お風呂上がりにかゆみを感じて肌を見たら虫刺されのような跡が・・・

お風呂で虫に刺されるのは考えにくいので、そうすると蕁麻疹の可能性が出てきますよね。

その後、病院に行ったとしましょう。もらってきた薬は効いていますか?

お医者さんにも蕁麻疹だと言われたのに、薬が効かないのはどうしてでしょう。

 

Sponsored Links

 

蕁麻疹になる原因

女性 はてな

蕁麻疹の原因は大きく分けると2つ。

原因物質となるアレルゲンが存在するか、しないかで分けられます。

アレルギーが原因

何らかの原因物質であるアレルゲンが体内に入り込み、マスト細胞を刺激している可能性があります。

 

  • ソバやカニ・エビなどの甲殻類が有名な「食物アレルギー」
  • 花粉やダニなどの「環境的アレルギー」
  • 薬が合わないことによる「薬物アレルギー」
  • 食品にも含まれる「金属アレルギー」

 

アレルゲンが口や鼻から体内へと入り込むと、蕁麻疹を始めとしたアレルギー症状が出ます。

まれに呼吸困難や意識低下などのアナフィラキシーショックを起こすこともあるので、自分のアレルゲンは知っておく必要があります。

 

アレルギー以外の原因

実は、アレルギーが原因の蕁麻疹というのは意外と少ないんです。

蕁麻疹の原因の多くを占めるのは、それ以外のもの。

 

  • 感染症
  • 身体が温まることによる(温熱蕁麻疹)
  • 身体が冷えることによる(寒冷蕁麻疹)
  • 汗(コリン性蕁麻疹)
  • 日光
  • 衣服のゴムや腕時計などによる圧迫(機械性蕁麻疹)
  • 疲労
  • ストレス

 

原因は実にさまざま。

これだけあると、何が原因か特定することは難しいですよね。

お風呂上がりに出る蕁麻疹は、身体が温まることによる「温熱蕁麻疹」か、汗をかくことによる「コリン性蕁麻疹」。

もしくは冬場の湯冷めによる「寒冷蕁麻疹」ということが考えられます。

 

Sponsored Links

 

 

お風呂上がりにかゆい温熱蕁麻疹とは

かゆい 痛い

温熱蕁麻疹の症状

温熱蕁麻疹の主な症状は「紅斑」と「かゆみ」で、皮膚が赤くなって盛り上がり、強いかゆみやピリピリとした痛みを伴います。

これらの症状はお風呂上がりに起こりますが、数十分~数時間には治まることがほとんどで、赤みもかゆみも跡形もなく消えてしまいます。

ただし中にはかゆみが出ない人もいますし、針で刺されたような細かいプツプツが出るという人もいます。

 

まぶたや唇が赤く腫れる「血管性浮腫」も蕁麻疹の一種。

まぶたが腫れて目が塞がったり、タラコ唇になるものですね。

これは蕁麻疹より少し長く、2~3日ほどで症状が治まることが多いようです。

 

メカニズム

どうして紅斑やかゆみが出るのでしょうか。

蕁麻疹は、皮膚の内側にあるマスト細胞が刺激されることから始まります。

何らかの原因によって刺激されたマスト細胞は、ヒスタミンというかゆみの成分を放出。

 

ヒスタミンは皮膚内の血管から水分を出させる作用もあるため、水分が皮膚内に溜まって紅斑となります。

紅斑は、皮膚内のむくみとも言えますね。

かゆいからと言って掻いていると、余計にマスト細胞が刺激されてヒスタミンを放出し、さらにかゆくなってしまうのです。

 

Sponsored Links

 

お風呂上がりにかゆくならないために

温熱蕁麻疹はお風呂上がりに限らず、暖房で体が温まったり外気の温度が変わることでも発症します。

入浴時に気をつけることとして、どのようなことがあるでしょうか。

お風呂の温度を見直す

一番の対策は体を温めず、お風呂に入らないこと・・・ですが、そんなわけにはいきませんよね。

お風呂の温度を見直してみて下さい。

温熱蕁麻疹は肌の表面温度が40~50度になると、出やすくなるといわれています。

なるべくぬるめの温度にしてみて、どれくらいの温度で蕁麻疹が出やすいのか把握しておくと良いでしょう。

 

出たら必ず保湿する

お風呂上がりは必ず保湿する習慣をつけましょう。

お湯は肌表面の潤い流してしまい、きちんと保湿してあげないとバリア機能が徐々に失われてしまいます。

これは蕁麻疹に限らず良いことはありません。

乾燥は、他の皮膚疾患を引き起こしてしまう可能性もあるので、特に冬場は保湿を心がけて下さい。

 

体を強く洗わず、ボディソープを見直す

蕁麻疹になる方は肌が敏感です。

元々敏感な方が、化繊のボディータオルなどで毎日ゴシゴシ洗っていたら悲鳴を上げてしまいます。

ボディーソープの成分も注意して見ると良いですね。

 

洗浄力が良いものは界面活性剤が入っていたり、弱酸性ボディソープでもあまり良くないものが入っていることがあります。

石鹸は自然から作られたものが多いので安心、と思いがちですが要注意です。

肌は弱酸性ですが、石鹸はアルカリ性なので乾燥の原因になってしまいます。

 

Sponsored Links

 

 

温熱蕁麻疹には薬が効かない?

 

お風呂上りに温熱蕁麻疹が出て薬を塗ったり飲んだりしても効かない、という経験をした方もいるかもしれません。

その理由を説明するには、まず蕁麻疹の種類について知る必要があります。

蕁麻疹は1回限りではなく、毎日繰り返したり、何か刺激が加わった時に再発することも考えられますよね。

この時に蕁麻疹は「原因が特定されているもの」「原因不明のもの」に分けることが出来ます。

原因がはっきりしている蕁麻疹

原因が特定されているのは、食物アレルギーなどのアレルギー性のものや、腕時計の圧迫などによる機械性蕁麻疹が当てはまります。

実はこの原因が分かっているものは、蕁麻疹の薬である「抗ヒスタミン」が効かない傾向があるのです。

これに関しては原因の除去、日常生活で避けるようにするしかありません。

それでも蕁麻疹が出てしまった時に限り、少しでも症状を抑えるために薬を使います。

 

原因不明の蕁麻疹

原因不明の蕁麻疹では、1か月以内に治る「急性蕁麻疹」と、1か月以上続く「慢性蕁麻疹」に分けることが出来ます。

急性蕁麻疹の原因は主に感染症などになるので、治れば自然と蕁麻疹も出なくなっていくことが多くなっています。

それに対し慢性蕁麻疹は、原因不明のため、ストレスではないかと言われると余計に困りますよね。

 

しかし抗ヒスタミン薬が効果を発揮するのは、実はこの原因不明の慢性蕁麻疹に対してです。

慢性蕁麻疹で薬を毎日使用した人の場合、8割で効果が見られるそう。

では、残りの2割はどうして薬が効かなかったのでしょう。

 

原因不明の慢性蕁麻疹でも薬が効かない理由

慢性蕁麻疹だから抗ヒスタミン薬を毎日飲んでいるのに効かない。

薬自体は正しいのに効かない理由は、症状に対して十分な作用や強さの薬ではないからです。

効果が見られないと思った時は医師に相談して、違う薬に変えてもらったり、量を増やしてもらったり、漢方薬なども取り入れてもらうようにしてください。

もしそれなりの期間、薬を飲んでも治らないようであれば、病院や医師を変えることをおすすめします。

自分に合った薬なら蕁麻疹は治るはずです。

 

Sponsored Links

 

まずは検査してみよう!

血

アレルギー検査

蕁麻疹の原因は、自分でこれだと思っていても、実は違う原因が隠れているということも考えられます。

病院では、まず問診で「どのような時に出るのか」などから、蕁麻疹の原因を絞っていきます。

そして、もしアレルギーの可能性があるようなら、血液検査やパッチテストなどの皮膚検査を行って、アレルゲンの特定を行っていきます。

まぶたや唇が腫れる血管性浮腫に関しても、血液検査で分かるようになっています。

 

治療は、蕁麻疹の種類によって少しずつ違ってきます。

お風呂上がりの温熱蕁麻疹など、原因が特定されているものに関しては原因の除去が第一優先です。

症状が出てしまったら、薬が効かない場合が多いですが、一応飲みます。

アレルゲンを少しずつ身体に慣れさせていくような治療を行うこともあります。

 

一方で原因不明だったものは、抗ヒスタミン薬での治療が主体となります。

多くの人は1~2週間で効果が出ますが、長く放置していた人ほど、治るまでに時間がかかるようです。

それでも1~2年以内に治ったり軽減したりすることがほとんどです。

ポイントとしては、治ったと思っても自己判断で薬を止めないこと。

薬を飲まなくなった途端、蕁麻疹が再発したという事態にならないためにも、薬を止めるタイミングは医師の判断に任せましょう。

 

蕁麻疹は何科?痒くないものはある?

アレルギー検査は何科に行く?料金はいくら?

 

Sponsored Links

 

【参考】
広島大学病院 皮膚科「抗ヒスタミン薬が効く蕁麻疹と効かない蕁麻疹」