体が痒くてたまらない!爪の跡で皮膚は真っ赤になるし、掻けば掻くほど痒くなる!

イライラして発狂したくなりますよね。

でもここで思うままに掻いてしまったら、あとで後悔することになります。

薬を塗るなどして、掻きたい気持ちをぐっとこらえて下さい。

 

 

 

体が痒くなる原因と病気

かゆい 痛い

 

痒みは、ヒスタミンという肥満細胞から分泌される物質が重要な役割を果たします。

蕁麻疹

蕁麻疹は強いかゆみを伴い、赤く盛り上がった発疹がぶつぶつできます。

蕁麻疹は数日で消えてしまう急性のものと、1ヶ月以上出たり引いたりを繰り返す慢性のものに分かれます。

原因となるものは数多くあり、日光や温度の変化、運動した時の汗、冷たい物を飲んだ刺激で現れるものなど。

また摩擦や薬剤、食事、ウイルス感染などでも出ることがあります。

蕁麻疹は、原因不明のものであるほど抗ヒスタミン薬を飲むことで良くなる確率が高いようです。

 

お風呂上がりにかゆいのは蕁麻疹?薬を飲んでも治らない理由

蕁麻疹は何科?痒くないものはある?

 

ダニ

ダニやノミ、蚊などに刺されることによって激しい痒みが起こるのが、急性痒疹(ストロフルス)といわれる虫刺されです。

赤い小さなぶつぶつができて強い痒みを伴うため、気を付けていないと掻きむしってしまいます。

思うままに掻いてしまうと痒みが慢性化してしまうことがあるので、ステロイド薬を使います。

ステロイドに抵抗を持つ方も多いですが、きちんと治療しないと繰り返してしまいます。

医師の指示があるまで、薬は途中でやめないようにしてください。

 

 

 

接触性皮膚炎

化粧かぶれなどによる接触性皮膚炎は、皮膚が痒くなる代表的なものの一つです。

原因のきっかけとなるのは、化粧品、化学物質、植物、金属、食品、虫など非常に多彩で身体中の色々な部分に発生します。

これらの物質と接触した部分と境目ははっきりと分かることが多く、発疹はかゆみや水泡を伴います。

顔は跡が残ってしまうので、慎重な対応をしたいですね。

 

目の周りとまぶたが赤いしかゆい!6つの原因

 

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は時として非常に強い痒みを生じさせますが、一方でほとんど痒みがない人もいます。

サーモン色をした脂っぽいフケのように見えるのが特徴で、生後3か月以内の乳児に最も多いですが、成人も発症します。

乳児の場合は黄色いかさぶたのような吹き出物ができ、成人の場合はウロコのような厚いかさぶたができることも。

原因はマラセチアというカビなので、抗真菌薬を使って治療します。

 

鼻がかゆい!隠された5つの原因とは?

 

アトピー

アトピーは皮膚の水分量が調節できずに全体が乾燥し、カサカサになる慢性皮膚炎です。

皮膚の保湿機能が低下して抵抗力が弱いため、乾燥だけではなく感染症にも注意する必要があります。

ダニやハウスダストなどのアレルギーに関係するIgEを持っている人が多いですが、全てがアレルギー反応によるものではありません。

家族内でアトピーになる可能性が3割ほどあるため、遺伝ともいわれていますが、大気汚染の物質も関わっていることが明らかになりました。

 

アトピーは、アルテミンというたんぱく質が増えることで痒みの症状が出ます。

排ガスや粉塵などの化学物質が皮膚に付くとアルテミンの数がさらに増えるため、皮膚を掻きますが、結果的に皮膚のバリア機能を失うという悪循環に陥ります。

現在できることは皮膚についた化学物質を洗い流したり、大気汚染のない環境に身を置くなどの方法。

他の皮膚症状と同じように、アトピーも保湿をすることが大切です。

 

 

 

乾皮症

老人性乾皮症ともいわれる高齢者特有の乾皮症ですが、最近は若い人たちにも増えています。

加齢や生活環境などによって皮脂の分泌が低下し、角質層が水分を保てなくなることが原因です。

乾皮症は粉を吹いたように皮膚がカサカサして乾燥しているものですが、進行するとぶつぶつした発疹や痒みのある皮脂欠乏性湿疹炎を引き起こします。

お風呂上りなど血流が良くなったときにかゆみが強くなることが多いので、すぐにクリームなどで保湿をするようにしましょう。

 

皮膚掻痒症

湿疹や蕁麻疹が出ていないのに体が痒くなる病気が、皮膚掻痒症。

普通の湿疹のように見えてしまうこともあるため、診断が難しいこともあります。

全身に出るものと、局所的に出るものがあり、皮膚の乾燥や老化が関わっているといわれています。

また糖尿病、肝臓や腎臓などの内蔵疾患や甲状腺疾患なども痒みの原因となるため、詳しい検査をすることが必要です。

原発性胆汁性肝硬変(胆管炎)

原発性胆汁性肝硬変は、肝臓から胆汁を流す管である胆管が炎症を起こし、肝細胞を壊してしまう自己免疫疾患。

50代以降の中年女性に多く、患者数は全国で5万人いるといわれています。

肝臓病などが原因となる痒みは皮膚によるものと違い、抗ヒスタミンなど普通のかゆみ止めが効きません。

 

進行すると肝硬変へと移行し、肝不全となりますが、現在では肝硬変まで発展しないケースがほとんどです。

その中でも日本では「無症候性」といわれる、痒みなどの症状が出ないタイプが80%を占めています。

原発性胆汁性肝硬変(胆管炎)の初期症状には、以下のようなものがあります。

 

  • 発疹のないかゆみ
  • 黄疸
  • 疲労感
  • 口の渇き
  • ドライアイ

 

妊娠掻痒症

「皮膚掻痒症」が妊婦さんに起こる場合には、妊娠掻痒症と呼ばれます。

妊娠掻痒症の原因は、ホルモンバランスが乱れることによる皮膚の乾燥とされています。

妊娠中は女性の身体が著しく変化するため、ホルモン以外のことが原因となっている可能性も十分にあります。

貧血や高血圧、糖尿病といった全身疾患や内臓疾患が原因となっていることもあるため十分な注意が必要です。

 

妊娠中期~後期にかけて現れることが多く、発疹などの皮膚異常は見られませんが、強い痒みが出ることが特徴。

痒みは全身性のもので、特に腹部の痒みが気になる方が多いですが、分娩後24時間以内に痒みが治まることが多くなっています。

対策としては、皮膚の乾燥に注意してスキンケアを行うことですが、痒みを我慢しているとストレスにもなってしまいます。

妊婦さんでも使える薬はありますので、痒みが強い場合には我慢せずに、医師に相談するようにしましょう。

 

 

 

 

かゆみを悪化させる原因

おばさん

ストレス

体の痒みの原因がストレスにあることもありますし、ストレスがアトピーやアレルギーを悪化させることもあります。

ヒスタミンの分泌を促す

「痒みのもと」であるヒスタミンは肥満細胞から分泌されますが、その際に“なんらかの刺激”が引き金となっています。

その“なんらかの刺激”は、アレルギー物質やストレスということもあります。

自律神経は脳の視床下部というところと深いつながりがあり、ヒスタミンを含めたホルモンの分泌をコントロールする役割があります。

ストレスにより脳の視床下部がエラーを起こすと、ヒスタミンの分泌にもエラーが出てしまうという仕組みなのです。

 

刺激への耐性が低くなる

またストレスがかかると、ヒスタミンを分泌させる“なんらかの刺激”への耐性も低くなってしまいます。

人によって“なんらかの刺激”に対して「このぐらいなら大丈夫」という許容範囲がありますが、ストレスはその許容範囲を狭めてしまいます。

「いつもだったら大丈夫なはずなんだけど…」という場合には、ストレスがかかっている可能性が考えられます。

 

 

 

体が痒いときの対処法

医者 ポイント

 

肌は表皮、真皮、皮下組織に分かれ、さらに表皮は外側から角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つから成り立っています。

表面にある角質層は、水分層と脂質層(セラミド)が何層もあることで(ラメラ構造)、外部からの進入を防ぎバリア機能を果たしています。

乾燥して痒みが出る肌はラメラ構造が乱れている状態なので、外から補うことが必要になります。

保湿剤を選ぼう

保湿成分にはセラミド、ヒアルロン酸、ヘパリン類似物質などの種類があり、浸透性や効果に特徴や違いがあります。

かきむしりたくなる乾燥肌には、乾燥の治療薬としても長く使われてきたヘパリン類似物質がおすすめ。

ヘパリン類似物質は病院で処方されるヒルドイドと同じもので、これらの保湿成分の中で一番奥の基底層まで浸透し、抗炎症作用や血行促進作用もあります。

乾燥からくる痒みを抑えるためには、お風呂上りや寝る前など、体温が上がる時につけると効果を実感できます。

 

 

保湿の仕方

保湿のポイントは「水分」と「油分」をバランスよく補うこと。

顔のスキンケアでも洗顔後、先に化粧水をつけて水分を補充し、乳液やクリームといった油分で蓋をしますよね。

ローションやクリーム

「ローション」や「クリーム」などサラッとしたものは、水分の補給がメインとなっています。

サラサラしていて付け心地も良いですが、持続時間も短めになっているため、肌の状態に応じてこまめに塗る必要性が出てきます。

軟膏やオイル

「軟膏」や「オイル」のようなベッタリした付け心地のものは、油分の補給がメインです。

化粧水のあとや、お風呂上りなどの潤った肌の上からつけると、水分の蒸発を防いでくれます。

ベタベタしやすいため、睡眠前や秋や冬などの乾燥するシーズンに集中的に付けると良いでしょう。

 

 

 

日常生活の見直し

角質に水分を保持する「角質細胞間脂質」や「天然保湿成分」といったものは、お風呂に入っただけでも流れ出てしまいます。

お湯の温度が高かったり、長時間浸かっていたりすると流れ出やすくなってしまうので気を付けたいですね。

お風呂上りは要注意で、入浴後はできれば5分以内での保湿をしたいところです。

ほかにも、乾燥する冬場は加湿をしたり、肌を刺激するような習慣(タオルでゴシゴシ拭くなど)をやめてみたり、少し日常生活を見直してみてください。

 

 

さいごに

体が痒いといってもさまざまな種類の皮膚炎がありますが、日々の生活で改善できることから始めてみましょう。

かゆみの特定が難しい場合は、必ず皮膚科に行って塗り薬や飲み薬を処方してもらって下さいね。

 

抗ヒスタミン薬でおすすめの市販薬6選

太もも内側にぶつぶつが!かゆい原因7つ

手のひらがかゆい!ぶつぶつが出る原因は何?

指が腫れて痛みやかゆみがある!考えられる7つの原因

 

Sponsored Links