食事をした後に吐き気・嘔吐・下痢・発熱などの症状があったら、誰もが食中毒を疑いますよね。

一言で食中毒と言っても、原因となる細菌やウイルスや毒素によって違いがあります。

下痢がひどく食中毒か分からない場合は、自己判断で下痢止めを飲んではいけません。

なぜでしょうか?

 

Sponsored Links

 

 

食中毒の種類と原因

 

食中毒は、原因となる菌や物質によって5種類に大きく分類できます。

 

  1. 細菌
  2. ウイルス
  3. フグ、貝類の毒
  4. きのこ類の毒
  5. その他(ヒスタミン、銅・スズ、農薬・洗剤 など)

 

食中毒の種類

日常生活の中でよくある食中毒は細菌とウイルスの2種類。

これ以外にも性質は違いますが、毒というのもあります。

細菌

  • 生肉 ・・・カンピロバクター、病原性大腸菌(O157)
  • 鶏肉や卵 ・・・サルモネラ菌
  • 生の魚介類 ・・・腸炎ビブリオ

 

ウイルス

  • 牡蠣やしじみなど魚介類 ・・・ノロウイルス

 

  • フグ ・・・卵巣・肝臓にあるテトロドトキシン
  • 貝類(ホタテ貝、イガイなど) ・・・ウロ(中腸腺)にあるオカダ酸、ディノフィストキシン、サキシトキシン、テトロドトキシンなど
  • 毒きのこ ・・・ツキヨタケ、クサウラベニダケなど

 

<他の毒の例>

鮮度の落ちた青物魚・・・いわし、さんま、さばなどに細菌が繁殖することで、ヒスタミンを大量に生成し、食中毒を引き起こす。

銅やスズ・・・調理器具に使用されている金属が何らかの影響で溶出したことによっておこる金属中毒。

農薬・・・悪意を持って農薬を冷凍食品に注入した例や、野菜などが良く洗浄されずに農薬が残存したことによる農薬中毒。

 

Sponsored Links

 

食中毒の症状が出るまでの時間

 

食中毒は症状の出るまでの時間と症状の程度や種類により、前述の原因がある程度予測が出来ます。

数時間~2日以内に症状が出る

食べて数時間から2日ほどで、下痢・嘔吐・吐き気や高い発熱などが出る場合は、細菌感染の食中毒(サルモネラ菌、腸炎ビブリオ菌)である可能性が高いです。

特に下痢は顕著で、トイレから出ることができないほどひどい下痢のこともしばしばです。

高熱であることが多く、下痢と発熱による急激な脱水でショック症状を引き起こすこともあります。

 

数日後に症状が出る

他の食中毒に比べて、比較的潜伏期間が長い(平均2日〜5日)のが、カンピロバクターや病原性大腸菌(O157)の特徴です。

下痢・腹痛とともに血便が出ることもあり、発熱は37度〜38度のことが多く、胃腸かぜと間違われることもあります。

またノロウイルス感染は、潜伏期間が2日〜3日、発熱も38度程度で、症状も1日程度で収束することが多いです。

ノロウイルス感染は、吐物や下痢便を介しての集団感染が最も危惧されるところです。

 

食べてすぐに症状が出る

食べてすぐにしびれなどの症状が先行する場合、毒(フグ、貝類、きのこ類)による食中毒は、食事をした直後に、しびれや嘔吐、神経麻痺などが起こります。

死に至ることもある怖い食中毒で、基本的に症状の出方が細菌やウイルス感染と全く違います。

 

またヒスタミンによる食中毒も、食事の直後に起こります。

しびれ、発疹、顔面の紅潮から始まり、その後に嘔吐・腹痛・下痢が起こる、ヒスタミンの急性「アレルギー反応」です。

金属中毒や農薬中毒も、食べた直後から吐き気・下痢・腹痛・嘔吐が起こります。

ただし金属や農薬は、口にした直後に味や刺激に違和感を感じることが多くなっています。

 

Sponsored Links

 

予防法(加熱などの工夫)

感染性食中毒

感染性の食中毒の最大の予防法は、加熱です。

特に高温多湿な初夏〜秋口には、生のものを食べるのを避けることが、食中毒を回避する方法だと言えます。

また加熱しても十分でない(中まで熱が達していない)場合には、細菌やウイルスは食品の中で生き延びています。

 

さらに冷凍してあった食品を解凍する場合にも、注意が必要です。

細菌は冷凍しても生きています。

食品や食材は、85度以上の熱で中まで十分火が通るように加熱しましょう。

 

毒性食中毒

毒性の食中毒は、危険な食材を口にしないことです。

フグは免許をもった調理人に料理してもらい、ホタテなど貝類は原因となる部位が限られているので、見分けることができる調理人に料理してもらうのがベスト。

キノコ類は、素人が山などにキノコ狩りや散策で取ってきた物には手を出さないことが賢明です。

刺身など生で魚を食べる場合には、鮮度の良い物を食べることです。

また口に入れたとき違和感(刺激や異味)を感じた場合には、飲み込まずにはき出し、口をすぐにすすぐことです。

 

食中毒に効く薬ってあるの?

食中毒の時に起こるひどい下痢は分泌性下痢といって、消化管(腸管)内部が細菌やウイルスにより炎症が起こり、腸管内に分泌液が大量に排泄され下痢となるものです。

これは体内の水分を体外に異常に排泄してしまいますが、腸管内の細菌やウイルスを体外に追い出す効果もあります。

ですから、腸管の動きを抑制する下痢止めは使ってはいけません。

体の中に細菌やウイルスをとどめてしまします。

内服してもよい薬

下痢止め以外で、内服しても良い薬は以下のものになります。

  • 整腸剤
  • 収斂剤(荒れた粘膜を整える)
  • 吸着剤
  • 抗菌薬

 

原因となる細菌を殺菌する抗菌薬も処方されることがありますが、ノロウイルスのようなウイルスには効きません。

 

 

さいごに

何はともあれ、激しい下痢・嘔吐、高熱、異常な症状(血便、口や舌のしびれ、手足のしびれなど)を自覚した場合は、すぐに医療機関を受診してください。

脱水に陥らないように、点滴が必要な場合もあります。

また激しい症状で体力は極端に落ちますので、細菌やウイルスとも戦えなくなってしまいます。

内服薬は、口から飲めるようになってからのことです。

 

食中毒はうつる!治し方はある?

カンピロバクター食中毒の症状はうつる?感染経路や潜伏期間と治療法

生牡蠣で食中毒に!潜伏期間やノロ以外の症状もチェック!

ハイドロ銀チタンが世界を変える!細菌や花粉を水に変える技術とは?

 

Sponsored Links