スポーツをしている人にとって肘の痛みは、わりと身近なものかもしれません。

肘は腕の曲げ伸ばし、それに手首と連動して捻る動きもするため、故障してしまうと日常生活においても不便が生じます。

肘の内側に痛みがあるとき、どんな原因が考えられるのか詳しく見ていきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

肘の内側が痛くなる原因

 

“野球肘”や“ゴルフ肘”の名前でも知られる上腕骨内側上顆炎。

上腕骨の肘の内側あたりには「内側上顆」という出っ張った部分がありますが、そこに筋肉が当たって炎症を起こしたり、靭帯や軟骨に損傷や剥離が起こったりする疾患です。

 

Sponsored Link

 

上腕骨内側上顆炎

野球肘の名前で知られるように、野球をしている人、特に投球をするピッチャーに多く見られます。

ボールの投げすぎにより肘に負荷がかかったり、間違った投球フォームなどが原因になったりすることもあります。

成長期の小中学生は、骨や筋肉が未発達な状態のため、なおさら注意したいですね。

 

ただし野球以外のスポーツでもなることがあり、重いものを持ち上げたり、手首や指を曲げたり、手に力を入れたりしたタイミングで発症します。

さらに肘関節に運動制限が出たり、ひどくなると変形性肘関節症になって骨の変形を引き起こすことも。

成長期のお子さんは、治療が遅れると将来的に障害が残ったり、骨の変形によりスポーツを続けられなくなったりするので注意が必要です。

 

発症したら投球を休止したり、原因となった動作をやめるようにする必要があります。

無理して練習を続けると、骨の変形を起こして数年の休養を余儀なくされてしまうこともあるので、まずは安静にすること。

その後も再発防止のため、投げすぎに注意したり、フォームの改善、ストレッチや練習後のアイシングなどが必要となってきます。

 

ストレッチ

症状が出ているときには固定して安静にしていることが大事ですが、ずっと使わないでいると動かせる範囲が狭くなってしまいます。

固まった筋肉に柔軟性を取り戻させるためにも、ストレッチは大切です。

お風呂に入っているときにマッサージをしたり、ツボ押しを行ったりするのも良いですね。

 

 

変形性肘関節症

変形性肘関節症とは、肘関節の軟骨がすり減ったり、骨に変形を生じたりする疾患です。

肘の内側に痛みがある場合には、骨が棘のように変形して尖った骨棘ができていることが多いようです。

原因は加齢や外傷、肘の使いすぎなどで、やはりスポーツをしていたり、重労働、大工仕事をしている人に多く見られます。

肘を動かしたときに痛みが強くなります。

 

また、骨棘により肘の曲げ伸ばしなどの動きに制限が出て、日常生活に支障が出ることも。

骨棘が折れて関節内を動き回ってしまうと、ロッキングといって、急にある角度のまま肘関節が固まってしまうこともあります。

さらに神経が圧迫されてしまうと、麻痺が出たり、小指や薬指に痺れが現れることもあります。

 

変形性肘関節症では、基本は保存療法となります。

安静にして消炎鎮痛剤の服用や、関節への注射など薬物療法を行ったり、温熱療法や筋力トレーニングといったメニューが使われることもあります。

ただし腕の曲げ伸ばしに制限が出ることで、食事や歯磨きといった日常生活にまで支障が出ているようなら手術となることもあります。

重症の場合には、人工関節への置換術が行われることもあります。

 

Sponsored Link

 

肘関節靭帯損傷

肘関節の両側には「側副靭帯」というものがあり、肘が横にずれたりしないようサポートしています。

肘の内側が痛いときには、内側の側副靭帯に損傷が起こっていることが考えられます。

上腕骨内側上顆炎(野球肘)と同じように、腕の使いすぎによる負荷が原因となることがあります。

また肘の内側というのは腕を伸ばしたときに緊張する部分なので、手をついて転んだなど、腕を伸ばした状態で肘に負荷がかかったときにも発症します。

 

原因が外傷によるものなら、怪我をしてすぐ痛みが発生します。

その他に腫れ、肘関節の運動制限なども現れ、靭帯によるサポートができなくなることで肘関節が不安定になることもあります。

重傷でなければ3週間ほどギプスやテーピングで固定となりますが、野球など競技を続けるために手術をすることもあります。

また固定を外してからは収縮してしまった筋肉を戻すために、リハビリも必要になってきます。

 

テーピング

肘は、腕の曲げ伸ばし、それに手首と連動して回旋する動きにも対応しています。

そのため、筋肉の動きをサポートするために、伸縮性のあるテープを使うようにしましょう。

 

 

 

関節リウマチ

関節リウマチは自己免疫の異常が関係しているといわれ、決して珍しい疾患ではありません。

手の指や足の指といった小さな関節から始まり、肘など全身の関節に症状が現れるようになります。

朝起きたときの関節のこわばりが特徴で、痛みや腫れもあり、全身の倦怠感や微熱、貧血といった全身症状も見られます。

 

肘関節で症状が出ると、神経が圧迫されて小指や薬指の麻痺、痺れ、または握力の低下などが現れることも。

薬物治療が中心となり、抗リウマチ薬や消炎鎮痛剤などが使われますが、大事なのは早期発見、早期治療です。

人によっては早い段階で関節破壊が起こることもありますし、悪化してしまうと、たとえ手術をしても元の状態には戻せなくなります。

朝のこわばりが続くようなら、その段階で受診するようにしたいですね。

 

指の関節が腫れるのは関節リウマチ?初期症状と原因をチェック!

 

Sponsored Link

 

 

肘の内側が痛い時の対処法

早めに受診を

腕や肘は大事な部分なので、故障が起こると日常生活にも多大な影響が出ます。

早めに治療をしないと障害が残ったり、スポーツを続けられなくなったり、治療期間が長引いてしまうものもあります。

関節リウマチに関しては自己免疫の異常もあるため内科的検査も必要になりますが、まずは整形外科を受診すると良いでしょう。

冷やす

患部が炎症を起こしている急性期には冷やすことが有効です。

炎症が起きている部分は熱を持っているため、症状が悪化したり、治りが遅くなったりする原因となります。

怪我をした後、もしくはスポーツの練習後はすぐにアイシングを行いたいですね。

 

アイシングに使うものですが、冷湿布や、風邪のときに使う冷却ジェルには冷却効果がありません。

また、保冷剤は0℃以下になって凍傷のおそれがあるためおすすめできません。

アイシングに最も適しているのは氷です。

氷嚢に氷と水を入れ、空気をしっかり抜いたものを10~20分ほど患部に当てましょう。

 

筋トレ

スポーツをやっている人はもちろん、やっていない人も、筋トレは怪我予防にもなるため行っていきたいですね。

痛みのないときに、前腕と上腕それぞれが鍛えられるようなもの、かつ自分にとって無理のないメニューを組みましょう。

重りを使う際は、1~2kg程度のものから始めると良さそうです。

 

 

さいごに

上腕と前腕の間にある肘では3本の骨が集まって関節を作っており、さらに軟骨や筋肉、靭帯、神経などが入り組んでいます。

そのどれかに支障が出ても、腕の機能に影響が出てしまいます。

もし肘に痛みがあるようなら、早めに医療機関を受診し、必要ならば治療を受けるようにして下さい。

 

腕の筋が痛い!前腕の痛みが出る2つの原因

二の腕が痛い!上腕の痛みが出る9つの原因

 

Sponsored Link