虫刺され?それとも湿疹?足に出来たぶつぶつを、何となくの理由で放置していませんか?

かゆいからと言って掻いていると、余計にかゆくなったり跡が残ったり。

スカートを履いたりして、足を出す女性にとっては困りますよね。

足に赤いぶつぶつがかゆい時、考えられる原因や病気にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

Sponsored Links

 

足の赤いぶつぶつがかゆい原因

かゆい 痛い

接触皮膚炎

接触性皮膚炎は、何らかに触れたことによる“かぶれ”です。

かぶれでも、かさつく程度から赤く腫れてぶつぶつが出る、水ぶくれが出来るまで症状に差があります。

かゆみや痛みを伴うことも多く、たいがいの場合は“何か”に触れてから半日ほどで症状が出始め、1~2日ほどで治まます。

一般的な接触皮膚炎は「アレルギー性接触皮膚炎」と呼ばれるもので、何らかのアレルギー物質が触れることで発症します。

 

原因となるアレルギー物質は、金属や化粧品、花粉など。

外で草むらに入ったことや、毛虫に触ったなども原因として考えられます。

他には、灯油やガソリンなどの化学物質に触れることによる「急性毒性皮膚炎」や、シャンプーやリンスなどの普段使っているものによる「慢性刺激性皮膚炎」もあります。

治療

まずは、アレルギー性なら何が原因なのか、パッチテストなどをして判別します。

治療はステロイド外用薬や、抗ヒスタミンの内服薬などで症状を抑えます。

原因物質が分かるようなら、触れないように気を付けて生活しましょう。

 

Sponsored Links

 

乾皮症・皮脂減少性(欠乏性)皮膚炎

いわゆる“乾燥肌”がこれに当たります。

肌がカサカサして白い粉をふいたり、悪化すると皮膚がひび割れを起こしてしまうこともあります。

痛みやかゆみを伴うことも多く、掻きすぎると湿疹が出てしまうことも。

特に皮脂腺のない足の裏は乾燥しやすく、皮がむけることもあります。

 

基本的には、肌のバリア機能が低下して、皮脂の分泌量も減少する高齢者に多い疾患です。

空気が乾燥しやすい冬場に発症しやすく、最近ではエアコンの使用などで若い人や子供にも見られるようになっています。

ストッキングや靴下を履く時に、乾燥した肌に引っかかってはいませんか?

主婦や水仕事をする人では、手に出ることも多くなっています。

治療

治療は弱いステロイド剤や、炎症を抑える抗ヒスタミン薬を内服し、保湿も重要になってきます。

お風呂上りにボディクリームなどをしっかり塗るようにしましょう。

お風呂でゴシゴシ洗い過ぎないことも大切です。

 

貨幣状皮膚炎

乾皮症の乾燥肌が悪化すると、貨幣状皮膚炎を引き起こします。

10円玉から鶏卵ほどの円形、または楕円形の茶褐色の湿疹が出ます。

下肢、特に脛に出ることが多く、強いかゆみを伴うこともあります。

表面から浸出液が染み出てきてジュクジュクした後にカサブタができ、それが剥がれることで症状を繰り返すことになります。

 

主な原因は乾燥のため、冬場に多く見られます。

乾皮症が悪化することのほかに、金属アレルギーや細菌感染が原因となることも。

免疫力が落ちている人の場合、扁桃腺炎や歯周病が原因となっていることもあります。

もしくは乾皮症の時点で掻きすぎて、その時に出来た傷から細菌が入り込むということも考えられます。

治療

強いかゆみを抑えるため、ステロイド剤や抗ヒスタミン薬を使用しますが、歯周病などが原因になることもあるため、根本的な治療が必要となります。

乾燥対策として保湿は十分に行い、かゆいからといって掻かないようにグッと我慢することも大切です。

 

Sponsored Links

 

汗疱(かんぽう)

皮膚の内側に汗が溜まって水ぶくれを起こしている状態です。

手のひらに出来ることが多いのですが、その次に多いのが足の裏となっています。

1~2mmほどの水ぶくれが足の裏、特に指のまわりにできますが、水ぶくれが破けると「汗疱湿疹」となり、痛みやかゆみが現れます。

 

足の裏は汗腺が多い部分のため、汗をかきやすくなっています。

見た目が水虫と似ていて間違われることも多いのですが、水虫が白癬菌というカビの一種が原因であるのに対し、汗疱には菌が関係していません。

そのため人にうつるということもありません。

治療

ステロイド剤で炎症やかゆみを抑えるほか、サリチル酸ワセリンで角質を柔らかくして汗の排出を促します。

足の裏を清潔に保つことが重要ですが、石鹸の成分が合っていないといったこともあるので注意しましょう。

 

ダニ

虫刺されだけれど蚊ではないようであれば、ダニなど他の虫が原因かもしれません。

ダニは衣服の下の、皮膚が柔らかいところを刺していきます。

特に脇腹や太ももの内側などは大好物で複数個所を刺し、0.5mm~1mmの腫れがたくさんできます。

かゆみは刺されてから数時間後に出ることが多く1~2日ほどでピークに達しますが、激しいかゆみの場合はすぐに治まらず、1週間~1か月ほど続くこともあります。

 

実は、すべてのダニが人を刺すというわけではありません。

家の中ならツメダニかイエダニで、外ならマダニとなります。

マダニはペットにも見られ、噛まれると重篤な感染症になることもあるため注意が必要。

 

マダニは一度噛みつくと何日も離れないので、少し気持ち悪いかもしれませんが、噛みつかれたまま皮膚科に行きます。

ダニ以外では、ノミや南京虫などに刺されたということも考えられます。

ノミはジャンプできる範囲内である膝下を複数刺し、南京虫は2つ並んで刺すのが特徴です。

治療

ツメダニやイエダニで、症状が軽ければ市販のかゆみ止めでも大丈夫です。

しかし、かゆみが強いようなら病院でステロイド剤を貰いましょう。

特に布団に多くいるので、布団専用掃除機や布団乾燥機などを使って清潔にしていたいですね。

森林などに入る時は長袖・長ズボンで、虫よけスプレーを必ず使いましょう。

 

Sponsored Links

 

蕁麻疹

強いかゆみが特徴の蕁麻疹は、かゆみ成分であるヒスタミンが皮膚内で放出され、皮膚の下でむくみが起きている状態です。

紅斑のある盛り上がりが見られ、かゆみが激しいことが特徴ですが、数分~数時間、長くても1~2日ほどで跡形もなく治まることがほとんどです。

掻くと余計にかゆくなったり、跡が残ってしまったりするので、早めにかゆみを抑えて我慢することが大切ですね。

蕁麻疹の原因は実に様々。

 

  • アレルギー(食物、環境、虫毒など)
  • ベルトや腕時計、衣服のゴムなどによる圧迫
  • 温熱
  • 寒冷
  • 日光
  • ストレス

 

これらの何らかの刺激によってヒスタミンが放出されますが、どの原因でも、意外と足から症状が出始めることが多いそう。

靴下のゴムがきつかったり、サイズの合わない靴などが原因ということも考えられますね。

治療

原因が多すぎるため、どれか特定するのは難しいですよね。

そのため治療は、抗ヒスタミン薬などで症状を抑えることが主体となります。

寒冷蕁麻疹以外は患部を冷やすことも有効で、早めにかゆみを抑えて掻かないようにすることが重要です。

 

蕁麻疹は何科?痒くないものはある?

お風呂上がりにかゆいのは蕁麻疹?薬を飲んでも治らない理由

 

痒疹(ようしん)

虫刺されのようなものから始まり、長引くと何年も治らないということもあります。

大豆ほどの大きさのぶつぶつができ、虫刺されのように見えますが、酷くなると水ぶくれが出来ることも。

眠れないほどの強いかゆみが出ますが、掻くと悪化してしまいます。

 

はっきりとは分かっていないのですが、虫刺されの後に出ることが多いため、アレルギー反応との説が有力です。

また、糖尿病や肝臓病、血液疾患などと併発することもあります。

1か月以内に治る「急性痒疹」は5歳以下に見られることが多く、数か月~数年続くものは「慢性痒疹」と呼ばれます。

治療

ステロイド剤や抗ヒスタミン薬で症状を緩和させますが、長引くようなら注射など別の治療もあります。

また糖尿病などを併発している時は、その治療によって治まることもあります。

 

Sponsored Links

 

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

“掌蹠”とは、手のひらと足の裏のことで、“膿疱”とは、膿を持った水ぶくれのことです。

境界がはっきりとした赤いぶつぶつが特徴で、赤い腫れの中に膿を含んだ水ぶくれのようなものが見えます。

掌蹠膿疱症の人の多くが喫煙者であることから、たばこが大きく関わっていると言われています。

また、中耳炎や蓄膿症、歯槽膿漏などの人にも多く見られることから、慢性疾患も一つの要因とされています。

特に菌が絡んでいるとかではないので、人にうつることはありません。

治療

ステロイド剤で症状を抑えます。

症状がひどい場合は内服薬を使うこともありますが、副作用の心配も出てくるため慎重に。

それに加えて、喫煙者は禁煙を徹底することも大切です。

 

多形滲出性紅斑

腕と足に出る症状が左右対称で、親指の先程の大きさの赤い盛り上がりがあれば、多形滲出性紅斑
かもしれません。

一般的なものは「軽症型」と呼ばれ、症状が四肢のみで、かゆみも酷くありません。

気を付けたいのは「重症型」と呼ばれるもので、症状が皮膚や粘膜、内臓にまで全身に現れます。

高熱などの他の重篤な症状が出ることも特徴です。

 

軽症型は感染症の後に発症することが多いため、感染症に対するアレルギー反応との説が有力ですが、詳しいことは分かっていません。

若い女性に多く見られ、春~夏にかけて症状が出ることが多くなっています。

一方で重症型は、薬の副作用によるものがほとんど。

最も重症なものだと、「スティーブン・ジョンソン症候群」「中毒性表皮壊死融解症」の2つがあり、失明などの原因にもなります。

治療

軽症型は珍しい病気ではないため、ステロイド剤などでの治療で1~2週間ほどで治ります。

ただし、重症型は危険です。

「スティーブン・ジョンソン症候群」や「中毒性表皮壊死融解症」の薬を服用していて、副作用が見られる場合には、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

 

抗ヒスタミン薬でおすすめの市販薬6選《薬剤師監修》

体が痒いのはストレスが原因?病気の可能性も!

太もも内側にぶつぶつが!かゆい原因7つ

目の周りとまぶたが赤いしかゆい!6つの原因

 

Sponsored Links