リウマチというと「関節リウマチ」のことを指し、関節のまわりに炎症が起こるため痛みや動きの制限が出ます。

全国に70~100万人の患者がいるとされ、女性に多く30~50代で発症のピークを迎えます。

リウマチは進行性の病気なので、初期症状が出た段階で治療しないと完治が難しくなります。

 

Sponsored Link

 

リウマチの初期症状

関節痛の特徴

リウマチでは痛みのほか、こわばりや腫れといった関節症状が見られます。

初期のリウマチでは、以下のような関節症状があるかどうかが一つの基準となります。

「こわばり」

  • 症状が左右対称に現れる
  • 起床時に関節がこわばる
  • 1~2時間経つと元通りに動かせる

 

「痛み」

リウマチにおける関節痛には「運動痛」「圧痛」そして「自発痛」の三種類があります。

  • 運動痛:小さな関節(手や足の指)を動かすと痛い
  • 圧痛:押すと痛みがある
  • 自発痛:動かさなくてもジンジンする

 

「腫れ」

  • 関節が腫れている
  • 腫れている部分が紡錘状
  • やわらかくブヨブヨしている
  • さわると熱い

 

リウマチの特徴の一つである「朝のこわばり」ですが、関節を動かして疲れているときではなく、長時間身体を休めたあとに発生するというところがポイントです。

初期には数分~数時間で元通りに動かせるようになりますが、進行すると半日、もしくは一日中こわばりが続くようになります。

 

進行すると

リウマチは関節を覆っている「滑膜」という部分に炎症が起こっている状態です。

関節の炎症が続くと、まわりの軟骨や骨が破壊されていき、関節が変形していきます。

それにより動かせる範囲が狭まっていき、日常生活に支障をきたしてしまうことも。

また関節がずれることで、手の指が小指側に曲がるというのもリウマチの特徴の一つです。

 

その他の症状

リウマチは免疫の異常によるものなので、関節症状だけでなく、全身症状も現れる疾患です。

関節の痛みや腫れのほかに、以下のような症状が見られる場合には注意が必要です。

 

  • 気分がすぐれない
  • だるい
  • 微熱が続く
  • 食欲がない
  • 体重が落ちる
  • 貧血

 

進行すると、肺や心臓、神経、血管、目などにも症状が出てくることがあります。

 

Sponsored Link

 

腫れて痛む場所

 

リウマチでは、手や足の指といった小さな関節から症状が出始めることが多くなっています。

しかし、指の関節が痛いからといって、必ずしもリウマチであるとは限りません。

 

リウマチでは、

  • MP関節:指のつけ根の関節
  • PIP関節:第二関節(指先から二つ目)

 

の二つに症状が出ることが多くなっています。

ただし、PIP関節(第二関節)は変形性関節症においても症状が出やすいとされています。

腫れているかどうかは、実際に自分の指で触って、ほかの関節と比較することでわかります。

 

リウマチでは紡錘状(筒状に膨らんだような形)に腫れるため、手のひら側だけが腫れているなどの場合は、また違った疾患である可能性も考えられます。

足の指の場合は、親指のつけ根以外の関節が痛いときにリウマチである可能性が強くなります。

足の親指が痛いときに有名なのは痛風ですね。

 

進行すると大きな関節へ

進行すると、最初は手や足の指といった小さな関節のみだった症状が手首や足首、ひじ、ひざ、股関節といった大きな関節にも現れるようになります。

ただし手や足の指に関節症状がなく、突然にそういった大きな関節に症状が現れた場合には、リウマチ以外の病気を考えたほうが良いのかもしれません。

 

Sponsored Link

 

似ている他の病気

関節痛があると「リウマチだ」と思って病院に行く人は多いようです。

ですが、実際にリウマチと診断されることは意外と少なく、別の疾患が原因となっているケースも多くあります。

ここでは、関節痛があるときに考えられる、他の病気について見ていきたいと思います。

変形性関節症

実際のところ関節症状があって受診したときには、リウマチよりも変形性関節症と診断されることのほうが多いようです。

変形性関節症は加齢や、関節の使いすぎにより発症するもの。

軟骨がすり減ったり、骨が変形したりすることにより、関節に炎症が起こります。

 

変形性関節症では、

  • DIP関節:第一関節(指先に一番近い関節)
  • CM関節:親指のつけ根の関節(手首に近い部分)

 

に症状が出ることが多く、関節部分にリウマチのような熱感はなく、触った感じも冷たく硬いのが特徴です。

 

変形性膝関節症

変形性関節症のなかでも、膝で発症するケースが最も多いと言われています。

加齢のほか、肥満により膝に負担がかかることも原因とされています。

初期には立ち上がったり歩き始めたりしたとき、長時間にわたって歩いたり運動したりしたときに痛みが発生します。

 

肩関節周囲炎

痛みが肩関節だけなら肩関節周囲炎、いわゆる四十肩や五十肩であることも考えられます。

こちらも主な原因は加齢となっていて、どちらか片側だけに痛みなどの症状が現れることが多いようです。

 

二の腕が痛い!上腕の痛みが出る9つの原因

 

化膿性関節炎

外傷により傷口から細菌が侵入したり、体内の炎症性疾患が原因になったりして、関節に炎症が起こることもあります。

炎症が続くと、まわりの軟骨や骨が破壊されて障害が残ってしまったり、変形性膝関節症などが後遺症として残ることもあるため注意が必要です。

 

痛風、外反母趾

足の親指のつけ根に痛みがあるときには、痛風、もしくは外反母趾ということが考えられます。

痛風は尿酸値が高いことが原因で、結晶化した尿酸によって関節痛が引き起こされます。

外反母趾は合わない靴が原因となり、親指が人差し指側に曲がって関節の突き出た部分に痛みが出ます。

 

Sponsored Link

 

 

リウマチの原因

はてな

 

リウマチの原因は不明で、いくつかの要因が重なることで発症するのではないかと言われています。

免疫異常

リウマチの原因として有力なものの一つに免疫異常があげられます。

免疫は外敵から身体を守るためのものですが、自己免疫疾患により免疫機能にエラーが起きると、自分の身体も敵とみなして攻撃してしまうことがあるのです。

リウマチでは、関節を支えている組織の一つである滑膜が攻撃され、炎症を起こしてしまうことが原因ではないかと言われています。

また自己抗体の一つである「リウマトイド因子」というものも大きく関係しているとされ、検査によってリウマトイド因子が陽性反応を示すと、リウマチを発症している可能性が高くなるようです。

 

遺伝

親がリウマチを発症すると、子もリウマチを発症する可能性が2~4倍にまで上がるとされていますが、関連性は不明です。

遺伝的要因にはもう一つ、白血球の血液型(HLA)が「HLA-DR4」というタイプだとリウマチを発症しやすいとのデータもあります。

HLA-DR4にもいくつかの種類があり、その中の数種類では重症化しやすい傾向にあるようです。

遺伝などの先天的な要因は、リウマチ患者全体の30%以下とされ、残りの70%は後天的な要因が関係していると言われています。

考えられるものとしては、感染症、炎症を誘発する「T細胞」というものが活性化すること、遺伝子変異などがあげられます。

 

Sponsored Link

 

 

リウマチの治療法

 

 

リウマチは早期治療ならば完治も十分に見込めるので、しっかりと“リウマチの治療”に専念することが大切です。

初期段階で「それほどひどくもないし大丈夫だろう」と治療を後回しにしてしまうと、悪化して治らなくなってしまうこともあります。

リウマチは進行性の病気なのだということを忘れないでくださいね。

薬物治療

リウマチの治療では、抗リウマチ薬や非ステロイド系炎症薬などを併用することで効果が見込めます。

抗リウマチ薬

抗リウマチ薬は、免疫異常に直接的にはたらきかけることにより炎症を鎮める薬です。

以前は弱い抗リウマチ薬を徐々に強くしていく治療でしたが、関節破壊は2年で急激に進むことが分かってきたため、最近では最初から強めの薬を使うようになっています。

 

非ステロイド系炎症薬

炎症や痛みを鎮めるために使われますが根本的な治療にはならないため、抗リウマチ薬などとの併用が求められます。

 

副腎皮質ステロイド薬

非ステロイド系炎症薬が効かない時に使われることもありますが、骨粗しょう症などの副作用の危険性もあるため、最低限の服用にとどめることが求められます。

低用量で経口服用となることが多いですが、関節の変形予防には局所的に注射することも有効です。

 

バイオ医薬品(生物学的製剤)

近年開発されたバイオ医薬品は、抗リウマチ薬と併用すると半分以上の人は炎症や痛みがなくなり、関節破壊を食い止めることができるようになりました。

特に初期段階から使用することで、日常生活を送れるまでになっています。

 

Sponsored Link

 

リハビリ

痛みがあったり動かしづらいからと言って動かさないようにして生活していると、関節や筋肉の機能はどんどん低下していってしまいます。

症状を改善させるためには薬物治療が有効ですが、元の状態に戻すためにはリハビリが重要な役割を果たします。

ただし、無理に動かすと炎症が悪化してしまうこともあるので、必ず専門医の指導を受けて行ってくださいね。

運動訓練

炎症によってダメージを受けた関節に、できるだけ負担をかけずにリハビリを行うためには、プールを使うことが有効です。

水の浮力によって体重を軽くすることができるので、無理なく水泳を行うことができます。

ただし水泳となると施設の確保や準備などの問題もあるので、自宅で手軽にできるものだと関節の曲げ伸ばしを行わないストレッチが有効になります。

 

日常生活で注意したいこと

リウマチは完治させるためには早期治療を重点的に行うことが大切です。

治療をしないと進行して悪化すると関節だけではなく、全身へと症状が広がるものだということは理解しておきましょう。

リウマチは痛みや可動域制限などが出て、日常生活でも不便を感じることが多くなりますが、患部を保護しすぎるのも良くありません。

弱った関節や筋肉を、発症前のもとの状態に戻すためには、医師から指示された治療法をきちんと実践することが大切です。

リハビリも「治った後に元通りの生活をするため」に必要なものだと思って行いましょう。

 

補助器具の使用

リウマチの症状が手指の関節に出ると、ぎゅっと握ることが困難になってしまい、様々なものをしっかり掴むということができなくなります。

日常生活を送りやすくするために、普段使うものも握りやすいものに変えたりすると良いでしょう。

また、関節の変形防止のための装具などもあるので、使用を検討してみても良いかもしれません。

 

手術

上記の治療を行っても改善されない場合、必要に応じて手術をすることもあります。

手術では人工関節への置き換えなどが行われますが、リウマチでは1か所ではなくなるため、どの関節で手術を行うのかを見極める必要も出てきます。

生活の質(QOL)の低下の度合いや手術によるメリット、リスクなどを専門医とよく相談したうえで、どのタイミングで手術を受けるのか決めていきましょう。

 

 

病院の何科を受診する?

病院

 

リウマチというと整形外科の専門のような気もしますが、症状が関節だけにとどまらないことも多いので内科の専門となることもあります。

総合的に診てくれるのは「リウマチ科」で、総合病院などに併設されていることが多くなっています。

またリウマチの専門医としてリウマチ学会で認定を受けた医師も全国にいるため、「日本リウマチ友の会」に電話で問い合わせてみるのも良いでしょう。

ほかにも日本整形外科学会による認定医もいるので、ホームページなどを見てみるのも良いかもしれません。

 

朝手がこわばる原因と4つの病気!

 

Sponsored Link