くるぶしとは足首の内側と外側にある突起した骨のこと。

その周辺である足首に痛みがある時、一緒に腫れは出ていませんか?

足首は曲げたり捻ったりとよく動かす部分ですし、負担がかかりやすくなっています。

くるぶしに痛みや腫れがある時、どのような原因が考えられるのでしょうか。

 

Sponsored Links

 

くるぶしの下が痛い原因

足 けが

捻挫

足首をグキッとやったことのある人は多いのではないでしょうか。

何かの拍子に捻ってしまった時に、足首の関節にある靭帯を痛めてしまうと捻挫になります。

腫れと押したときの痛みが主な症状で、内出血を伴うこともあります。

捻挫は3段階に分けられる

捻挫は靭帯の損傷具合で3段階に分けられます。

 

  • 靭帯が伸びてしまっただけならば軽度
  • 一部分だけ切れているようなら中度
  • 完全に断裂している場合には重度

 

重度になるにつれて内出血や腫れの症状も酷くなり、歩行困難になるほどの症状を抱える人もいます。

内反捻挫

一般的にグキッとやってしまう捻挫は、内反捻挫という足首を内側に捻ってしまうもの。

捻った時に外側の靭帯に負荷がかかるため、腫れや痛みといった症状は外側に出ます。

外側の靭帯は足首を動かすときの可動範囲の関係で、もともと少し弱い作りになっています。

そのため、少しの衝撃でも捻挫を起こしやすく、また何度も繰り返すと捻挫癖がつきやすくなってしまいます。

外反捻挫

外反捻挫は、逆に足首を外側に捻ってしまうもので、内側に症状が出ます。

頻度はそれほど多くないのですが、内反捻挫よりも重症化しやすく、痛みが膝の内側にまで広がることもあります。

治療をしっかり行わないと後遺症が残ることもあり、最悪の場合、人工関節になってしまう可能性もゼロではありません。

 

骨折

骨が折れると痛みも激しくなるため、捻挫との違いは分かりやすいです。

思い切りぶつけたなど、思い当たる節があるはずなので、骨折かと思ったら速やかに整形外科を受診しましょう。

圧迫骨折と疲労骨折

注意したいのは、衝撃がかかった時に起こる圧迫骨折ではなく、徐々に蓄積した負荷による疲労骨折です。

足に負担のかかるスポーツをしている人に多く、痛みも運動した時にしか出ないこともあるため、気づかれにくい特性を持っています。

疲労骨折は、早い段階で治療をしないと治りが遅くなることもあります。

腫れてくる頃には、折れた骨が修復段階に入っているため、かなり症状が進んでいることになります。

痛みや違和感がある場合には一度、病院で診てもらうことをおすすめします。

 

Sponsored Links

 

痛風

痛風というと親指の付け根に出る印象が強いですが、悪化すると足の甲からくるぶしの辺りにまで、痛みや腫れが広がることがあります。

突然の激痛とともに、指の付け根から赤い腫れが広がります。

症状のピークは24時間ほどでその後、徐々に治まってきますが、根本的に治さないと再発を繰り返し重症化してきます。

 

痛風は尿酸が結晶化することで引き起こされるので、尿酸値が7.0mg/dl以上の人は要注意です。

プリン体の取り過ぎが一因のため、ビールやレバーなどプリン体を多く含む食品は控えましょう。

食事に注意していれば改善することもありますが、尿酸値が下がらなければ薬物療法を取ることもあります。

男性に多い病気なので、仕事のストレス発散でビールをよく飲む人などは、気をつけたほうが良さそうです。

 

偏平足

 

偏平足は土踏まずのアーチがなくなり、足の裏が平らになってしまうもの。

アーチは衝撃を吸収するクッションの役割を持っていますが、なくなると足に負荷がかかってしまいます。

内くるぶしの痛みから始まり、外側や土踏まずにも痛みが広がります。

運動不足や合わない靴が原因となり、ヒールのある靴を好んで履く女性も偏平足になりやすくなっています。

つま先立ちをしてみて、できないようなら偏平足の疑いがあります。

後脛骨筋腱機能不全症になることも

偏平足と切っても切れない関係にあるのが、後脛骨筋という筋肉です。

膝下から土踏まずの辺りにまで伸びる筋肉で、足の筋肉の中でも重要な役割を担っています。

後脛骨筋が伸びたり断裂したりすると内くるぶしから土踏まずにかけて、腫れや痛みが現れます。

 

ランニングやウォーキングをする人に多く、痛みが酷くないと「ちょっと走りすぎたかな」くらいで放置しがち。

しかし悪化すると激しい痛みで、歩くことすらできなくなることもあります。

偏平足や筋力不足の人は後脛骨筋腱機能不全症に陥りやすく、歩くときに踵の内側に重心をかける人も要注意です。

 

偏平足や後脛骨筋腱機能不全症になった場合、保存療法を取りますがひどくなると手術もありえます。

安静にして湿布や鎮痛剤、靴の中に入れる装具などを使って痛みを和らげ、アーチを支えるようにします。

踵の骨を切って矯正したり、後脛骨筋を別の筋肉と繋ぐような処置をしたりするので、かなり大変。

自分は偏平足だとわかっている人でくるぶしに痛みや腫れが出た場合は、速やかに病院で診てもらうようにしましょう。

 

Sponsored Links

 

外反母趾

外反母趾

 

親指が15°以上小指側に曲がっていると、外反母趾になります。

子供から大人まで幅広い年齢層になる可能性のあるもので、合わない靴を履く以外に、歩き方や姿勢が大きく関わっています。

本来、歩くときは踵から着地して、つま先へと重心移動をします。

 

しかし外反母趾の人は足の裏全体で着地してペタペタと歩いてしまうので筋肉が上手く使われず、筋力低下に繋がります。

外反母趾はくるぶしに痛みや腫れが出る以外にも全身の歪みへと繋がることもあり、意外と放っておけません。

筋肉をほぐすようなストレッチをしたり、足がきちんと固定される靴を選ぶこと、また歩く際に足の指に力を入れるように意識するだけでも大きく違ってくるので試してみてください。

 

こんな人は要注意!

足首や足裏に負担のかかりやすい人は、くるぶしに痛みや腫れが出やすくなるので注意が必要です。

肥満気味の人は、身体の全体重を支えている足首に負担がかかりやすくなっています。

歩くとすぐに痛くなるという人は、少し体重を落とすように心がけると良いかもしれません。

また運動不足の人は筋力が弱いため、様々な怪我の原因になります。

 

無理のない範囲で、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動から始めてみましょう。

少しの歪みでも足首に大きな負担がかかり、身体全体の歪みにも繋がってしまうので姿勢も重要です。

自分の姿勢をたまに確認してみると良さそうですね。

 

歩くと足首が痛い原因13個

足の甲が腫れて痛い原因8つ

足の裏が痛い!土踏まずとかかとの痛みは歩きすぎ?

 

Sponsored Links