恋人とキスをした数日後に唇がブツブツただれ、病院に行ったらヘルペスウイルスだと言われた・・・

ヘルペスウイルスは帯状疱疹を引き起こす厄介なウイルスで、多くの方が悩まされています。

心配なのは、身近な人や赤ちゃんにうつしてしまわないかということ。

どのくらいの確率でうつるのか、感染経路や注意点などを見ていきましょう。

 

Sponsored Link

 

ヘルペスウイルスの種類

 

 

口唇ヘルペス

帯状疱疹と単純ヘルペスは、共にヘルペスウイルスの仲間によって引き起こされる病気です。

体の中に残っていた、水疱瘡のウイルスが突然暴れ出すのは「帯状疱疹」。

一方で、一度かかると何度も再発をしてしまうのが「単純ヘルペス」です。

 

どちらも疲労が溜まった時など、免疫力が低下した状態で発症しやすくなります。

両方とも同じヘルペスウイルスによるものなので混同されがちですが、根本的に2つはヘルペスウイルスの種類が違います。

帯状疱疹ウイルス

帯状疱疹ウイルスは胸や背中、頭、顔などを神経のある場所に発症し、多数の水ぶくれや激しい痛みを伴います。

水疱瘡にかかったことがない人にはうつりますが、感染力はそこまで強くありません。

一度かかった後はあまり再発しませんが、帯状疱疹後神経痛になることがあるので、治療は一刻も早く行って治すことが大切です。

 

単純ヘルペスウイルス

一方、単純ヘルペスウイルスは1型と2型に分かれていて唇や顔、性器など、全身どこでも発症し、水ぶくれや発疹ができます。

特に口唇ヘルペスは体力が落ちた時にできやすく「熱の華」や「かぜの華」という別名があります。

 

ただし症状は違和感やピリピリを感じるくらいで、軽いことが特徴。

帯状疱疹ウイルスと違って感染力が強いですが、後遺症はほとんどありません。

しかし一度かかると何度も再発するため、一生の付き合いとなってしまいます。

 

単純ヘルペスウイルスのやっかいなところは、また誰かにうつしてしまうというところ。

親しい間でうつることが多いので、「愛のウイルス」と言われることもあります。

妊婦さんが感染した場合は、胎児が脳炎や髄膜炎などを起こす危険性があるので、帝王切開などの処置がとられることがあります。

 

Sponsored Link

 

 

口唇ヘルペスがうつる確率

タオル コップ

 

症状が現れる場所によって「口唇ヘルペス」「歯肉ヘルペス」「性器ヘルペス」「顔面ヘルペス」「上肢ヘルペス」などの名前がついています。

最も患者数が多いのが口唇ヘルペスで、日本人では10人に1人が悩んでいるともいわれています。

感染力は強いですが、皮膚が健康な状態であったらバリア機能が働くのでそのまま発症するということはありません。

 

実際に感染している人は5~7割もいて、70代以降はかなりの方が感染していると言われています。

健康な人は感染していても症状は出ませんが、免疫力が落ちていると症状が出るので日頃から体調管理はしておいたほうが良いですね。

大正製薬の調査によると、感染して発症する確率は10%という統計が出ています。(*1)

 

ウイルスの感染経路

口唇ヘルペスウイルスに感染した人の皮膚にできた水ぶくれなど、患部に安易に触れるとウイルスをもらってしまいます。

出来るだけ感染している人のタオルやコップなどを共有しないことが大切です。

特に気を付けなければいけないのが皮膚のバリア機能が落ちている人です。

 

皮膚から

皮膚のバリア機能が落ちているというのは、アトピー性皮膚炎や皮膚に傷や湿疹などがある場合。

正常な皮膚の状態であれば、セラミドなどの水分保持機能が外部からの異物を侵入させないように、自らを守る働きがあります。

しかしこれらの保湿機能がうまくいかなくなっている状態でヘルペスのような感染力の強いウイルスが侵入した場合、簡単に侵入を許してしまうので注意が必要です。

 

キスや陰部から

口の中や性器周りの粘膜は、外に出ている普通の皮膚と同じようにバリア機能が働きません。

そのため健康な状態の人であっても、口唇ヘルペスに感染している人とのキスや、性器ヘルペスの人との性交渉でうつりやすくなってしまうのです。

 

うつる期間はどれくらい?

一番危険なのは自分がウイルスを持っているにもかかわらず、気が付いていない場合です。

実は初めての感染から7割から8割の人は、症状が出ないまま、ウイルスを排出し続けているとも言われているのです。

 

無症候性感染といって、一年間くらい症状が出ない人もいます。

特に性器ヘルペスは、再発を繰り返すので完治させることが難しく、一度感染してしまうと精神的苦痛を伴うことに。

ヘルペスを持っているかどうか分からない相手と性行為をするときは、必ずコンドームをつけてしっかり予防するようにしてください。(*2)

 

 

Sponsored Link

 

お母さんから赤ちゃんにうつる

赤ちゃん

 

口唇ヘルペスウイルスはキスや口をつけたグラス、また頬ずりなどでもうつります。

このようなことを聞くと、不安なのはヘルペスウイルスを持っている女性が妊娠したり、子供に接する時どうするのかということですよね。

ヘルペスは、発症せずに潜在的にウイルスを持っているだけでは赤ちゃんにうつることはありませんが、すでに発症しているとなると危険です。

母子感染の経路で多いのが、産道感染と胎内感染です。

 

生後1ヶ月以内の赤ちゃんに注意!

赤ちゃんがウイルスをうつされる経路は2つあります。

産道感染と生まれたあとに身近な家族から、というのが代表的。

産道感染は、赤ちゃんが生まれて来るときにヘルペスウイルスに感染してしまうもので、脳など命に関わる障害を引き起こす可能性があります。

 

赤ちゃんへの感染を防ぐため、帝王切開などの処置がとられることもあります。

また生後1ヶ月以内の、免疫ができていない時期の赤ちゃんはとても危険です。

もし家族の中にウイルスに感染している人がいたら、できるだけ早く治すことが一番。

 

赤ちゃんにはできるだけ頬ずりをしたり、口うつしで食事をあげないようにして下さい。

生後1ヶ月を過ぎたとしても、油断は禁物です。

 

 

 

さいごに

口唇ヘルペスはありふれたウイルスですが、うつしてしまうのでは、また繰り返してしまうのでは・・・と多くの方が悩まれています。

体調の管理をしっかりしていればウイルスが暴れ出すこともないので、早く治すには日頃の管理が大事になってきそうです。

また発症してしまったときはどのように対処したらいいのか、自分なりの解決策を見つけておいた方が良さそうですね。

 

L-リジンが豊富な食品は?唇のピリピリに良いらしい!

唇に白いぶつぶつができる6つの原因

帯状疱疹がうつる期間は要注意!痛みのピークはいつ?

帯状疱疹の原因ウイルス | ヘルペスの検査とは?

 

*1参考:大正製薬「ヘルペシアクリーム」

*2 参考:NIID国立感染症研究所

 

Sponsored Link