かゆみは生活していく上で、意外と辛い症状です。

特に手のひらにかゆみが出ると、何をするにも気になってつい掻きむしってしまいたくなりますよね。

手のひらのかゆみには、日常から考えられる原因のほかに、内臓の重大な病気が隠れている可能性もあります。

 

Sponsored Link

 

手のひらがかゆくなる原因

乾燥

肌の乾燥は身体のどこにでも起こる問題ですが、手のひらは特に乾燥しやすくなっています。

手のひらは皮脂量がもともと少ないうえに、何かと水に触れることが多いですよね。

手を洗ったり水仕事をしたりすると、水と一緒に皮脂が余計に流されてしまうのです。

 

また冬は空気の乾燥と共に、手のひらの乾燥も酷くなります。

冷えによる血行不良で指先まで十分な血液が行き渡らないと乾燥はさらに悪化し、ひび割れを起こしてしまうかもしれません。

顔に化粧水や乳液をつけて乾燥を防ぐように、手のひらもハンドクリームをこまめに塗って保湿を心がけたいところです。

冬場は特に血行不良への対策も兼ねて、ハンドクリームを塗ったタイミングで軽くマッサージすると良いでしょう。

 

お湯の温度

冷たい水か、温かいお湯かでも乾燥のしやすさは変わってきます。

フライパンの油汚れはお湯で洗い流すと落ちやすいですよね。

手のひらの皮脂もお湯のほうが落ちやすくなってしまいます。

 

アルコールは注意

寒い冬場はついお湯で洗いものをしたくなりますが、できれば水を使った方が手の乾燥対策にはなっているのです。

また冬場は風邪やインフルエンザ対策で、手洗いの後にアルコール消毒をする人も多いかと思います。

衛生的には良いアルコールですが、蒸発する際に水分もなくなっていまうので、多用には気をつけたいところです。

あとは手の保湿をしっかりすることが大切ですね。

 

ハンドクリームの塗り方

ハンドクリームはこまめに塗りましょう。

効果的なのは、ハンドクリームの前に化粧水やオイルをなじませること。

しかし手洗いの度にやっていると面倒なので、夜寝る前だけでもやると、だいぶ違ってくるかと思います。

 

Sponsored Link

 

蕁麻疹と湿疹の違い

蕁麻疹も湿疹も、ブツブツが出来てかゆみを伴いますよね。

似たような皮膚症状を持つこの2つにはどんな違いがあるのでしょうか。

見分けるコツはブツブツが引くタイミングです。

 

蕁麻疹の場合、かゆみが治まるのと一緒にブツブツも消えていくのですが、湿疹の場合かゆみが治まってもしばらくブツブツが残ることが多いのです。

蕁麻疹は全身に出るものというイメージがあるかもしれませんが、手のひらだけにピンポイントで現れることもあります。

かゆいからと言って掻きむしってしまうと皮膚にダメージが付き、蕁麻疹でもしばらく赤みが引かないというようなことも。

湿疹と蕁麻疹では治療法も違ってくるため、病院で診てもらうと安心でしょう。

 

蕁麻疹

蕁麻疹の主な原因はアレルギー物質。

アレルギー物質に触れることで、皮膚内からかゆみの元であるヒスタミンが分泌され、脳へ「かゆい!」という信号を送ります。

ここで掻いてしまうと、その刺激でさらにヒスタミンが過剰分泌されてしまうため悪循環に陥ります。

 

金属アレルギーの人が特定の金属に触れると症状が出るように、ダニや花粉、薬など本人も知らないうちにアレルギー物質に触れているのかもしれません。

他に食物アレルギーでも手のひらだけに症状が出ることがあります。

アレルギーの特定は血液検査で可能なので、蕁麻疹が出るけれど何が原因かわからない、という場合には病院で検査してもらうと良いでしょう。

 

アレルギー物質のほかにもストレスで蕁麻疹が出ることもあります。

精神的なものだけでなく急激な温度変化や日光、汗などの環境ストレスにも要注意です。

 

蕁麻疹は何科?痒くないものはある?

お風呂上がりにかゆいのは蕁麻疹?薬を飲んでも治らない理由

 

湿疹

手湿疹は別名主婦湿疹。

乾燥したところに何らかの刺激が加わることで症状が悪化します。

水仕事の多い主婦に多いのですが、他にも仕事で水を使う人、また水分を吸収しやすい紙や布、段ボールを扱う仕事をしている人も起こしやすくなっています。

水に手のひらの皮脂が奪われ、乾燥したところに洗剤などの刺激が加わると、皮膚を包む皮脂膜が壊れてしまいます。

 

その壊れたところから炎症が広がり、湿疹として現れるのです。

対策としてはこまめにハンドクリームをつけること。

またゴム手袋の使用も効果的なのですが、中にはゴムにアレルギーがあり、かぶれて余計に肌が荒れてしまうという人も。

 

肌に優しい素材でできたゴム手袋もあるので、自分に合ったものを使いましょう。

乾燥しやすい秋から冬は特に気をつけたいところ。

放置してしまうと、よくCMでやっている「パックリ割れ」のようにあかぎれを起こして痛い思いをすることになります。

 

Sponsored Link

 

内臓の病気かも?

肝臓

肝炎や肝硬変など、肝臓に何らかの症状が出ている時に、手のひらにかゆみが現れることがあります。

原因ははっきりとわかっていないのですが、肝臓で作られる胆汁酸にはかゆみを起こす作用があり、それが肝機能の低下で血中に多く流れてしまっているとの説も。

手のひら以外にも足裏や腕など、かゆみは全身へと広がっていきます。

 

また、肌や目が黄色くなる黄疸を伴うこともあります。

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、症状が表に現れにくいのでかゆみは肝臓からのSOSサインかもしれません。

薬を塗ってもかゆみが治まらない場合には一度、肝臓の検査を受けたほうが良いかもしれません。

 

腎臓

肝臓以外でも、腎臓に異変が起こっている可能性もあります。

腎臓は本来、体内の毒素を尿と一緒に排出する役割を持っています。

しかし腎臓の機能が低下すると毒素が排出されず、体内に溜まり皮膚トラブルを起こします。

腎臓病はもともと皮膚が乾燥しやすくなる病気なので、そのことも合わせて症状が出ているのかもしれません。

 

Sponsored Link

 

レイノー現象って?

手指が目で見てわかるほどに蒼白になって、チクチクとした痛みが出ます。

中にはかゆみやしびれ、冷感を訴える人も。

蒼白になった指は10~30分と短い間に、紫から赤みを帯びる経過をたどります。

 

レイノー現象と呼ばれるこの症状は主に40代までの若い女性に多く、秋から冬、春先の冷え込みが強い日に出やすくなっています。

左右対称に出ることが特徴で、ストレスや寒冷刺激で発症を繰り返します。

 

レイノー病

レイノー現象の75~80%は原因がなくレイノー病と言われます。

しかし残りの20~25%は何らかの病気があって、そこからレイノー現象を起こしているため注意が必要です。

この何らかの病気はどれも難病指定されているもの。

 

膠原病や血管疾患などがあるため、血液検査や血管造影で病気が隠れていないか調べる必要があります。

レイノー病の場合は、自律神経を整えるような生活習慣を意識することと、指先が冷えないように温めることが大切です。

 

指が腫れて痛みやかゆみがある!考えられる7つの原因

体が痒いのはストレスが原因?病気の可能性も

足の赤いぶつぶつがかゆい!考えられる9つの原因

 

Sponsored Link