩行を続けることが困難になりますが、前かがみになって休むとまた歩けるようになるというもの。

高齢者によく見られるものですが、だんだんと歩き続けられる時間が短くなっていってしまいます。

脊柱管狭窄症の原因には、先天性のものと後天性のものがありますが、先天性は生まれつき脊柱管が狭くなっている部分がある状態。

 

後天性の多くは加齢による変形ですが、若い人でも重労働で腰に負担がかかっていたり、外傷などにより発症することがあります。

治療は基本的に、保存療法が中心となります。

痛み止め薬の服用や杖、もしくはシルバーカーの使用、コルセットや牽引など医師と相談しながら行っていきます。

ただし、生活に支障が出る場合には手術となることもあります。

 

Sponsored Links

 

妊娠

赤ちゃん

 

女性は妊娠により身体が大きく変化し、妊娠後期~臨月になると出産にむけてリラキシンというホルモンが分泌されます。

リラキシンには赤ちゃんが産道を通りやすくなるように靭帯を緩める作用があるのですが、それによって内臓や重くなった子宮で腰に負担がかかってしまうのです。

また早い人だと妊娠初期から、骨盤が開くことにより、腰や股関節に痛みが出ることもあるようです。

これらは妊娠の準備のため仕方ないことですが、痛みを和らげる方法もあるので無理のない範囲で実践していくと良いでしょう。

安静にすることも大切ですが、適度な運動を行ったり姿勢を変えてみたり、骨盤ベルトなどを活用してみたりすることも痛みの軽減に繋がります。

 

その他

はてな

 

股関節に違和感があるときに考えられる原因はたくさんあります。

上記でご紹介したもの以外にもまだまだあるため、簡単にですが一つずつ説明していきたいと思います。

リンパ節炎

リンパ節というと首にあるイメージですが、股関節(鼠径部)にもリンパ節はあります。

リンパ節炎はウイルスや細菌感染によることが多く、腫れて触っただけでも痛みを感じます。

侵入してきたウイルスや細菌に対する防御反応として起きるものですが、いつまでも続く場合には悪性リンパ腫なども考えられるので注意しましょう。

 

生理前

PMS(月経前症候群)の症状の一つとして、股関節に違和感や痛みが出ることもあります。

PMSはホルモンバランスの変化によるものですが、ストレスや生活習慣の乱れなどにより悪化しやすいので、きちんとリラックスする時間を作るようにしたいですね。

 

前立腺炎

30~40代の男性に好発し、決して珍しい病気ではない前立腺炎ですが、細菌感染が原因であることもあります。

下腹部から足の付け根周辺にかけて違和感や鈍痛があり、排尿トラブルも起こります。

前立腺炎は慢性化しやすいのですが、慢性化すると治療も長引いてしまうので早めの受診をおすすめします。

 

Sponsored Links

 

膀胱炎

膀胱炎は女性に多く、排尿痛や頻尿などの症状が有名です。

細菌感染によるものですが、大腸菌が原因となっていることが多く、ストレスや疲労などで抵抗力が落ちているときに発症しやすくなっています。

細菌が尿道からさらに上がっていくと「腎盂腎炎」になってしまうこともあります。

38度以上の高熱が出たり、背中や腰に痛みが出たりするようなら要注意です。

 

坐骨神経痛

坐骨神経とは腰から足にかけて走っている神経のことで、この神経が圧迫または刺激されると、痛みやしびれといった症状が現れます。

最初は腰痛だけだったものが、お尻や太ももの後ろへと広がっていくことが多いです。

坐骨神経痛は病名ではなく、高齢者なら脊柱管狭窄症、若い人なら椎間板ヘルニアなどが発症原因となっています。

 

椎間板ヘルニア

背骨は椎骨(ついこつ)というブロック状の骨が26個つながって形成されていますが、骨の間でクッションの役割をしているのが椎間板です。

椎間板の中には髄液というゼリー状のものが入っているのですが、椎間板が壊れると外へ漏れ出てしまいます。

椎間板ヘルニアは、漏れ出た髄液が脊髄神経を圧迫してしまうために起こります。

椎間板が壊れる原因は高齢者なら加齢による変形などで、若い人ならデスクワークなどの姿勢が原因となっていることもあります。

 

 

さいごに

股関節の違和感の原因として考えられるものはたくさんあります。

軟骨や骨がダメージを受けている場合、すり減ったり壊れたりしてしまったものを元に戻すことはできません。

できるだけ早い段階で対処できるように、おかしいなと思ったら病院を受診するようにしたいですね。

 

太ももの裏が痛い4 つの原因 | ストレッチで治る?

足がだるいし痛い!7つの原因と病気

ふくらはぎが痛い5つの原因と対処法

歩くと足首が痛い原因13個

 

Sponsored Links