日本人の3人に1人が持っているといわれる「痔」。

身近なものではありますが「ちょっと恥ずかしい…」となかなか受け入れられない人も多いのではないでしょうか。

痔は早期治療が大切で、軽いうちに市販薬を使って自分で治してしまいたいですよね。

今回は痔の市販薬について見ていきましょう。

 

Sponsored Links

 

痔は自然治癒する・・・?


痔は基本的に自然治癒はしませんが、軽い場合は治癒力と生活習慣の改善で治ることもあります。

切れ痔は傷なので、他の痔よりも自然治癒するのが早いと思われがちですが、慢性化してしまうと取り返しが付かず手術になるので要注意です。

いぼ痔はステロイド剤をしばらく塗ることで、かなり縮小して病院にいかずに済んだという声もあります。

 

痔は生活習慣が大きく関係しています。

食物繊維を多めに取るように意識して、肛門に負担をかけない排便を心がけましょう。

普段から便秘や下痢にならないように気を付けること、長時間の座りっぱなしなどお尻に負担をかけない生活を心がけることが大切です。

 

痔ができるのは直腸から肛門周辺にかけてで、原因は静脈瘤や傷による炎症、化膿によるものがあります。

痔はできる場所や症状によって、3種類に分けられます。

病院に行くにしても市販薬で治すにしても、まずは自分の痔がどれになるのか知ることが重要です。

 

Sponsored Links

 

 

痔の種類

はてな

痔核(いぼ痔)

うっ血による静脈瘤で、排便時のいきみなどが原因です。

直腸と肛門の境目には歯状線というでこぼこした線があります。

歯状線の内側と外側のどちらにできるかによって、いぼ痔はさらに2種類に分けられます。

 

内痔核

歯状線より内側(直腸側)にできるものを、内痔核と呼びます。

直腸の表面は粘膜のため、痛みを感じることはほとんどありません。

大きくなると排便のタイミングで外に飛び出す「脱肛」を起こすことがあり、悪化すると飛び出したまま戻らなくなってしまいます。

 

外痔核

歯状線より外側(肛門側)にできるものを、外痔核と呼びます。

肛門は皮膚で覆われていて神経が通っているため、痔ができると痛みを感じます。

手で触れられるところに静脈瘤ができるので、自分で触って確かめることができると思います。

 

裂肛(切れ痔)

肛門周辺の皮膚が切れたり裂けたりするタイプで、排便時のいきみや硬い便が通過する際に傷つけることが原因です。

勢いのある下痢が原因となることもありますが、傷なので出血があり痛みも強いことが多くなっています。

 

痔瘻(あな痔)

歯状線から細菌が入り込むことで炎症や化膿しますが、下痢をしていると起こしやすくなります。

直腸から肛門周辺の皮膚にかけて膿が通るトンネルができることが特徴で、痔瘻になったら手術をするしかありません。

腫れや痛みのほかに、発熱が見られることもあります。

 

 

Sponsored Links

 

 

痔の市販薬を使うときのポイント

喉のイガイガ 市販薬

 

痔になった時はできれば病院に行かず、市販薬を使って治したいですよね。

市販薬で治せる痔は、軽度の痔核と裂肛です。

内痔核の場合は、脱肛の程度で判断してください。

 

排便時に静脈瘤が飛び出ても、自然に戻る場合には市販薬での治療が可能です。

もし指で押さないと戻らなかったり、ずっと飛び出したままという場合は病院での治療が必要になります。

対して、痔瘻は手術が必要となるため、病院の受診が基本です。

またひどい出血や黒い便、強い痛みなどの症状が見られる場合は、大腸がんや肛門がんの可能性もあるので病院で診てもらうようにしましょう。

 

抗炎症作用の種類

痔の市販薬を選ぶ際には、成分表示にも少し目を通してみてください。

痔を治す上でかかせないのが、腫れや痛み、痒みなどを抑えてくれる抗炎症作用のある成分です。

よく使われる抗炎症の成分は以下の3つ。

 

ステロイド入り

  • ヒドロコルチゾン酢酸エステル
  • プレドニゾロン酢酸エステル

 

ステロイド性のものは効き目が強いことが特徴です。

もしほかでステロイド剤を使っている場合は医師や薬剤師に相談したほうが良いですが、特に心配のない方はまずはこの成分が入っているものを選ぶと良いでしょう。

 

ステロイドなし

  • グリチルレチン酸

 

ステロイドが使えない、または痔が軽症だという方は抗炎症作用のグリチルレチン酸でも良いでしょう。

こちらは非ステロイド剤となっていて、生薬の甘草由来の成分からできています。

ステロイド性のものよりも効き目が緩やかなことが特徴です。

 

局所麻酔作用があるもの

他に痔の市販薬に入っているのが「リドカイン」です。

傷薬などにも入っている局所麻酔作用のある成分で、痛みや痒みに対して効果があります。

 

薬の形も種類がある

薬局やドラッグストアで市販薬を選ぶ際は、もちろん効能や成分も大切ですが、薬の形(剤状)にも注目しましょう。

よくテレビのCMで「中に注入」「外にさっと塗れる」なんて言葉を聞きますよね。

痔の種類やできている場所によって、それに合った剤状のものを選ぶ必要があります。

 

内痔核の場合は、坐剤や注入軟膏など、直接薬剤を届けることのできるタイプを選びましょう。

外痔核や裂肛は、手で塗ることのできる軟膏タイプ、または注入軟膏が適しています。

 

Sponsored Links

 

おすすめの痔の市販薬

痔の薬としてよく使われる、坐剤・注入軟膏・軟膏それぞれの、オススメの市販薬について解説していきます。

坐剤:プリザエース坐剤T(大正製薬)

 

 

成分

  • リドカイン(痛み・痒みに)
  • 塩酸テトラヒドロゾリン(出血に)
  • ヒドロコルチゾン酢酸エステル(抗炎症作用)

 

痔核や裂肛における、痛み、出血、腫れ、痒みの緩和に効果があります。

15歳以上、1日1~3回、肛門に挿入します。

プリザエースTシリーズには、同成分で注入軟膏や軟膏もあります。

ステロイド性の抗炎症成分(ヒドロコルチゾン酢酸エステル)を使用していることが特徴です。

 

注入軟膏:ボラギノールA注入軟膏(天籐製薬)

 

 

成分

  • リドカイン(痛み・痒みに)
  • プレドニゾロン酢酸エステル(抗炎症作用)
  • アラントイン(傷の治りを助ける)
  • ビタミンE酢酸エステル(血流改善・うっ血に)

 

痔核や裂肛における、痛み、出血、腫れ、痒みの緩和に効果があります。

15歳以上、注入の場合は1日1~2回、塗布の場合は1日1~3回、症状によって適宜増減します。

注入軟膏のほかに、同成分で坐剤や軟膏もあります。

ボラギノールAシリーズは、ステロイド性の抗炎症成分(プレドニゾロン酢酸エステル)を使用していることが特徴です。

 

軟膏:ボラギノールM軟膏(天籐製薬)

 

 

成分

  • リドカイン(痛み・痒みに)
  • グリチルレチン酸(抗炎症作用)
  • アラントイン(傷の治りを助ける)
  • ビタミンE酢酸エステル(血流改善・うっ血に)

 

痔核や裂肛における、痛みや痒みに。15歳以上、1日1~3回、患部に塗布します。

ボラギノールMシリーズに使われている抗炎症成分(グリチルレチン酸)は、非ステロイド性です。

同成分では、ほかに坐剤があります。

 

Sponsored Links

 

 

漢方で体質改善を

漢方

 

痔を繰り返すようなら、まずは便秘体質の改善から始めましょう。

西洋医学では下剤の使用が一般的ですが、便秘体質を根本から改善する「漢方医学」についても見ていきたいと思います。

 

便秘体質の改善

漢方の考え方では、便秘になりやすい人として、以下の4つのタイプが挙げられています。

 

  • 「熱秘」 ・・・ 熱がこもりやすい体質。消化器官で水分を消耗しやすいため、便が硬くなりやすいと言われています。
  • 「気秘」 ・・・ 気の流れが良くないこと。腸の蠕動運動が活発でないため、便が停滞しやすくなってしまいます。
  • 「虚秘」 ・・・ 下腹部に力が入りにくい「気虚」と、大腸が潤わない「血虚」の2つに分けられます。
  • 「冷秘」 ・・・ 身体が冷えやすいため、消化器官の機能が低下しやすい状態にあります。

 

例えば「熱秘」なら熱を逃がすような漢方薬を、「冷秘」なら身体を温めるような漢方薬を使用します。

便秘になりやすい体質を改善していき、痔を予防する狙いがあります。

 

痔の治療で使われる漢方薬

痔というと注入軟膏などの外用薬のイメージですが、内服薬を使用することもできます。

その中でもよく使われるのが「乙字湯(おつじとう)」という漢方薬です。

ドラッグストアなどでも買うことはできます。

ただし飲んでいた漢方薬が体質に合わないということもあるので、できれば漢方薬を専門に処方する病院に行って診てもうらうのがベストです。

 

乙字湯

 

「乙字湯」は、当帰(とうき)・柴胡(さいこ)・黄芩(おうごん)・甘草(かんぞう)・升麻(しょうま)・大黄(だいおう)の6種類の生薬を配合したもので、瘀血(おけつ)に効果を発揮します。

痔の原因は、肛門付近の血の滞りによるもので、それを漢方では瘀血と呼びます。

乙字湯は簡単にいえば、血行を良くする漢方薬です。

 

 

さいごに

痔の市販薬といえばポピュラーなものがいくつかありますが、やはり根本から解決するには生活習慣と体質改善が重要です。

漢方薬は効果が出るまでに時間がかかりそう・・・というイメージがあるかもしれませんが、効果が出るのが早い人もいます。

気になる人は漢方を扱っている病院で相談してみると良いですね。

市販薬でも治らなければ、早めに病院を受診しましょう。

 

痔は何科に行けばいい? 女性はどうする?

 

Sponsored Links