最近乳がんに関する話題が多いでよね。

以前より身近な問題に感じ、この機会に乳がん検診を受けてみたという人も多いのではないでしょうか。

そんな中、勇気を出してマンモグラフィー検査を受けてみたところ、「要精密検査」という結果が・・・

精密検査は必要と判断されなかったけれど、石灰化があると指摘された人は、不安で再検査を受けるべきなのか迷うところですよね。

今回はマンモグラフィーの検査結果の分類の仕方や、マンモグラフィーで石灰化が見つかった場合についてどう対処すればよいのかなどを説明します。

 

Sponsored Link

 

 乳がんの検査

 

乳がんは他のがんと比べ、早期発見・早期治療をすることで比較的治りやすいと言われています。

しかし、発見が遅れるとリンパや血液によって全身に運ばれて、転移してしまうことがあります。

そのためマンモグラフィー検査で「要精密検査」だった人は、必ずすぐに再検査を受ける必要があるのです。

マンモグラフィー検査

マンモグラフィーは、乳房専用のレントゲン検査。

左右の乳腺の違いや、乳がんの初期症状の1つである「石灰化」の有無と状況を調べます。

触診では発見が難しい「しこり」を見つけるのに適した検査方法で、乳がんの早期発見が目的です。

検査結果のカテゴリー

マンモグラフィーの検査結果は、5つのカテゴリーに分類されます。

このカテゴリーでは、どの程度がんの疑いがあるかを判断し、以下のように分けられます。

 

カテゴリー1:異常な所見が認められない

カテゴリー2:良性と考えられる所見がある

カテゴリー3:良性の可能性が高いが、悪性を否定することはできない状態

カテゴリー4:悪性が疑われる状態

カテゴリー5:悪性と考えられる

 

検査の結果、カテゴリー3以上になると、「要精密検査」の対象となります。

ただしカテゴリー3以上だからと言って、必ずしも悪性のがんであるとは言い切れません。

悪性であるか良性であるかの最終的な決定は、再検査で判断されます。

 

Sponsored Link

 

 

マンモグラフィーで見つかる石灰化とは?

 

しこりとともに検査結果を判断する材料となる石灰化とは、カルシウムが沈着している状態のこと。

カルシウムの沈着は、乳腺だけでなく、腎臓や血管、肺など体の色々なところで起こる現象です。

石灰化が起こっているからと言って、それ自体ががんになるということではありません。

乳腺で起こる石灰化

乳腺で起こっている石灰化の多くは、乳腺症や線維腺腫などの良性の疾患が考えられます。

良性の石灰化でも悪性になることはあるの?と心配な人もいるかもしれませんが、良性の石灰化が悪性に変わることはありません。

ですが、一部の石灰化は乳がんが原因で起こります。

乳がんが原因の石灰化は、がん細胞が増殖する際に死んだがん組織や分泌物が固まって、石のようになっている状態です。

 

石灰化が良性か悪性化を判断する

基本的には石灰化している部分の形や分布によって良性か悪性かを判断します。

ところが、カテゴリー3やカテゴリー4のように、マンモグラフィーだけでは良性と悪性の区別がつかない場合もあります。

 

マンモグラフィーで石灰化があった場合

カテゴリー2

カテゴリー2に分類されていた人は、今回の検診結果では再検査を受けなくてもよいという判断になります。

しかし、カテゴリー1との違いは、「明らかに良性と考えられるが、石灰化やしこりが存在している」という状態です。

そのため、毎年定期的に乳がん検診を受けたほうがよいでしょう。

また、今回再検査は必要なしとの判断であっても、「石灰化やしこりがあるのは不安!」という場合は、念のために一度専門の病院を受診して安心を得ると良いでしょう。

カテゴリー3以上

カテゴリー3以上だった場合は、必ず病院で再検査を行って下さい。

繰り返しになりますが、マンモグラフィーで石灰化が発見されたからと言って、必ずしも悪性のがんだとは限りません。

実際、再検査を受けた人のうち90%程度の人は良性であると言われています。

 

それならば、再検査を受けなくても大丈夫なんじゃないの?と思った人もいるかもしれません。

ところが、10%程度の人は再検査で悪性のがんが見つかっています。

そのため、放置をしているとがんが進行して手遅れになることもあります。

 

Sponsored Link

 

 

細胞診などの再検査

081207

再検査で検診を受けた機関と違う病院を受診した場合は、また同じようにマンモグラフィーや超音波検査を行い、検診の検査結果を確認します。

その結果、必要であると判断された場合は、注射針で細胞や組織を採取します。

そして異常部位の細胞の検査や組織の検査が行われ、確定診断されます。

 

一部の検査では、痛みを伴うこともあり、検査を受けるのが怖いと思われる人もいるかもしれません。

しかし、乳がんは発見・治療が早ければ早いほど完治する可能性が高くなります。

あの時、再検査を受けていたら・・・という状況にならないためにも、乳がん検診の結果で要精密検査の通知を受け取ったら、すぐに乳腺外来などの専門的な検査ができる病院を受診しましょう。

 

乳癌検診のマンモグラフィーは痛いの?20代以外は受けるべき?

胸の下が痛い!女性の胸の痛みは何科に行く?

 

Sponsored Link