太ももの裏に、張った感じやピリピリした痛みはありませんか?

太ももの裏に痛みが出ている場合によくあるのは、坐骨神経痛か肉離れです。

誰でもなる可能性のある坐骨神経痛と、スポーツをしている人にとっては切っても切れない関係にある肉離れ。

太ももの裏が痛い時に考えられる2つの原因について、見ていきましょう。

 

Sponsored Links

 

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは?

実は坐骨神経痛というのは、正式な病名ではありません。

坐骨神経はお尻から太ももを通って膝裏まで伸びている、末梢神経の最も長くて太い神経です。

神経のどこかが圧迫されてしまうと、神経が通っている場所に痛みやしびれが出てしまうのです。

痛みが出る範囲

痛みやしびれは、坐骨神経痛が出ている腰椎の辺りから始まり、お尻や太もも、さらには足の裏にまで広がることもあります。

特に多いのがお尻から太ももにかけての痛みで、怪我をしていないのに太ももが痛いと「自分は坐骨神経痛だ」と決めて病院に行かれる人も多くいます。

しかし坐骨神経痛は症状名で、裏には他の病気が隠れている可能性があります。

 

痛みの症状は人それぞれ

坐骨神経痛の症状は主に痛みや痺れですが、出方は人によってさまざまで、原因も違います。

しびれや麻痺が中心だという人もいますし、違和感程度しかないという人もいます。

急に激痛が起こったり、長時間にわたって痛みが引かないというケースもあります。

 

痛みが出るタイミングもバラバラで、歩いたり座ったりといった動作をした時、運動をした時、朝起き上がった時など規則性がありません。

痛みや痺れのほかに、症状が出ている足に冷感を感じるという人もいます。

太ももに痛みがあるのに自己判断で原因を決めてしまうのは危険なので、一度病院で診てもらい原因を特定しましょう。

 

Sponsored Links

 

主に3つの病気が原因

坐骨神経痛になる原因で多いものは「腰椎椎間板ヘルニア」「梨状筋症候群」「腰椎脊柱管狭窄症」になります。

それ以外にも坐骨神経自体に炎症がある場合や、周辺の筋肉によって圧迫されているという理由で痛みや痺れが出ているということもあります。

身近なところだとストレスや筋肉のコリ、疲労の蓄積などの影響を受けていることもありますが、意外なものだと帯状疱疹の影響ということも。

帯状疱疹の原因になっているウイルスが坐骨神経に入り込んで、攻撃をしているという可能性もあります。

何科に行く?

「坐骨神経痛になった原因」を改善しないと坐骨神経痛はいつまで経っても良くなりません。

大概のものは整形外科でわかりますが、例えば帯状疱疹が原因の場合は皮膚科の専門になるため注意が必要です。

さらには脊椎や脊髄、骨盤などに悪性腫瘍ができている可能性も否定できないため、病院でしっかり検査してもらうと安心ですね。

 

Sponsored Links

 

 

坐骨神経痛になる原因

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは若い人に多い病気で、患者の半数は20~30代となっています。

背骨は椎体という骨と、その間でクッションの役割をしている椎間板が組み合わさることで成り立っています。

椎間板の中には髄核というゼリー状のものが入っているのですが、椎間板が壊れてこの髄核が漏れ出ると神経を圧迫してしまい、椎間板ヘルニアになります。

原因

椎間板が壊れる原因は身近なものがほとんどで、まず挙げられるのが姿勢です。

片足重心になっていたり、椅子に座った時に足を組んでいないでしょうか?

骨盤が歪んだり、お尻の片方にだけ体重がかかるような座り方を続けていると椎間板に負担がかかってしまいます。

 

肥満気味の人は腰に負担がかかりやすいですよね。

腰や下肢の冷えも良くないですし、筋肉が凝っていたりこわばったりしていることも要因の一つ。

お風呂に浸かって血行を良くしたり、お風呂上りにストレッチをしたりして定期的に筋肉をほぐすことは大切です。

 

治療法

椎間板ヘルニアになったら、まずは炎症を抑えることを優先して安静にし、消炎鎮痛剤の服用などで様子を見ましょう。

痛みが引かない場合には神経ブロック注射で、局所麻酔やステロイド剤などを投与する処置をします。

整形外科以外でも麻酔科やペインクリニックでも行ってくれるので相談してみると良いでしょう。

その後リハビリをしますが、中には悪化して失禁などの膀胱や直腸に障害が残るケースや、筋肉麻痺によって生活に支障が出たりすることもあります。

問題のある椎間板や髄核を摘出する外科手術を受ける、という選択肢も出てきます。

 

Sponsored Links

 

梨状筋症候群

梨状筋(りじょうきん)とは、お尻の奥に横切るようにして付いている筋肉です。

梨状筋の下に坐骨神経が走っているため、梨状筋を傷めると坐骨神経痛が起こります。

鋭い痛みが特徴で、ビリビリと電流が走るような感覚だと言う人もいます。

長時間の座位や外傷

梨状筋を傷めてしまう原因は、転んでお尻を打ったなどの外傷や、スポーツでその部分の筋肉を使い過ぎたことなどが挙げられます。

また仕事でデスクワークや運転など、長時間座り続けている人も要注意です。

意外な原因としては、マッサージが強すぎて梨状筋の筋線維を壊してしまったという例も挙げられています。

梨状筋はどの年齢でも発症する可能性がありますが、仕事がら長時間座っているという人は気を付けたほうが良いでしょう。

 

治療法

梨状筋症候群は筋肉の負傷のため、椎間板ヘルニアなどのようにレントゲンやMRIで見つかるものでもありません。

診断が難しく、特に骨などに異常がない場合にとりあえず梨状筋症候群と判断されることが多いです。

梨状筋症候群と診断されたら保存療法で痛みが治まるのを待ち、その後は椎間板ヘルニアと同じようにブロック注射やリハビリなどを行います。

原因が筋肉のため、筋肉をほぐすようなストレッチや整体、カイロプロテック、また鍼灸治療にも効果があるとされています。

 

ストレッチをしてみよう

梨状筋症候群に効果的なストレッチがあるので参考にしてみて下さい。

 

 

 

腰椎脊柱管狭窄症

50代以上に多い病気です。

背骨に沿って走っている神経があるのですが、その神経のある管状の空間が脊柱管と言われています。

脊柱管が狭くなって、中にある神経を圧迫してしまうと痛みや痺れがあらわれます。

歩くと痛みや痺れが出始めるのですが、少し座ったり休んだりすると良くなってまた歩けるようになることが特徴です。

加齢が原因

脊柱管が狭くなる原因は、加齢により背骨が変形しやすくなるためで、重症化すると歩けなくなってしまいます。

「椎間板ヘルニア」や、腰椎がずれる「すべり症」などの合併症として現れることもあるため、発症頻度の高い病気といえるでしょう。

中には先天的に脊柱管が狭いという人もいます。

前かがみになると圧迫が緩むため楽になりますが、そこで腰を曲げたまま歩いていると余計に負担になってしまいます。

早めに受診して、痛みを取り除く治療を受けることが求められます。

 

治療法

治療には内服薬や湿布、塗り薬などを処方されることが多いですが、牽引をしたり、コルセットで負担を軽減させる処置などをする場合もあります。

自宅では急性期を過ぎたら、温めて血流を上げることが求められます。

温熱療法といって、狭窄部や冷えやすい部位を温めて血行改善させることで痛みや痺れを和らげる効果があります。

 

神経障害が残ったり、いつまでも痛みが改善されないようならば外科手術になることもあります。

脊柱管を広げる手術になるのですが、早期発見・早期治療ならば治りやすいと言われています。

ただし痺れや麻痺といった後遺症が残ったり、再発したりするリスクもあるということは頭に入れておきましょう。

 

Sponsored Links

 

ハムストリングスの肉離れ

太ももの裏が痛い時に考えられるもう一つの原因はハムストリングスの肉離れです。

ハムストリングスとは太もも裏にある3つの筋肉の総称で、ランナー筋とも呼ばれています。

陸上競技をやっている人を始め、瞬発的な筋肉を使うスポーツをしている人にはお馴染みの筋肉ですね。

筋肉疲労が原因

走る時に太ももの裏に負担がかかるような走り方をしていませんか?また運動のし過ぎで疲れがたまっているという人も要注意。

知らない間に太ももの筋肉が硬くなっているかもしれません。

スポーツをしている最中に、急に太ももの裏に激痛が走った場合には肉離れの可能性が考えられます。

特にスタートダッシュやジャンプの瞬間は一気に太ももの裏に力がかかりますよね。

筋肉疲労が溜まっているとその瞬間に、筋肉が一部または完全に断裂してしまうことがあります。

肉離れは3段階に分けられる

肉離れの症状はその重症度によって3段階に分けられます。

 

  • 軽度 ・・・ 太ももの裏が張った感じする程度で、痛みもそこまで酷くありません。歩くことも可能です。
  • 中度 ・・・ 断裂による内出血が現れ、歩くことが困難になる程度の痛みがあります。
  • 重度 ・・・ 負傷箇所を押すと断裂した部分が陥没していることが分かります。激痛のため歩くことは不可能になります。

 

Sponsored Links

 

対処法:RICE処置

肉離れだけではなく、怪我をした時の対処法の基本として有名なのが「RICE処置」という方法です。

  • Rest (安静)
  • Ice (冷やす)
  • Compression (圧迫・固定)
  • Elevation (拳上)

 

特に肉離れにおいて重要なのが「冷やす」と「圧迫・固定」です。

痛みが強い急性期にしっかり冷やすことで内出血の拡大を防ぐことができ、後の治癒へと繋がります。

2~3日すると症状もだいぶ治まってくるので、今度は温めながら固まった筋肉をほぐしていきましょう。

 

ハムストリングスには負担をかけないようにして、股関節などのストレッチから始めてみましょう。

肉離れはしっかりと治さないとスポーツを再開した途端に再発してしまうこともあるので、完治するまでスポーツは禁止です。

ハムストリングスの肉離れを起こした人の1/3は2週間以内に再発する危険性があるとされています。

 

 

さいごに

坐骨神経痛になる病気や肉離れに共通して言えることは腰からお尻、太ももにかけての筋肉が硬くなっていると傷めやすいということです。

スポーツをしている人の場合は疲労をため過ぎないこと、ストレッチをしっかり行うことで防げることもあります。

それ以外の人の場合、運動不足による筋力低下や筋肉のこわばりも心配されます。

無理のない範囲で筋肉の柔軟性を維持して、防げるものは自身で予防していきましょう。

 

股関節や足の付け根に違和感がある原因

ふくらはぎが痛い5つの原因と対処法

足がだるいし痛い!7つの原因と病気

帯状疱疹の初期症状にかゆみはある?

 

Sponsored Links