ポットを持ち上げたり、重い荷物を持ったりした時に、腕が痛いということはないでしょうか?

痛みはずっと続きますか?痛みは、タオルを絞るような動作をした時だけでしょうか。

腕の筋肉は繋がっているので、肘が痛くても手のひら辺りまで痛いこともあります。

 

Sponsored Links

 

腕の筋や前腕が痛い原因は?

筋肉痛

普段あまり使わない筋肉を使うと、筋肉痛になりますよね。筋肉痛は筋肉が軽く損傷している状態です。

筋線維が伸びたり、傷ついたり、ひどいと断裂することもありますが、それを体が修復しようとするときに炎症が発生します。

筋肉痛は炎症によって痛み物質が放出されるため、痛みを感じているのではないかという説が有力です。

筋肉痛を予防するには運動前の準備運動、ストレッチ、そして運動後のアイシングが有効です。

運動不足にならないためにも日頃から生活に運動を取り入れて、筋肉を適度に使っておくことも大事ですね。

 

テニス肘

テニス肘はボールがラケットにあたる衝撃が繰り返され、指や手首の筋肉に負担がかかることで起こります。

テニスをしていなくても、物をつかんで持ち上げる動作やタオルを絞る動作が痛ければ、テニス肘の可能性が高くなります。

テニス肘には、フォアハンドストロークで肘の内側を痛める「上腕骨内側上顆炎」と、バックハンドストロークで肘の外側を痛める「上腕骨外側上顆炎」があります。

特に女性はテニス肘が多く、パソコンが原因のこともありますが、治療はできるだけ安静にして、湿布や軟膏を局所的に使用します。

炎症と痛みが非常に強い場合にのみ、ステロイドを使って肘に直接注射しますが、長期間続けると副作用が出るため一時的な治療になります。

 

腱鞘炎

「腱鞘炎」は手首や指を使いすぎることで親指と人差し指の間から、肘にかけての筋が痛みます。

腱鞘炎にもいくつか種類があります。

狹窄性腱鞘炎(ドケルバン病)

ドケルバン病は腱鞘炎の一種で、更年期の女性や指をよく使う人に起こります。

親指の付け根に痛みや腫れがあり、親指と手首を小指側に曲げると痛みがひどくなって動かしにくくなります。

サポーターをつけて安静にし、必要であればステロイドを打つこともあります。

 

腱交差症候群(インターセクション症候群)

ドケルバン病ほどは多くありませんが、親指の付け根よりも少し上の手首に痛みがある場合、腱交差症候群の可能性も考えられます。

場所はドケルバン病よりも少し上側で、親指側の動きを司っている腱と、手首を返す動きを司っている腱がちょうど交差している部分です。

デスクワークでキーボードをよく打つ人や、手を使う仕事の人で多く見られ、腱が交差する部分で炎症が起こっている状態です。

親指側、もしくは手首側の腱を使ったときに痛みが出たり、ギシギシと軋むような音がしたりします。

治療には痛み止めの内服や注射、サポーターでの固定などが行われます。

 

肘部管症候群

小指や薬指のしびれから始まることの多い肘部管症候群。

小指や薬指には「尺骨神経」というものが通っていて、肘の内側にある「肘部管」を通って、上腕へと続いています。

この肘の内側(肘部管)で神経が圧迫されると、小指や薬指に障害が出るという仕組みです。

肘の内側を叩くと小指側にしびれが走り、症状が進行すると、

 

  •  手の筋肉が痩せる
  •  小指や薬指の変形
  •  指の曲げ伸ばしに支障
  •  握力低下

 

などが見られます。

圧迫の原因となるのは、骨や靭帯の変形、もしくはガングリオンなど良性腫瘍であることも。

治療は薬物療法から始めますが、良くならないようなら手術となることもあります。

肘部管はもともと狭いトンネルのような構造なので、切開してトンネルを広げたり、ガングリオンなどがあれば除去する治療を行います。

 

 

 

腕の筋や前腕が痛い時の治し方

医者

 

筋肉の使いすぎによる前腕の痛みは、自分で解消できることもあります。

腕に重いものを持たない

女性のお買い物など、荷物を腕に抱えて持たないような工夫をしましょう。

長時間荷物を持って片側だけ負担をかけ続けると、バランスが悪くなってしまいます。

ちょっと疲れたら、自分で簡単なストレッチなどしてみると良いですね。

 

パソコンのマウスを変えてみては?

長時間のパソコン作業をする時は、適度に休みを入れ、マウスを使う頻度を減らすようにします。

キーボードでできることは、ショートカットキーなどで済ませられるといいですね。

マウスは腱鞘炎になりにくく手首に負担のかからない、トラックボールがおすすめです。

ボールがスルスル動いて手首を動かさなくても済むので、長時間のパソコン作業をする人に良いですね。

 

湿布を貼ると治りが早い

痛いところに市販の湿布薬を貼ると、消炎剤が皮膚から吸収されて痛みが早く引きます。

手首に痛みが出ている時は、原因となるような作業や、動作はなるべくせずに休ませましょう。

湿布は手首まわりに貼ると剥がれやすく、作業の邪魔になることが多いですが、こちらのように切って使うと邪魔になりにくいです。

 

 

テーピング

テーピングをすると腕の動きが制限されるので、痛みを抑えることができます。

また力が加わっても、再発を防止することができるので保護にも役立ちます。

 

 

簡単なストレッチをしてみる

仕事場でも、椅子に座ったままできるものがいいですね。

 

  1. 片方の手のひらを上にして腕を伸ばす
  2. 反対側の手で指をつかんで体の方に引っ張る
  3. 今度は伸ばしている腕の手のひらを下に向ける
  4. もう片方の手で指をつかんで体の方に引っ張る
  5. 腕を入れ替えて繰り返し

 

気付いた時にストレッチを行うと気分転換にもなりますし、筋肉の疲労回復にもなります。

 

その他の病気

 

ほかにも、特に肘周りが痛む病気では、以下のようなものがあります。

 

  • 変形性肘関節症・・・肘への繰り返される負担で軟骨がすり減り、骨が変形する
  • 離断性骨軟骨炎(野球肘)・・・関節軟骨の一部が軟骨下骨層と壊死を起こす
  • 肘頭滑液包炎・・・滑液包といわれる衝撃を吸収する部分が炎症して痛む
  • 側副靭帯損傷・・・手をついて肘に力が加わった時に靭帯を損傷する
  • 肘頭疲労骨折・・・肘関節でおこる疲労骨折

 

痛みが続いておかしいと思ったら、病院で詳しく検査をしてもらいましょう。

 

 

さいごに

前腕の痛みは、腕や指の使い過ぎが多いものです。

毎日のストレッチや、ちょっと気を使って日常を過ごすことで痛みが軽減されます。

たまの休みには温泉に行たり、お風呂でゆっくりして疲れを取ったり、一日はパソコンから離れたりすることも大切ですね。

早めの手当で治りやすいのも特徴ですから、症状が良くなったらまずはストレッチから始めてみてください。

 

二の腕が痛い!上腕の痛みが出る9つの原因

肘の内側が痛い原因は何?

 

Sponsored Links