肩は凝るし、首もガチガチで仕事で下を向くことも多いし、つらい・・・

整体やマッサージなどに行ってストレートネックでは、と言われた方もいるのではないでしょうか。

ただ実際にレントゲンを取ってみないと、はっきりストレートネックとは分からないというのも事実。

ストレートネックは放置してしまうと、他の病気に発展してしまう可能性もあるので要注意です。

ストレートネックを改善する方法をご紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

 

ストレートネックはどうしてなる?

肩・首こり

 

本来ヒトの首は、負担を軽くするためにS字になっています。

ストレートネックとは首のS字が失われ、真っ直ぐに近くなっている状態のことを言います。

スマホやパソコンの影響で悩んでいる方は多く、現代病とも言われています。

長時間の姿勢や遺伝

一番の原因はやはり姿勢。

常にうつむきの姿勢を続けていると、本来の自然のカーブが失われてストレートネックになってしまいます。

ただし遺伝的に姿勢が悪いことや、スポーツ、加齢・老化が原因のこともあります。

ストレートネックの主な症状

症状が出ない人もいるため、はっきりした定義はありませんが、以下のような場合が考えらえます。

 

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 首を動かすと痛い
  • 首が詰まったような感じ
  • めまい
  • ふらつき
  • 手のしびれ
  • 寝にくい(寝返りがしにくい)
  • 胃が悪い

 

など、首以外のところへの症状も多いのが特徴です。

 

Sponsored Link

 

 

軽いストレートネックを改善するには

 

ストレートネックの人は、普通の人よりも首の筋肉が1.5倍ぐらい太いと言われます。

これはS字になっていない首の骨を支えるため、首の筋肉が中にある神経を守ろうとした結果太くなるからです。

首や肩こりは、筋肉が自らの身体を守ろうとしている結果なんですね。

肩や肩甲骨を開くストレッチ

長時間パソコンやスマホをする人は、ストレートネックになりやすいといわれています。

パソコン作業でつらいのが、腕を常に前に置いているので、徐々に肩が前に入り込んでしまうこと。

肩が入り込むと猫背になって首が前に出てしまい、首の湾曲が失われ、ストレートネックを加速させてしまうのです。

 

日頃から肩を巻き込ませないように、肩を広げるストレッチをして筋肉の柔軟性を高めておくと良いですね。

おすすめなのが、座ったまま肩や胸を広げることのできる、こちらのグッズ。

パソコン作業の間にストレッチをすると気持ち良いですよ!

 

 

首のコリをほぐすグッズ

首周りは頸動脈や頸椎があって大変デリケートなので、マッサージに行っても首周りを積極的にほぐしてくれる所はあまりありません。

また、あまり強く揉まない方が良いとも言われています。

これだと自宅でできて、タオルをかけるなどして強さを調節できます。

首のコリがひどい人にはこちらの強力タイプがおすすめですが、あまり刺激に慣れていない方はバネ付きのものが良いと思います。

 

 

Sponsored Link

 

最近はストレートネック用のさまざまな枕が出ていて、寝ているうちに自然に矯正されるように考えられています。

ただ自分にぴったりと合った枕というのは、意外と難しいもの。

良いと思った枕でも、ストレートネックがひどくなってしまったという方もいるので、注意した方が良さそうです。

ネットで売られている枕は、横から見ると首が出る形になっているものがあるので、気を付けて選んで下さい。

枕を作るのであれば首の高さなどを計測してもらえるところか、頸椎専門の枕を扱っているところにお願いするのが安心でしょう。

 

木枕

カーブがついた、木でできた枕というものもあります。

この上にしばらく頭を乗せることで、首本来のS字カーブを取り戻そうというものです。

これで夜寝るというのは慣れないと難しいですが、息抜きの時にでもたまに使うといいかもしれません。

 

 

他の病気に進行する可能性が・・・

うーん

 

ひどいストレートネックになると、首や肩こりだけにとどまらないのが厄介です。

進行すると自律神経失調症やうつ、頚椎症、頸椎椎間板ヘルニアなど色々な病気を引き起こしてしまう可能性があるからです。

実際これらの病気と、ストレートネックを両方抱えている方も少なくありません。

自律神経失調症

自律神経失調症はどこが悪いというわけではないのに、体調が悪い、頭が重い、肩が凝るなど、さまざまな症状が出てきます。

しかし病院へ行っても悪いところがないので、辛い思いをする方も多いようです。

 

自律神経失調症の治し方!自力でできる改善方法はある?

 

変形性頚椎症

枕も変えてみたし、ストレッチもしているけど、全然良くならないという方は頚椎症(頸部脊椎症)かもしれません。

変形性頸椎症は骨棘といわれる骨の棘ができたり、関節がすり減ることで椎骨や頸椎が変形してしまうものです。

首や肩を動かしたときに痛むことが多いですが、しびれや後頭部などにも痛みが起こってくることもあります。

 

頸椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは椎間板というクッションの表面に亀裂が入ることで髄核が出てしまい、神経などを圧迫する病気です。

しびれや痛み、脱力感や運動麻痺も起きることもあり、力が入りづらいこともあります。

脊椎を圧迫すると排尿や排便がしづらかったり、歩行障害が出ることもあり、重度の場合には手術をすることもあります。

 

軽度であれば、カラー固定やマッサージなどの保存的療法を行います。

しかし症状によっては悪化してしまう可能性もあるため、医師の観察のもと行ないましょう。

症状がひどくなると手術になりますので、なるべく早く病院で精密検査を受けることをおすすめします。

 

手のしびれは病院の何科?病気の症状と原因は?

 

Sponsored Link

 

対処法や治し方は?

西洋医学では

痛みがある場合は、患部を冷やすのが基本ですので冷湿布を貼ります。

体の冷えで痛い場合は温湿布が良いですが、痛みが激しい時は温めると一層痛くなるので気をつけましょう。

病院で痛みを抑えるには次のような方法があります。

 

  • カラー固定・・・首の筋肉が衰えるので短期間の使用になります
  • 頚椎牽引療法・・・首を引っ張ることで骨同士の圧迫を少なくしたりして矯正をします
  • ブロック注射・・・局所麻酔で周りの筋肉を緩めて血流をよくすることで、傷んだ神経を修復します

 

痛みが治まったからといって、そのままにしておいてはいけません。

できるだけ体を動かして患部の緊張を和らげ、ストレッチやマッサージで凝りを取り除きましょう。

もし手足のしびれや全身症状が出たら、むやみに患部を強く揉んだりすることは危険です。

 

おすすめの治療法

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックという、第一頸椎に微振動を与えて首を調整する治療法があります。

第一頸椎を調整することで、体全体の骨格バランスを整えることができる高度な治療法です。

ひどいストレートネックをS字に戻すのは難しいかもしれませんが、特に首に痛みがある場合は、何度か通うことで少しずつ良くなる可能性があります。

高度な技術のため、治療院が少ないのが難点ですが、首で悩まれている方は一度試してみると良いかもしれません。

こちらの記事に動画も載せてあるので、参考にしてみて下さい。

 

首の後ろが痛いし頭痛がする!原因は何?

 

【その他の関連記事】

視界が揺れる9つの原因と病気

首の後ろにしこりが!痛い?痛くない?

 

Sponsored Link