モロヘイヤは栄養価がとっても高い、緑黄色野菜の一つです。

「王様の野菜」とも言われ、かつては重病だったエジプト王も、モロヘイヤのスープで病気を治したと言い伝えられています。

スープ以外にも天ぷらや和え物、お浸しにしても美味しいモロヘイヤですが、どんな素晴らしい特性が詰まっているのでしょう。

モロヘイヤの栄養と効能、そして自宅でモロヘイヤを栽培する人は知っておきたい毒性についても解説していきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

モロヘイヤってどんな野菜?

はてな

 

私たちが食べるモロヘイヤは、柔らかい若葉や茎の部分です。

刻むと独特のぬめりが出るため、スープにしたり、ほかのネバネバ食材(オクラや山芋など)と和えると美味しいですよね。

モロヘイヤの旬は夏で、6~9月ごろに多く出回ります。

モロヘイヤの歴史

モロヘイヤはアフリカ大陸北部からインド辺りが原産で、エジプトでは5000年以上前から栽培されていたようです。

エピソードとしては、重病だったエジプト王が、刻んだモロヘイヤの葉を入れたスープを飲んだら病気が治ったというものや、かのクレパトラが好んで食べていたというものがあります。

モロヘイヤは、アラビア語で「ムルキーヤ(王様の野菜)」とも呼ばれ、それが訛ってモロヘイヤになったようですね。

モロヘイヤが日本に来たのは1980年代で長い歴史を考えると遅めの登場ですが、栄養価の高い野菜として注目されています。

 

Sponsored Link

 

モロヘイヤの栄養

モロヘイヤに多く含まれる栄養素としては、以下のようなものがあります。

 

  • β-カロテン(ビタミンA)
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • カリウム
  • ムチン(粘り成分)

 

β-カロテン(ビタミンA)

緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンは、必要な分だけビタミンAへと変換されます。

ビタミンAには皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる作用があるため、ウイルスや細菌が侵入しやすい鼻やのどを守ってくれます。

脂溶性ビタミンのため、余った分は体内に蓄積されてしまう性質をもつので、必要分だけを変換してくれるβ-カロテンは嬉しいですね。

ビタミンAに変換されなかった分のβ-カロテンには抗酸化作用があるので、活性酸素を除去して生活習慣病や老化を防いでくれます。

ビタミンB群

ビタミンB群は全部で8種類ありますが、モロヘイヤはそれらをバランス良く含んでいます。

ビタミンB群はそれぞれで作用も違ってきますが、主に三大栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)の代謝促進、エネルギーの生成を促進、脳や神経のはたらきをサポートするなどしてくれます。

それにより、健康維持や疲労回復、成長の促進、美容など、多くの効果を期待できますね。

ビタミンB群は水溶性ビタミンで、余った分は尿として排出されてしまうので、毎日摂りたいビタミンとなっています。

ビタミンC

ビタミンCには白血球のはたらきを高める作用があるため、免疫力アップが期待できます。

さらにストレスへの抵抗力も上げてくれるため、体だけでなく心の健康にも良いですね。

女性に嬉しいコラーゲンの生成にもビタミンCは必要です。

ビタミンCも水溶性ビタミンで、2~3時間で排出されてしまうため、こまめに摂ることがポイントとなっています。

 

Sponsored Link

 

カルシウム

骨を丈夫にしてくれるカルシウムですが、全世代で不足しがちな傾向にあります。

99%は骨や歯に、残り1%は血液や筋肉にあるとされ、不足すると骨粗しょう症や成長に影響が出るほか、ストレスやイライラの原因にもなってしまいます。

カルシウムは、クエン酸(レモンやお酢、梅干しに多く含まれる)と一緒に摂ることで吸収率がアップするので、献立を考える際の参考にしてみてください。

カリウム

カリウムには、体内のナトリウム(塩分)濃度を調節してくれる作用があり、高血圧の予防に繋がります。

塩分の摂りすぎが気になる人はぜひ摂りたい栄養素です。

ヘモグロビンの材料になる鉄は、不足すると鉄欠乏性貧血になってしまいます。

貧血ぎみの人、とくに月経や出産で血液を失うことの多い女性は摂りたい栄養素です。

ムチン

モロヘイヤのぬめりの正体であるムチン。

ほかにも山芋やオクラなどの野菜、それに唾液や粘膜などの人間の体内にも含まれている注目の成分です。

ムチンは糖タンパクの一つで、たんぱく質の吸収はサポートしますが、糖の吸収は抑えてくれる作用があります。

 

また粘膜を潤してくれることにより、胃や腸などの消化管、鼻や喉、それに目の粘膜までも守ってくれる優れもの。

ムチンは水に溶けやすい性質を持っているため、汁も飲み干せるほうな調理法にしたいところです。

熱にも弱いため、加熱のし過ぎには注意が必要ですね。

 

Sponsored Link

 

モロヘイヤの効能

食事

 

ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるモロヘイヤには、どんな効能を期待できるのでしょう。

栄養バランスの補助

偏食ぎみの人、外食中心の生活を送る人、塩分の摂りすぎが気になる人、そして野菜をあまり食べていないという人。

心当たりはありませんか?

食事は栄養バランスがなによりも大切です。

ビタミンやミネラルといった栄養素は、基本的に野菜から摂取する必要があります。

 

モロヘイヤなら様々なビタミンやミネラルを豊富に含んでいるため、効率よく栄養を摂ることができますね。

またクセもないので、野菜ジュースや青汁にも使いやすい野菜です。

これらを活用してみるのも良いでしょう。

便秘改善

モロヘイヤは食物繊維も豊富ですが、水溶性食物繊維よりも不溶性食物繊維のほうが多く含まれています。

水に溶けない性質をもつ不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収してふくらむことで、腸の蠕動運動を促進してくれます。

また体内の有害物質も絡めとってくれる作用も持っているので、デトックス効果も期待できますね。

 

Sponsored Link

 

動脈硬化

モロヘイヤに含まれるβ-カロテンやビタミンC、そしてビタミンEには抗酸化作用があり、身体に害をなす活性酸素を除去してくれる作用があります。

それにより動脈硬化などの生活習慣病、老化、がんなどの予防が見込めるのです。

骨粗しょう症

モロヘイヤに含まれるカルシウムは骨を丈夫にし、カルシウムを骨に運んで留めておく作用があるビタミンKも含まれています。

糖尿病

粘り成分のムチンには糖の吸収を抑える効果がるので、血糖値が急激に上がるのを防いでくれます。

高血圧

モロヘイヤに含まれるカリウムは、体内でナトリウム(塩分)バランスを調整してくれるため、血圧の上昇を防ぎます。

貧血

モロヘイヤに含まれる鉄、そして葉酸やビタミンB12は、どれも貧血予防に必要です。

鉄はビタミンCを一緒に摂ることで吸収率がアップするので覚えておきましょう。

風邪予防にも

β-カロテンをはじめ、各種ビタミン・ミネラルには皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる作用があり、鼻やのどといったウイルスの侵入経路を守ってくれます。

またビタミンCには白血球を助けて免疫力を高めてくれる効果があるので、風邪やインフルエンザの予防としても良いですね。

美容

ビタミンやミネラルを多く含むモロヘイヤには美肌効果も期待できます。

皮膚や粘膜の健康をサポートしてくれるほか、ビタミンCのコラーゲン生成作用も女性には嬉しいですね。

 

Sponsored Link

 

モロヘイヤには毒性がある!

モロヘイヤの実や茎には毒性があります。

モロヘイヤは自宅でも簡単に栽培することができますが、自分で収穫して食べる場合には、その毒性をきちんと理解しておく必要がありますね。

ストロファンチジン

モロヘイヤに含まれる毒性の正体は「ストロファンチジン」というものです。

これには心臓を収縮させる作用があるため、動悸や息切れ、めまい、それに嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。

もしモロヘイヤを食べてこれらの症状が出た場合には、念のため病院を受診するようにしましょう。

実や茎に含まれる

ストロファンチジンはモロヘイヤの実、種、さや、そして硬い茎にも含まれています。

とくに完熟した実に含まれるストロファンチジンは猛毒のため、花が咲く前に収穫したいところです。

茎に関しては、柔らかい茎なら毒性に問題はないため、スーパーなどで売られているものは心配しなくて大丈夫でしょう。

市販のものは大丈夫!

モロヘイヤの毒性に気を付けたいのは、主に自宅での栽培のときですが、基本的には柔らかい若葉のみを食べるようにすると安心でしょう。

スーパーなどで売られているものに関しては、毒性のある部分は取り除かれた状態で売られているので安全と言えます。

毒性が心配な人は、市販のものを利用するようにしましょう。

 

 

さいごに

非常に栄養価の高いモロヘイヤ、その素晴らしさはわかっていただけたでしょうか。

ほかの野菜と比べるとなじみがないと思いますが、スーパーなどで見つけた際はモロヘイヤの特性について思い出してみてください。

豊富に含まれるビタミンやミネラルによって、健康から美容までをサポートしてくれるモロヘイヤ。

スープなどの簡単な調理法もありますし、野菜ジュースや青汁でも摂れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

Sponsored Link