手は身体のどの部分よりもよく使うところなので、少しでも不具合が出ると困ってしまいますよね。

仕事や家事、趣味などで知らないうちに手の指を酷使してしまっているのかもしれません。

指の関節はどうして痛くなってしまうのでしょうか。その原因と考えられる疾患について見ていきましょう。

 

Sponsored Links

 

朝に手や指がこわばる原因

おばさん

 

手の指はどこよりもよく動かし、繊細な力加減を必要とするだけに負担がかかりやすい部分になります。

手は骨・筋肉・腱・靭帯・神経などの組織が複雑に絡み合っているので、どれかに負担がかかると悪影響が出やすくなってしまいます。

炎症が起きたり神経を圧迫していたりすると、それが関節痛となってあらわれるのです。

関節を支える軟骨自体には神経が通っていないため、関節の痛みは主にその周囲から来ていると言えるでしょう。

 

Sponsored Links

 

どんな人が痛くなる?

関節痛というと高齢者の悩みという印象が強いのではないでしょうか。

加齢に伴い、関節の軟骨がすり減ることで発症する人もたくさんいますが、若い人でも油断はできません。

指を酷使している

仕事で一日中パソコンのキーボードを打っている人や、ピアノやギターなどの楽器を演奏する人、編み物などの趣味で指をよく使う人も要注意。

スポーツによる負傷も原因の一つで、中高年になってからスポーツを始めたという人は、気をつけるに越したことはありません。

関節痛は1:4の割合で女性に多く見られます。

 

ホルモンバランス

更年期や妊娠出産期のホルモンバランスの乱れも関節痛を引き起こす原因になります。

更年期にさし掛かっているという人は、生活習慣を見直しておくと良いでしょう。

 

 

手や指がこわばる病気

関節リウマチ

朝に手の指がこわばることが特徴の関節リウマチですが、発症する原因ははっきりとは分かっていません。

免疫異常説

痛みや腫れといった症状から始まり、悪化すると関節の変形や痛みが全身にまわることもあります。

膠原病の一つで、免疫機能が誤作動を起こして関節を攻撃し、貧血や倦怠感、発熱などほかの症状も併発することもあります。

治療は主に内服薬を中心に行いますが、最近では良く効く薬が出ています。

重症化した場合は、手術やリハビリを行うこともあります。

 

Sponsored Links

 

変形性関節症

爪

 

変形性関節症は関節が赤く腫れる、動かすと痛みが出る、重症化すると変形し動作に支障が出るといった症状が出ます。

ホルモンバランスの乱れが大きな原因とされ、更年期の女性になりやすいといわれています。

1~3年と長い期間をかけて治癒していくため、不便ですがテーピングなどで痛みを緩和しながら生活することになります。

ヘパーデン結節

ヘパーデン結節は人差し指~小指の第一関節に発症します。

ミューカスシストという水膨れのようなものが出来ることもあり、指を曲げた時に痛みが出ます。

 

ブシャール結節

ブシャール結節は第二関節に発症し、ヘパーデン結節と併発することも多くなっています。

 

母指CM関節症

母指CM関節症は親指の付け根に発症し、物をつまんだり手首をひねる動作の時に痛みます。

 

Sponsored Links

 

腱鞘炎

腱鞘とは、腱の外側を包みこむ筒状の組織のことで、指や腕の使い過ぎで痛みが発生するので日常動作に支障をきたします。

軽いものであれば湿布などで自然治癒しますが、ステロイドの注射や鍼治療などで痛みを抑えることもできます。

腱鞘炎の中でも屈筋腱に発症するものをバネ指といい、親指に発症することが多く、悪化すると指を伸ばすことができなくなります。

 

ガングリオン

若い女性に多い病気で、本来は痛みのないものですが神経に障ると痛みを感じます。

ゼリー状の体液が皮膚の下で袋状に固まったもので、指だけでなく手全体~手首にかけてできやすいのが特徴。

ストレスが原因にもなるようですが、治療は中に溜まった体液を注射器で吸い出すか、袋ごと切除する手術を受けます。

 

 

痛みがあったら何科に行くべき?

病院

整形外科かリウマチ科

手の指の関節が痛くなった時は、まずは整形外科で診てもらいましょう。

もし他の疾患だったとしても、整形外科から他の病院を紹介してもらえます。

検査は問診を中心に、触診、画像検査、血液検査などを行います。

また整形外科の中でも、手の疾患を専門に扱っている「手外科専門医」もいるので、納得いかない場合は探してみると良いかもしれません。

 

問診でどれだけ正しく伝えられるかが重要になってくるので、病院に行く前に一度、自分の症状をまとめてみると良いですね。

関節リウマチは早期治療が大切ですが、初期段階では検査をしても見つかりづらいという欠点もあります。

もしリウマチと診断されなくても、その後治らなかったり症状が悪化したりする場合には、遠慮せずにもう一度診てもらいましょう。

リウマチ科という専門の科を持つ病院もあるので、そこで相談してみるのも良いと思います。

 

Sponsored Links

 

 

手や指がこわばるときの対策

指を休ませる

指の関節痛はすぐに良くならないものが多くありますが、治癒するまでの長い期間、できれば少しでも痛みを和らげたいですよね。

急性期は安静にして関節を休めさせることが大切で、指に負担をかけないように使い過ぎには気をつけましょう。

ある程度落ち着いて来たら、ゆっくりと曲げ伸ばしなどの運動をして、筋力が衰えないようにすると良いですね。

 

関節痛に良い食べ物

女性に多い関節痛は、食生活やホルモンバランスの乱れに気をつけたいところです。

バランス良く栄養を取ることと、コンドロイチンやグルコサミンなど関節軟骨を作る成分の摂取を心がけましょう。

これらの成分は、オクラや納豆、ナメコなどのネバネバ系の食品や、牛や豚の軟骨に多く含まれています。

また、ヒアルロン酸やコラーゲンにも軟骨を作る効果があります。

最近はサプリメントの種類も豊富になってきているので、活用してみても良いかもしれません。

 

指が腫れて痛みやかゆみがある!考えられる7つの原因

指の関節が腫れるのは関節リウマチ?初期症状と原因をチェック!

 

Sponsored Links