右の脇腹が痛い・・・痛みがひどいものではないので様子をみようかな・・・と思ったり。

急激に発症する右腹部痛は、急性胆嚢炎や急性胆管炎など、急性腹症といって重症疾患の兆候があります。

突然起こる痛みや、鈍い痛みや違和感が急に激痛になったときはすぐに医療機関に受診してください。

 

Sponsored Link

 

右脇腹が痛いときの位置と深さ

検査

腹部の痛みは、ほとんどが痛みの原因となっている臓器や部位が存在する位置に現れます。

お腹の右側よりにある代表的臓器としては、胃の下半分(胃体下部、幽門部)、胆嚢、肝臓、右腎臓、右尿管、大腸(上行結腸)、虫垂です。

どのように診断するのか

病院では、腹部の異常は、消化器内科医もしくは消化器外科医が診断します。

腹診(症)といって、医師は腹部を手で触診して、痛みの症状を診るのです。

 

  • 部位
  • 痛みの質と程度
  • 痛みの伝わり具合
  • 臓器の腫れの有無

 

これらは、とても大切な診断材料になります。

上手に症状を伝えるためにも、痛み(違和感)の位置や程度などを整理して、異常のある臓器や部位を予想してみましょう。

 

Sponsored Link

 

 

肋骨(あばら骨)辺りが痛い

肋骨

肋間神経痛

肋間神経痛は右腹というよりも右胸に近く、肋骨(あばら骨)に沿って痛みが走ります。

痛みは刺すような激痛で、しばらくすると治まる場合が多いという特徴があります。

 

右胸の痛みや違和感が・・・病気が原因!?

 

帯状疱疹

水疱瘡と同じウイルスで起こり、老化や免疫力が低下すると再発することがあります。

顔や胴体、腰などの神経に沿ってでき、胴体では背中から胸にかけて多く見られますが、片側のみ帯状に現れるのが特徴です。

通常は発疹が消えたら痛みはなくなりますが、高齢者の場合は帯状疱疹が治った後に痛みだけ残ることがあります。

受診する診療科は整形外科、帯状疱疹になってしまった後なら、内科か皮膚科に相談するのが良いでしょう。

 

帯状疱疹がうつる期間は?痛みのピークはいつ?

帯状疱疹の初期症状にかゆみはある?

 

Sponsored Link

 

 

右脇腹の骨がない所が痛い

左の脇腹 痛い

 

ちょうど肋骨と骨盤の間の骨のないところ、右脇腹部分の痛みや違和感は、多くの臓器の異常が考えられます。

胆嚢

胆嚢の病気は、右側の腹に痛みや違和感を感じる代表的な疾患の一つ。

胆嚢の役割は、肝臓で作られた、胆汁という消化液を一時的に貯めておくことです。

コレステロールやカルシウムなどが固まった結石ができると、右側の腹痛や違和感の原因になります。

 

胆嚢内に胆石があるだけでは鈍痛や違和感を感じるくらいで、治療の必要はありません。

しかし石が胆汁が流れる管(胆管)をふさいで胆汁が十二指腸に流れなくなると、胆嚢や胆管に炎症を起こして急性胆嚢炎や胆管炎を引き起こします。

 

この場合は重症化する可能性があるため、胆嚢摘出術を行うこともあります。

胆嚢に結石がある、と診断が付いていることが大切です。

医療機関への受診は、消化器内科になります。

 

Sponsored Link

 

腎臓

腎結石や尿管結石(右側の腎臓)は、右の脇腹(背中側)に痛みや違和感を感じる疾患の代表格です。

カルシウムや尿酸などからできた結石が腎臓にできるのが腎結石で、一部が尿管まで達し閉塞することで起こるのが尿管結石です。

ほとんどの片側にだけ起こるのが特徴で、特に尿管結石の場合は腎臓から尿の通り道がふさがれるため、激しい脇腹の痛みが突然起こります。

 

熱や下痢はありませんが、吐くほど痛むことがあり、特に痛む方の脇腹を軽くたたくと非常に痛みます。

腎結石は特別に治療することはありませんが、大きい場合や小さくても時々激痛を伴うときには、結石破砕術の対象になります。

医療機関への受診は泌尿器科になります。

 

肝臓

肝臓の病気の場合も右側の脇腹、少し背中側に鈍痛を感じる代表的な疾患の一つ。

肝臓はお腹の中央から右よりに大きく横たわっている、神経のない臓器です。

何らかの原因で肝臓に炎症があったり、アルコールの多飲など肝臓の酷使により腫れたときには、他の部分の痛みとして感じます。

 

肝臓そのものが痛いのではなく、肝臓に隣接している胃、腸、胆嚢などの臓器や筋肉などに影響を及ぼして、鈍痛や違和感として自覚するのです。

腰痛として感じることもあります。

 

肝臓の痛みはどうやって見分ける?

普通の腰痛や筋肉痛と肝臓が原因の腰痛や筋肉痛の違いは、寝たり起きたり、体位を変えても変わらず痛みが続く場合です。

また肝臓が原因の右脇腹痛の時には、食欲不振、胃痛、腹の張り、便秘、下痢などの症状が伴うことが多いです。

医療機関への受診は、消化器内科が良いでしょう。

腰痛や筋肉痛の時には整形外科に受診するかもしれませんが、長引くようなら視点を変えて、内科の疾患を疑ってください。

 

Sponsored Link

 

 

骨盤まわりの右脇腹

腸

 

骨盤あたりの右側の痛み(右側下腹部)で、痛みのある部分を抑えてすぐに手を離し、痛みが腹に響いて伝わる場合は、虫垂炎かもしれません。

虫垂炎

虫垂は大腸の右末端の位置で、大腸の盲腸部分にある筒のような袋です。

虫垂に異物や最近が入り込んで感染して炎症を起こした状態を虫垂炎といいます。

若い人に多く、手術する病気としては最も多いとされています。

 


最初は胃の痛みから始まることが多く、24時間以内に右下の脇腹へ痛みが移動し、発熱や悪寒を伴うことが多くなります。

熱があって下痢があるときは虫垂炎ではなく、食あたりなどの感染性腸炎かもしれません。

虫垂炎の場合は放置してしまうとお腹全体に広がって、熱も上がっていき、3日以内に虫垂が破れてしまいます。

すぐに消化器外科もしくは消化器内科に行きましょう。

ほとんどの場合手術で虫垂を取り除きますが、その前に抗生剤を点滴で投与されます。

 

 

さいごに

腹部の右側の痛みや違和感は、これらの臓器が異常を教えてくれている場合が多いです。

ひどい痛みではないからと放置せず、まずは医療機関に受診して医師に診断してもらうことをおすすめします。

おへその周りが痛いときに考えられる6つの病気

みぞおちを押すと痛いときに考えられる8つの原因!

 

Sponsored Link