生理前に調子が悪くなる女性は多いですが、「お腹が張る」とガスが溜まっているみたいで苦しい・・・

特別たくさん食べたり飲んだりしたわけでもないし、便秘というわけでもないのにお腹がパンパンに張っている。

生理前にお腹が張る時、原因が何なのか、どのような対策を取ったら良いのか見ていきたいと思います。

 

Sponsored Links

 

生理前にお腹が張るのはなぜ?

子宮

 

子宮は筋肉でできているため、伸びたり縮んだりしたときにお腹が張っているような感覚になることがあります。

生理前はホルモンバランスが大きく変化し、体調にも変動が見られる期間です。

ホルモンの影響

黄体ホルモン(プロゲステロン)

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、排卵日から生理前にかけて増加する、妊娠をサポートする女性ホルモンの一つ。

受精卵の着床を手伝ったり、妊娠を継続させたりする役割があり、女性の身体を変化させます。

女性が妊娠するためには必要不可欠なホルモンですが、生理前に調子が悪くなる原因にもなります。

 

プロスタグランジン

生理痛の原因と言われているのが、プロスタグランジンというホルモンに似た物資です。

プロスタグランジンは生理が始まると、子宮内膜で黄体ホルモン(プロゲステロン)から作られます。

子宮を収縮させたり、月経血を排出したり、陣痛を促すときに必要なものですが、生理痛やお腹の張りが発生してしまうこともあります。

 

腸がむくむ

黄体ホルモンは、栄養や水分を蓄えようとするため、体重の増加やむくみを引き起こします。

さらに腸の蠕動運動を抑えてしまうことで消化機能が低下し、腸のむくみが起こります。

腸のむくみが、お腹の張りになることもあるようです。

 

月経前症候群(PMS)

黄体ホルモンの増加は、ほかにも血流悪化や血糖値の急激な低下を招いたり、抑うつなどの精神状態にも影響を与えます。

ホルモンバランスの変化が脳の視床下部に作用し、自律神経が乱れることが原因のようです。

症状が強い人は「月経前症候群(PMS)」といって、生理前の体調不良が重くなる傾向にあります。

 

機能性低血糖症の症状をチェック!原因は食事?

 

Sponsored Links

 

呑気症

呑気症は空気嚥下症と呼ばれることもあります。

私たちは無意識のうちに空気を飲み込んでいますが、飲み込んだ空気は、普通ならげっぷやおならとして排出されます。

飲み込む量が多くて胃腸に溜まってしまうと、お腹の張りとなってあらわれます。

食事の仕方に問題がある?

食べ物と一緒に多少の空気は飲み込んでいますが、量が多いとお腹が膨れてしまう原因に。

空気を飲み込む量が多い人は、食事の仕方に問題があることが多いようです。

早食いやがぶ飲み、特に炭酸飲料をたくさん飲んでいると、体内に入る空気の量が多くなってしまいます。

また麺類をすすって食べるときや、おしゃべりしながら食事をする“ながら食い”にも注意しましょう。

 

かみしめ呑気症候群

呑気症にはストレスが大きく関わっています。

緊張が続いて奥歯をかみしめていたり、かみしめる癖がある人に見られる呑気症を「かみしめ呑気症候群」と言います。

私たちは食べ物を飲み込むとき、必ず奥歯を一度かみ合わせています。

奥歯をかみしめると嚥下動作が発生してしまい、食事中でなくとも空気を少量ずつ(2~3ccほど)飲み込んでいることになるのです。

 

かみしめ呑気症候群は、日本人の8人に1人が抱えていると言われています。

またパソコン操作などで、うつむく姿勢を取ることが多い人などにもよく見られます。

日常的にあごに力が入っていることで、あごや眼の奥の痛み、頭痛や肩こりなどがある人も多いようです。

 

唾液の分泌異常

ストレスで交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、自律神経失調症になります。

自律神経失調症になると、唾液の分泌量にも影響を与えるので、唾液の量が多くなったりするのです。

唾液量が多くなると、必然的に飲み込む回数が増え、一緒に空気も飲み込んでしまうことに。

逆に唾液の分泌量が少なくなっても、口が渇きやすくなり、唾液を飲み込む動作が多くなってしまいます。

 

病気への理解が大切

呑気症では消泡薬や消化酵素薬などのガス溜まりを緩和する薬や、抗うつ薬や抗不安薬などのストレスを緩和する薬を使うこともあります。

薬での治療よりも有効とされるのが、病気を理解し、自分で対策していくこと。

呑気症の原因がどこにあるのか考えて、直していくことが大切です。

 

Sponsored Links

 

心因的なもの

ため息

 

生理前はホルモンバランスの変化により、精神的にも不安定になりやすいです。

プロゲステロンが増加することにより、不安感や抑うつ、イライラなどが発生しやすくなります。

一方で、心身を安定させる作用のあるエストロゲンという女性ホルモンが減少することも大きな要因となっているようです。

生理前はお腹の張りが悪化しやすい時期なので、気持ちをゆったりとさせて乗り越えたいですね。

ポイントは生理に対する考え方

生理痛などが軽いという人であっても「生理ってなんとなく面倒で嫌なもの」というイメージを持っているのではないでしょうか。

マイナスなイメージを抱きやすい生理ですが、「嫌だなぁ」と思ってしまうとストレスが溜まって、余計に体調が悪くなってしまいます。

痛みなどを前向きにとらえることも難しいですが、マイナス思考ばかりでなく「生理は女性が女性としてあるために、必要で大切なこと」という認識を持つことも、大事ではないでしょうか。

 

性格的なもの

真面目で几帳面な人、心配性な人、完璧主義な人は、普段からストレスも溜まりやすいのではないでしょうか。

また自分に厳しく、仕事を頑張りすぎてしまい、睡眠不足や過労ぎみな人も要注意です。

 

Sponsored Links

 

過敏性腸症候群

腸

 

検査をしても異常がなく、便秘や下痢をくり返すという場合は「過敏性腸症候群」と診断されることが多いです。

日本人の1~2割が過敏性腸症候群であるとも言われ、身近な病気でもあります。

くり返す便秘と下痢が主な症状ですが、ほかにも腹部不快感や腹痛、ガスが溜まっているようなお腹の張りを感じることもあります。

便秘と下痢に関しては、症状の現れ方によって3タイプに分けることができます。

 

  • 便秘型(女性に多く、便秘が続く)
  • 下痢型(急に便意に襲われ、外出中なども不安になる)
  • 交代型(便秘と下痢が交互に現れる)

 

原因はストレス?

過敏性腸症候群にもストレスが大きく関係していると言われています。

職場や家庭などでストレスが溜まっている人に多く見られ、月曜日の朝だったり、会議や試験などの緊張する場面で起こりがち。

急に便意に襲われ、トイレから離れられなくなってしまうので、生活の質が悪化し、日常生活を送れなくなってしまうこともあります。

女性は特に「恥ずかしいから」と便意を我慢したり、心配をしすぎたりしてしまう傾向にあり悪化しやすいので注意したいですね。

 

生理前は悪化しやすい

過敏性腸症候群の女性は、生理前になると症状が悪化しやすい傾向にあります。

生理前はプロゲステロンの増加により腸のはたらきが低下します。

人によって便秘が悪化したり、下痢になりやすかったり、お腹にガスが溜まりやすくなったりするのです。

生理自体にストレスを感じているために、生理前になると過敏性腸症候群が悪化することも考えられますね。

 

お腹がグルグル鳴る原因は何?隠された病気があった!

 

Sponsored Links

 

お腹の張りを解消するには?

はてな

 

生理前のお腹の張りの原因は、背景に病気が隠れていないかを調べる必要があります。

病気の心配がないようなら、お腹の張りを緩和させるような対策を取っていきましょう。

病気は隠れていない?

子宮内膜症や子宮筋腫などの病気があると、生理前や生理期間の不調がひどくなる傾向にあります。

鎮痛剤が効かないほどの痛みがあったり、出血量が多かったり、生理がダラダラと続くという場合には、一度婦人科を受診しましょう。

これらの病気は放置すると、不妊症などのリスクも上げてしまいます。

お腹の張りや生理痛が酷いときには、子宮を収縮させるプロスタグランジンが過剰に分泌されていることも考えられるので、合わせて診てもらえると良いですね。

 

低用量ピルを使う

低用量ピルは経口避妊薬とも呼ばれる薬で、排卵を抑制して、ホルモンバランスの変動も少なくさせる作用があります。

プロゲステロンの増加を抑え、ひどいお腹の張りや月経前症候群(PMS)などを緩和させることができます。

ただし、低用量ピルは3ヶ月以上継続して飲むことで効果が得られます。

ホルモンバランスの変動を抑えることで、飲み始めに吐き気などの副作用が出ることもあることなど、頭に入れておきましょう。

 

漢方薬を使う

漢方薬は、その人の体質である「証」に合わせて処方され、根本的な体質改善を目指すものとなっています。

生理前や生理期間のトラブルで、実際にどのような漢方薬が処方されるのか、「証」ごとに見ていきたいと思います。

 

  • 冷えを伴う「血寒(けっかん)」:温経湯(うんけいとう)
  • 出血量の多い「気虚(ききょ)」:補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
  • 出血量の少ない「陰虚(いんきょ)」:六味地黄丸(ろくみじおうがん)
  • ストレスや自律神経の乱れがある「肝鬱(かんうつ)」:加味逍遙散(かみしょうようさん)
  • 長期的なPMSで不眠もある「肝火(かんか)」:竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
  • むくみを伴う「脾腎陽虚(ひじんようきょ)」:牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)・苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

 

体質や症状によって処方される漢方薬は大きく違ってきます。

ドラッグストアで売っている市販薬を買うのではなく、一度はきちんと医師に相談して処方してもらいたいですね。

 

軽い運動やマッサージをする

無理のない範囲で軽く体を動かすことは、お腹の調子を整えるためにも効果的。

体調に合わせてストレッチやヨガなどをすると良いのですが、特に腹筋を鍛えたり、腹式呼吸をしたりすると有効なようです。

また、湯たんぽや腹巻などでお腹を温めながら、手のひらでお腹に「の」の字を書くようにマッサージするのも良いでしょう。

 

おへそからスタートして下腹部に「の」の字を書くと、腸を刺激してガスを押し出すことができます。

ほかにも食事の仕方に注意したり、むくみのある人は水分の摂り過ぎに注意したり、ベルトやきついゴムなどでお腹を締め付ける服装は避けるようにしたり、工夫してみましょう。

お腹が張る原因を考えて、合わせた対策を取ることが大切ですね。

 

自律神経失調症の治し方!自力でできる改善方法はある?

貧血で吐き気がして気持ち悪い!?病院の何科に行く?

股関節や足の付け根に違和感がある原因

 

Sponsored Links