気が付くと衣服の上からポリポリ・・・

太ももは立っていても座っていても手が届く位置なだけに、かゆいときは要注意。

ついつい掻きむしって、ひっかき傷を作ってしまったりすると意外と危険です。

太ももがかゆくなる原因や対処法について見ていきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

太ももの内側がかゆい原因は?

はてな

「どんなとき」「何をすると」太ももがかゆくなるでしょうか。

冬に運動するとかゆくなる

寒い冬でも、運動をすれば体が温まりますよね。

軽く汗をかいて、クールダウンをし始めたタイミングで太ももがかゆくなる。

歩いただけでもかゆくなって困っている・・・なんて方はいませんか?

原因は、蕁麻疹の一つである「寒冷蕁麻疹」が考えられます。

体が冷えて寒冷蕁麻疹に!

寒冷蕁麻疹の原因は、皮膚が冷たいもの(空気など)に触れること。

とくに寒い冬場に多く見られますが、運動をして汗をかいたあとも体が冷えやすいため注意しなくてはいけません。

なにか冷たいものに触れると皮膚の下にあるマスト細胞が刺激され、ヒスタミン(かゆみのもと)が放出されます。

これにより蕁麻疹を発症し、かゆみのほか赤いブツブツとした盛り上がりが現れるのです。

 

Sponsored Link

 

対処法

一般的にかゆみを鎮めるには冷やすことが有効ですが、寒冷蕁麻疹の場合は冷やすと逆効果になってしまいます。

かゆいからといって掻きむしると、皮膚の下にあるマスト細胞が余計に刺激されてしまうので我慢しましょう。

病院では抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などを処方してもらえます。

冬になると歩いただけでもかゆくて仕方ない、など生活に影響が出るようなら病院で診てもらうのも良いでしょう。

他の蕁麻疹である可能性も

蕁麻疹は寒冷蕁麻疹だけではありません。

 

  • 温まるとかゆくなる「温熱蕁麻疹」
  • 汗をかくとかゆくなる「コリン性蕁麻疹」
  • 衣類のゴムや時計のバンドなどに圧迫されての「機械性蕁麻疹」
  • 紫外線に当たることによる「日光蕁麻疹」

 

など原因によって様々です。

蕁麻疹は原因不明であることも多いですが、心当たりがあるようなら、考えられる原因を除去することが何よりの対策となるでしょう。

 

蕁麻疹は何科?痒くないものはある?

 

乾燥

 

一口に乾燥肌といっても、日常的な要因から病気の可能性まで、その背景にあるものは様々です。

また乾燥が酷いとかゆみも強く、掻きむしってしまうことで皮膚トラブルを招きやすくなってしまいます。

日常的な要因

日本の冬の湿度というのは以前に比べて低くなっています。

天気予報で「乾燥注意報」という言葉を聞く機会も多くなりましたよね。

湿度のほか、ストレスや日頃の保湿ケアを怠っていることなども乾燥を招く原因です。

乾燥肌はとくに女性に多く見られるのですが、それは皮膚の構造が男性と違うため。

 

そのため、乾燥対策には十分に気をつけたいですね。

空気が乾いているなら加湿器を利用したり、規則正しい生活や保湿ケア、太ももならボディークリームを塗るなどして対処しましょう。

もし乾燥でかゆみが酷いようなら、病院で抗炎症薬などを処方してもらうことも一つの手です。

 

Sponsored Link

 

皮脂減少性皮膚炎

皮脂は年を取るごとに失われやすくなってしまいます。

皮脂が少なくなるということは、肌の水分が蒸発しやすくなってしまうということ。

肌がカサカサすることを乾皮症といい、かゆみや皮膚炎を伴うなら皮脂減少性皮膚炎となります。

 

乾燥しやすい秋~冬(~春先)にだけ起こるという人も多く、夕方~夜、または体が温まってきたタイミングでかゆみが強くなります。

こちらも保湿ケアや乾燥対策が大事。

お風呂で体を洗うときは、あまりゴシゴシとは洗わず、石鹸の泡で優しく洗うようにしましょう。

赤いブツブツなど皮膚炎の症状が出ているなら、病院で薬をもらうことも必要になってきます。

 

アトピー性皮膚炎

強いかゆみや湿疹などの皮膚症状を慢性的にくり返すアトピー性皮膚炎は、完治が難しく、付き合い方が大事になってきます。

遺伝や体質、または何かしらのアレルギー体質(花粉症や喘息を含む)を持っていることが要因とされ、それに乾燥などが合わさることで発症します。

 

アトピー性皮膚炎の人はもともと敏感肌で乾燥に弱い性質のため、人よりも保湿などに気を遣う必要がありますね。

アレルギーの原因となるものの除去、ダニや埃などの対策、肌への刺激を少なくするなどにも気を配ることが大切です。

アトピー性皮膚炎には、ステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬などが有効とされています。

 

Sponsored Link

 

疥癬

疥癬は、ヒゼンダニというダニの一種が寄生することで発症する皮膚病です。

肉眼では見ることが難しいほど小さなダニですが、皮膚にトンネルを掘って住み着き、卵を産んで繁殖します。

ヒゼンダニは人から人、もしくは動物から人への直接的な接触によって感染します。

 

最近では老人ホームや病院での蔓延も見られ、介護職などに就いている人も気を付けなくてはいけません。

ヒゼンダニに感染すると1~2か月で、強烈なかゆみや赤いブツブツなどの症状が現れます。

疥癬には専用の薬があるので、病院で診てもらうようにしましょう。

 

その他の原因

カビ

股部白癬(いんきんたむし)

水虫といったら足の指にできるものですが、同じ白癬菌(カビ)が原因で太ももの付け根から臀部にかけて、かゆみが出ることがあります。

原因であるカビはジメジメした環境を好むため、夏の多湿や、運動後の汗をそのままにしていると発症しやすくなっています。

ほかにもお風呂の椅子やトイレの洋式便座を介して感染することもあり、足の水虫を放置している人にも発症しやすいようです。

強い痒みや盛り上がりのある紅斑は広がっていくため、薬をしっかり使って治療していくことが大切です。

 

Sponsored Link

 

お酒を飲むとかゆくなる

お酒を飲んだときにだけ太ももがかゆくなるということもあります。

お酒は血行を良くしてくれますが、飲みすぎると効果が出すぎて炎症を悪化させてしまうことも。

一時的なものなら問題ないのですが、それがいつまでも続いたり頻繁に起こったりする場合には、肝機能が低下していることも考えられるので注意しましょう。

 

アルコールに対してアレルギーがあるということも考えられますが、ほかのアレルギーが飲酒により助長されているケースもあります。

喘息の人も、お酒を飲むことにより咳が出やすくなったりするので気を付けましょう。

 

皮膚掻痒(そうよう)症

内臓の不調は皮膚にも出やすいと言われています。

糖尿病や腎臓、肝臓に病気があると、皮膚掻痒症といって、皮膚にかゆみが出ることもあります。

症状はかゆみだけで、湿疹などは現れません。

皮膚掻痒症は内臓疾患だけでなく、薬の副作用で現れることもあります。

 

 

さいごに

太ももがかゆくなる原因には、乾燥肌から蕁麻疹を始め、さまざまなことが考えられます。

ただの乾燥だと思っていても皮膚トラブルを招くこともありますし、蕁麻疹も全身に及ぶとショック症状を引き起こして危険な状態になってしまうこともあります。

かゆみが治まらないようなら、一度病院で診てもらって原因を特定したり、症状に合わせた薬を処方してもらうことも大切です。

 

抗ヒスタミン薬でおすすめの市販薬9選

 

Sponsored Link