蕁麻疹というと、急に襲ってくる痒みとブツブツにお困りの方も多いのではないでしょうか。

日本人の5人に1人は、一生に一度は経験すると言われる蕁麻疹。

強い痒みが特徴に思われがちな蕁麻疹ですが、中には痒みがないものもあります。

痒くない蕁麻疹にはどんなものがあるのでしょうか。

蕁麻疹になったら何科を受診すればいいのか、蕁麻疹ができる原因と共に見ていきましょう。

 

Sponsored Links

 

蕁麻疹のメカニズム

医者

蕁麻疹の症状

肌が赤くなってブツブツが出る、痒みやピリピリとした痛みが出る。

最初は虫刺されかと思っていたら、広がって、ブツブツ同士が繋がるということもあります。

一般的に症状は数分~数時間で治まることが多く、皮膚症状と一緒に痒みも消えることが特徴です。

 

蕁麻疹の痒みは強いものが多く、つい掻き毟りたくなってしまいますよね。

しかしそこで掻いてしまうと痒みが余計に強くなったり、肌が傷ついて跡が残ってしまうということも。

病院で貰うかゆみ止めなどを上手く使って、乗り越えたいところです。

ブツブツや痒みが起こる過程

蕁麻疹は「何らかの刺激」に対して発症します。

刺激を感じると、マスト細胞という細胞が、ヒスタミンという物質を放出させます。

ヒスタミンは肌の内側から炎症を起こし、神経を攻撃することで痒みを引き起こします。

また炎症により毛細血管が拡張することで肌の表面にブツブツが現れるのです。

 

Sponsored Links

 

 

蕁麻疹の原因は?

はてな

 

蕁麻疹を起こす「刺激」には様々な原因物質があります。

大きく分けると物質に対するアレルギー反応によるアレルギー性蕁麻疹と、それ以外の非アレルギー性蕁麻疹の2種類があります。

アレルギー性蕁麻疹

アレルギーと聞いて、まず思い浮かぶのが食物アレルギーではないでしょうか。

よくあるものでは牛乳や卵、小麦、蕎麦、エビ・カニなどですね。

食物アレルギーは身近なものですが、蕁麻疹だけでなくアナフィラキシーショックなどの重大な症状を引き起こすこともあるため注意が必要です。

他にも金属アレルギーや環境アレルギー(花粉やハウスダストなど)も有名ですね。

 

また薬物アレルギーといって、病院やドラッグストアで手に入る薬に対してアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。

抗生物質や風邪薬、消炎鎮痛剤などでアレルギーを起こしやすいとの報告があります。

またドリンク剤やサプリメントなども油断できません。

薬を飲んでアレルギー症状や、いつもと違う症状が出たら、すぐに服用を中止して、医師や薬剤師に相談しましょう。

アレルギー性蕁麻疹は、原因物質と接触してから10~15分ほどで症状が出ることが多くなっています。

 

非アレルギー性蕁麻疹

寒冷蕁麻疹

寒さに対するアレルギーです。

寒冷蕁麻疹はクーラーや扇風機など、体温より冷たいものに当たった時に発症することが多くなっています。

肌の温度が急に冷えることで起こるもので、特に冬場のお風呂上りは要注意です。

身体が温まっているところで、急に脱衣所の寒い空気に触れると発疹が出ることがあります。

寒冷蕁麻疹の発疹は1mmくらいの細かいもので、一見すると鳥肌のようにも見えます。

 

温熱蕁麻疹

温熱蕁麻疹は逆に、ストーブやこたつ、お風呂など、肌の温度が急激に上昇することが原因です。

皮膚の赤みとわずかな腫れ、寒冷蕁麻疹と違って強い痒みが出ることが特徴。

また蕁麻疹が出ている間はその部分の皮膚が40~50度ほどに上がります。

ブツブツが出ているところを触った時に「あれ、熱い」と分かるようなら温熱蕁麻疹だと思われます。

 

Sponsored Links

 

その他の蕁麻疹

風呂上り かゆい 蕁麻疹 薬が効かない

 

コリン性蕁麻疹の原因は運動や入浴、辛いものや熱いものを食べた時に汗をかくことが原因です。

緊張やストレスによる発汗でも発症します。

1~3mmほどの発疹で、ピリピリとした刺激や強い痒みがあり、症状が出ている時間は30分ほど。

コリン性蕁麻疹は先程の温熱蕁麻疹と似ているため、区別が付きにくくなっていますが、出方で判断すると良いでしょう。

温熱蕁麻疹

  • 体が温まった時
  • 症状が治まるまで時間がかかる
  • 患部に40~50度の熱を持つ

 

コリン性蕁麻疹

  • 汗をかいた時
  • 症状が出ているのは30分ほど
  • 患部の体温変化はない

 

Sponsored Links

 

ストレス性(心因性)蕁麻疹

ストレスを感じた時に蕁麻疹が出るもので、心因性疾患・てんかん・自律神経失調症などを併発しているケースが多くあります。

赤いふくらみと痒みが出るもので、放置しているとうつ病などの精神疾患を患ってしまうこともあります。

ただの蕁麻疹だからと甘く見ないで、ストレスが溜まっているなと感じたら早めに対処することが大切です。

 

日光蕁麻疹や機械性蕁麻疹

ベルトや衣服のゴムなどで肌が圧迫されたり、擦られたりすると蕁麻疹が出ることもあります。

日光に当たって紫外線に反応する蕁麻疹もあり、日差しの強い夏場は要注意です。

またウイルスや細菌感染、内臓疾患などの身体の内側からの刺激によるものが原因のこともあります。

「何に触れた時」「どんな環境の時」に蕁麻疹が出るのかを普段から気にして、原因を見極めることが大切ですね。

 

痒くない蕁麻疹もある!

蕁麻疹というと「痒い」というイメージですが、原因によっては痒みを伴わない場合もあります。

 

  • 寒冷蕁麻疹
  • ベルトや衣服のゴムなどの圧迫・摩擦によるもの
  • 日光(紫外線)によるもの

 

この3つに関しては皮膚症状だけで、痒みが出ないこともあります。

しかし痒みがなくても、肌が赤くなったりブツブツができると、外見的にも気になってしまいますよね。

痒くないからと放置しないで、蕁麻疹を改善する治療を受けるようにしましょう。

 

Sponsored Links

 

 

蕁麻疹は何科に行く?

病院

 

蕁麻疹は軽く見られることもありますが、口腔内や咽頭に症状が出た場合は命に関わることもあるため、夜中でも救急車を呼んで下さい。

ただし緊急性が高くない場合は、救急病院で診察拒否されることもあるため、確認をした方が良さそうです。

皮膚科

蕁麻疹が出たら詳しい検査をするため、内科よりも皮膚科を受診しましょう。

アレルギー性蕁麻疹の場合、何に対してアレルギーがあるのか特定することは需要になってきます。

血液検査のほか、パッチテストや注射による皮膚検査などの細かい検査により、アレルギーの特定を行っていきます。

 

アレルギー科

総合病院や専門医院にはアレルギー科という診療科があり、原因の特定と対処法を専門に扱っています。

特に原因が内臓疾患の場合には、専門の治療ができる内科などを紹介してもらうことができます。

蕁麻疹の原因となる内臓疾患には、ウイルスや細菌感染のほかにも膠原病や甲状腺疾患、肝臓の不調などが挙げられます。

 

心療内科

ストレス性蕁麻疹の場合は、心療内科の専門になります。

心療内科というと精神面の治療をするところのようなイメージですが、蕁麻疹などの治療も行ってくれます。

一般的な蕁麻疹の治療と併行して、向精神薬や漢方薬を使用した治療、カウンセリングなどを行います。

もし蕁麻疹の原因がストレスだと思われる場合には、一度、心療内科に問い合わせてみると良いかもしれません。

 

蕁麻疹の治療は?

蕁麻疹の治療に使われる薬は、主に2種類。

抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などの内服薬と、痒みを抑える塗り薬(ステロイド)です。

どうしても症状がひどい場合には点滴を行いますが、対処療法でしかありません。

蕁麻疹を根本的に治すには、原因物質を回避・改善していくことが求められます。

 

 

Sponsored Links

 

 

蕁麻疹に良い生活を

油で変わる!?

アレルギーに関する食生活で、少し面白いデータがあります。

それは摂取する油によって、アレルギーを起こしやすいかどうかが変わってくるというもの。

油と含まれる脂肪酸にはたくさんの種類がありますが、今回注目するのは「オメガ3脂肪酸」と「オメガ6脂肪酸」です。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸にはアレルギーを抑制してくれる効果があるとされています。

代表的なものは「α-リノレン酸」「DHA」「EPA」です。

α-リノレン酸は、植物性のエゴマ油、シソ油、亜麻仁油や魚の脂にも含まれています。

サバやイワシなどの青魚には、血液や血管を健康にしてくれるDHAやEPAも多く含まれているため、積極的に取りたいところですね。

オメガ6脂肪酸

対してオメガ6脂肪酸は、アレルギー反応を起こしやすくしてしまう性質があります。

代表的なものは肉や動物性の油に多く含まれる、リノール酸です。

近年ファーストフードやコンビニ食、スナック菓子など脂肪分の多い食品が増え、現代人はオメガ6脂肪酸を取り過ぎていると言われています。

花粉症やアトピーといったアレルギーを持つ人が増えた原因の一つです。

 

生活習慣の改善

どの病気においてもそうですが、生活習慣の乱れは健康に悪影響を及ぼします。

 

  • 疲労が溜まっている
  • ストレスが溜まっている
  • 睡眠不足
  • 偏食、無理なダイエットをしている
  • 運動不足
  • 生活リズムが乱れている

 

蕁麻疹に悩む人で、これらに思い当たる人も多いのではないでしょうか。

生活習慣の乱れは免疫力の低下に繋がり、肌トラブルも起こしやすくなります。

生活習慣をもう一度見直すとともに、蕁麻疹の原因物質を回避して、ストレスの少ない日常を送りたいですね。

 

お風呂上がりにかゆいのは蕁麻疹?薬を飲んでも治らない理由

アレルギー検査は何科に行く?料金はいくら?

 

Sponsored Links