胸の痛みがあると、心臓に何か病気があるのではないかと心配になってしまうと思います。

しかし実際に心臓の違和感で病院に行っても、心臓の病気だと診断される人は20%にも満たないといわれています。

心臓が痛くても他に原因がある人が圧倒的に多く、その一つがストレスです。

ストレスが関係する胸の痛みや圧迫感について見ていきましょう。

 

Sponsored Links

 

ストレスで心臓神経症になる?

病院の検査で心臓に何も異常がなかったのに、胸の痛みが続いているときは心臓神経症が疑われます。

心臓神経症って?

 

心臓神経症は神経循環無力症ともいわれ、心臓に原因がないのに動悸や息切れ、めまい、手のしびれ、頭痛や不眠など狭心症や心臓病に良く似た症状があらわれます。

胸の狭い範囲にズキズキ、チクチクとする痛みで、手で圧迫すると痛みが強くなります。

狭心症との違い

狭心症と間違われやすいのですが、違いは痛みが起きる時間帯です。

狭心症が起床時や就寝時に出やすいのに対し、心臓神経症は寝ている時に痛みを感じることはありません。

日中一人で静かに過ごしている時、ふいに痛くなったり、断続的に痛みが続くということもあります。

 

他に動機や息切れ、発汗、めまいなどの症状があり、胸を手で圧迫すると痛みが強くなることも特徴です。

また不安感や抑うつ症状が出ていると、心臓神経症の可能性が高くなります。

 

自律神経失調症の一つ

心臓神経症はストレスが原因の「自律神経失調症」の症状の一つです。

自律神経は身体を活発にする交感神経と、落ち着かせる副交感神経のバランスが整っていなければいけません。

しかしストレスで自律神経が乱れて調節が上手くいかなくなると、体にさまざまな症状をもたらします。

 

心臓神経症では、身体を活発にする交感神経が過剰に働いてしまいます。

日中に交感神経が活発に働き始めることで、昼間に胸の痛みがあらわれるという仕組みです。

交感神経が働くと、身体が興奮状態になって脈拍が上がり、心臓がバクバクする動悸や、ズキズキとした痛みを感じるようになります。

 

不安感を抑える

心臓を落ち着かせる薬や精神安定剤などで症状を抑えますが、強いストレスがかかると発症を繰り返します。

「やっぱり何か心臓の病気なのでは・・・」と考えること自体がストレスになり、痛みや圧迫感といった症状が悪化しまうことが、この病気の難しいところです。

基本はストレス性のものなので、そこまで心配なものではありません。

しかし何度も心臓に負担をかけていると、狭心症や心筋梗塞、心不全など本当に心臓病になってしまうこともあります。

不安感が強いようなら、心療内科や精神科での治療へと移行します。

 

Sponsored Links

 

胸の痛みと圧迫感の原因

カップル もやもや

ストレス

ストレス社会と言われる現代では、仕事や家庭など、さまざまな場面で精神的ストレスを受けやすくなっています。

緊張で筋肉がこわばったり凝ったりすると、血流が悪くなり、胸に圧迫感を感じることもあります。

 

過労

睡眠不足だったり、心身ともに疲労が重なると胸の痛みを感じることがあります。

胸の痛みは過労死への警告です。いくら仕事で評価されても死んでしまっては意味がありません。

痛みを感じたら早めに対策をしましょう。

 

姿勢

猫背でいると、無意識のうちに呼吸器官や胸部を圧迫し、息苦しさや胸痛を感じるようになります。

筋肉も凝りやすくなってしまうので、気がついた時に背筋を伸ばすようにしたり、ストレッチや姿勢改善をしていきましょう。

 

病院は何科に行く?

病院

 

大きな病気が潜んでいるかもしれませんので、胸の痛みや圧迫感を感じたら、病院でしっかりと検査をしましょう。

「最近ストレスがかかっていたから・・・」と自己判断で診断を下すのは危険です。

病院は、循環器科か呼吸器科のあるところを選んで下さい。

 

心臓や肺に異常がないことを確認して、自律神経失調症が疑われます。

心因性の場合は抑うつや仮面うつなどが隠れていることもあるため、心療内科や精神科での治療が必要になるケースもあります。

「どのような痛みなのか」「痛む場所は」「痛む時間帯はいつごろか」といったことを正確に医師に伝えることが大切。

痛みや圧迫感のほかに気になる症状があれば、全て話すようにしましょう。

 

Sponsored Links

 

心臓神経症の予防と緩和法

お風呂上がり かゆい

予防には、第一にストレスを溜めないことが重要、といわれても現代社会でなかなか難しいですよね。

過剰に働いてしまう交感神経に対し、副交感神経を活性化させることで対処することもできます。

少しくらい、いい加減になろう!

軽い運動やストレッチで身体をほぐしたり、リラックスできる時間を少しでも取るようにしましょう。

気持ちにゆとりを持つことも大切です。心臓神経症にかかる人は「~しなきゃいけない」と考えがちになってしまいます。

明日でも大丈夫なものは明日にしましょう!ストレッチなども必ずしなければいけないということはありません。

自分のできる範囲で実践していくことが大切なのです。

 

マッサージをしてみよう

ツボ押しも一つの方法として、頭に入れておくと良いかもしれません。

「正確にツボを押さなくてはいけないから難しそう」と思われがちですが、実際のところ「何となくこの辺りかな」くらいの感覚でも効果はあります。

お風呂に入ってリラックスしている時などに、小指の先から脇へ向けて、腕の内側を中心に押していきましょう。

リンパや血液の流れを心臓へ戻すようなイメージで、優しく心地よいと思える強さでマッサージします。

 

Sponsored Links

 

恋で胸が痛くなるのも同じ理論?

好きな人のことを考えると胸がドキドキしたりキュンとしますが、実はちゃんとした根拠があるのです。

恋をするとドーパミンやノルアドレナリンといった、身体を興奮させるホルモンが分泌されます。

ホルモンで心臓の働きが活発になり、胸にギュッとした痛みを感じるのです。

 

また失恋するとストレスで、アドレナリンというホルモンが分泌されます。

アドレナリンは血圧の上昇など血流異常を引き起こす原因物質で、胸に締め付けられるような痛みがあらわれます。

失恋のストレスというのも侮れませんね。

 

 

さいごに

心臓神経症は心臓病や突然死への恐怖など、ベースに不安感があるといわれています。

ただし甲状腺などの内分泌疾患や貧血など、他の病気である可能性も捨てきれません。

ご自身が納得いくまで検査をするようにして下さいね。

 

その他の胸の痛みは、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

右胸の痛みと違和感を感じる7つの病気

胸の下が痛い!女性の胸の痛みは何科に行く?

自律神経失調症の治し方!自力でできる改善方法はある?

 

Sponsored Links