今、風邪をひいているという方、それは本当にただの風邪ですか?

RSウイルス感染症は、一見ただの風邪のように見えて、乳幼児を中心に重症化することもある少し怖い感染症です。

近くにいる乳幼児にうつさないように注意しなくてはいけません。

RSウイルスの潜伏期間や、熱や喉の痛みなどの症状がどれくらい続くのかなどを見ていきたいと思います。

 

Sponsored Links

 

RSウイルスの症状と潜伏期間

肺

 

RSとはRespiratory Syncytialの略で、Respiratoryには「呼吸器系の」という意味があります。

つまり呼吸器系の症状が出る感染症のこと。

RSウイルスに感染すると「RSウイルス感染症」と診断されます。

潜伏期間

RSウイルス感染症の潜伏期間は2~8日となっていて、一般的には4~6日で症状が出始めることが多いようです。

症状はまず、38~39度程の発熱・のどの痛み・咳・鼻水などで、普通の風邪の症状と違いはありません。

ウイルスが鼻や喉から侵入し付着するため、上気道での症状が中心となります。

 

軽症ならば1~2週間ほどで治るものですが、そこから重症化する恐れがあるのが、RSウイルスの怖いところ。

症状が上気道から下気道へと進行すると、呼吸がゼイゼイして息苦しい喘鳴を起こします。

そこから細気管支炎や肺炎などの下気道疾患を起こすこともあり、特に気を付けたいのは、生後数週間~数か月の乳幼児です。

 

乳幼児期は危険?

RSウイルスは感染力が非常に強く、1歳までには50%以上が、2歳までにはほぼ100%が感染すると言われています。

ほとんどの子供が2歳までに一度は感染するRSウイルスですが、生後数週間~数か月での感染には特に注意が必要。

この時期に感染した乳幼児の2~3割は、上気道の症状から、細気管支炎や肺炎などの下気道疾患へと進行するというデータがあります。

 

それ以外にも合併症の危険性があります。

RSウイルス感染症になった乳幼児の半数以上が急性中耳炎を併発し、そのうちの7割はRSウイルスが原因と言われています。

ほかにも脳症や脳炎などの中枢神経疾患、乳幼児突然死症候群(SIDS)にも注意が必要です。

重症化が心配されるRSウイルス感染症ですが、繰り返し感染することで少しずつ免疫がつき、3歳を過ぎる頃には感染しても軽い風邪のような症状しか出なくなります。

 

Sponsored Links

 

重症化のリスクが高いのは?

赤ちゃん

 

乳幼児期において重症化が心配されるRSウイルス感染症ですが、特に以下の場合は、さらにリスクが高まるため注意が必要です。

 

  • 低出生体重児
  • 心臓や肺の基礎疾患を持っている
  • 免疫不全

 

RSウイルス用のワクチンは今のところありませんが、下気道炎の発症を軽くする抗体であれば投与することができます。

この抗体は遺伝子組み換え技術で作られたもので、1か月毎に投与することで重症化を予防することができます。

 

RSウイルス感染症が流行する時期

RSウイルスは毎年流行するものですが、時期的には冬~春先にかけて多く見られます。

この時期はインフルエンザも流行しますよね。

インフルエンザも重症化しますが、RSウイルス感染症はインフルエンザよりも怖いと言われています。

 

呼吸器系への感染により、呼吸がゼイゼイする喘鳴や気管支炎を発症して重症疾患へと悪化しやすいためです。

この2つの流行のピークは重ならないことが分かっていますが、どちらも冬場に流行するため、同時感染という危険性もあります。

同時感染すると肺炎などを併発するリスクも高まるため、抵抗力の少ない乳幼児や高齢者は、特に気を付ける必要性があります。

 

Sponsored Links

 

 

RSウイルス感染症の検査と治療

RSウイルス感染症の検査

RSウイルスを始めとする風邪の病原体というのは、実に200種類以上とも言われています。

その中からRSウイルスだと特定するのは難しいため、問診で「風邪」と診断されて終わりということが多くなります。

ただし乳幼児の場合、重症化の恐れもあるため、しっかりとRSウイルスだと特定してほしいという人も多いことでしょう。

そこで使われるのが30分ほどのRSウイルス簡易検査です。

 

検査はインフルエンザと似ていて、綿棒で鼻の粘膜を採取することで行います。

ただこの検査だけではRSウイルスと断定することはできないことが多く、血液検査やレントゲンが必要となることもあります。

1歳未満は保険適用と幼児医療により実質0円で検査が受けられるため、検査をしたい方は相談してみると良いでしょう。

それ以外の人は自己負担となるため、数千円ほどの費用がかかります。

 

治療法

残念ながらRSウイルスに効く抗ウイルス薬は存在しないため、症状を和らげる対処療法での治療が中心となります。

自宅でできること

鼻水や咳などの症状を緩和する薬を服用していても、すぐに良くなるわけではありません。

水分不足になると鼻水や痰の粘度が増してしまい、息苦しさが続くので、こまめな水分補給をすることが大切。

また栄養のある食事や睡眠で体力を回復させたり、加湿器で乾燥対策をすることも効果的です。

もし自力での水分補給が難しい時や、症状が苦しそうだという場合には、入院をして輸液処置などをすることもあります。

 

吸引が効果的

乳幼児の場合、嫌がることも多いですが、鼻水や痰を吸引することが効果的との見方もあります。

鼻水や痰は粘度を増すと、呼吸が苦しくなり喘鳴なども起こしやすくなりますよね。

そこで吸引をすることにより、息苦しくて眠れないといったことも改善され、回復が早まるのです。

RSウイルスの治療は、喘息などで使われる気管支拡張剤はあまり効果がないといわれています。

しかし吸引で上気道の通りを良くしてから気管支拡張剤を使用すると、薬剤が下気道にまで届きやすくなり、効きやすくなるようです。

 

Sponsored Links

 

 

大人からの感染に注意!

感染経路

RSウイルスの感染経路は主に2つあります。

 

  • 飛沫感染・・・飛び散るしぶきという意味で、咳やくしゃみで飛んだウイルスを吸い込むことによるもの
  • 接触感染・・・感染者に触れたり、物を介して感染するもの

 

RSウイルスは水疱瘡や結核、麻疹のように空気中にふわふわ浮いているウイルスを吸い込んでも、感染はしません。

飛沫や手に付着したウイルスが鼻や口から入ることで感染するため、流行している時期はマスクや手洗いで予防することが大切です。

 

大人から感染する!

RSウイルス感染症は3歳を過ぎたころには、感染しても症状が軽症で済むことが多くなっています。

その時に注意したいのは、症状が軽い風邪のようなものなので、自分がRSウイルスに感染していると気づかず、乳幼児に接触してしまうこと。

ただの風邪だと思って赤ちゃんのお世話をしていたら、赤ちゃんがRSウイルス感染症になってしまった、なんてことは避けたいですよね。

近くに乳幼児がいる時は、ただの風邪だと思っても、マスクの着用や手洗いうがいの徹底が重要です。

また、子供がよく触れるもの(おもちゃ・ドアノブ・手すり・食器など)をこまめに消毒することも有効。

 

Sponsored Links

 

 

RSウイルスの大人の症状は?

 

 

大人の場合、RSウイルスに感染しても免疫ができているため、軽い風邪症状で終わることが多くなっています。

気にせずに済ましてしまいがちですが、乳幼児にうつさないように、知識を身につけておくと安心ですね。

大人の症状

大人の症状も、乳幼児のものと変わりはなく、潜伏期間2~8日の後、発熱・のどの痛み・咳・鼻水といった風邪症状が出ます。

大人の場合は数日~1週間ほどで治ってしまうことがほとんどですが、稀に治りが遅かったり、気管支炎などを起こすこともあります。

大人から乳幼児への感染が懸念されますが、逆に子供から大人へと感染した場合には、治りが遅くなる傾向があります。

子供と接触する時間が長いと、より多くのウイルスを吸い込んでしまうため、症状が重くなりやすいそうです。

また患者と接することの多い医療従事者や、幼稚園と接触する職業の人も感染しやすいため、流行しやすい冬場には気を付けなくてはなりません。

高齢者や妊婦は要注意

高齢者の場合、呼吸器や心臓に疾患があると重症化しやすくなるため注意が必要。

RSウイルスによる高齢者の致死率は、インフルエンザでの致死率と同等だといわれることもあります。

検査を受けてRSウイルス感染症を特定できれば良いのですが、保険適用外のため受けない人がほとんどという現状があります。

また妊婦さんは感染しても、症状を緩和する薬をほとんど使うことができません。

RSウイルス感染による胎児の影響は、特に報告が上がっていないので、安心して大丈夫でしょう。

 

 

さいごに

RSウイルスにはワクチンがなく、薬が効かないため、日頃から手洗いやうがいでの予防は大切です。

感染してしまったらゆっくり休んで体力をつけ、回復に専念することが重要になります。

 

ハイドロ銀チタンが世界を変える!細菌や花粉を水に変える技術とは?

溶連菌感染症の潜伏期間 | 大人の症状はコワイ!

カンピロバクター食中毒の症状はうつる?感染経路や潜伏期間と治療法

 

Sponsored Links

 

【参考】
厚生労働省「RSウイルス感染症Q&A」
国立感染症研究所「成人・高齢者におけるRSウイルス感染症の重要性」
「RSウイルス感染症 まずは分泌物を除去」日経メディカル