喉が痛い・・・

喉の痛みの原因は、圧倒的にウイルス性と細菌性のものが引き金になります。

細菌性のものは連鎖球菌によって、より深刻な状態になることも。

しかし多くの場合は風邪の症状とともに起こる、ウイルス性で自然に治ります。

細菌性とウイルス性咽頭炎の違いや自己治癒力を高める「喉に良い飲み物」と「食べ物」をご紹介します。

 

Sponsored Link

 

喉の痛みが治らない原因は?

細菌

喉の痛みはウイルス性のものが大半ですが、連鎖球菌という細菌によって引き起こされることがあります。

これは通常のウイルス性のものよりもやっかいです。

連鎖球菌性咽頭炎は鼻水や唾液などによって、人から人へ感染します。

5歳から15歳の子供の感染が多いといわれていますが、大人もうつる場合があるので注意しましょう。

 

細菌性咽頭炎の症状

  • 突然の喉の痛み
  • 唾を飲むと喉が痛い
  • 食欲の低下
  • 扁桃腺が赤く腫れていて、白い点がある
  • 発熱
  • リンパ節の腫れ

 

細菌性咽頭炎の治療

連鎖球菌という細菌自体は抗生物質などの薬がよく効くため、心配する必要はありません。

ただしこの病気で気を付けなければいけないのが、リウマチ熱や心臓膜炎などの病気を合併してしまうことです。

絶対に放置せず、必ず早めに病院に行って抗生物質を処方してもらってください。

自己判断で途中で服用を止めず、処方された量を必ず飲みきるようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

ウイルス

ウィルスが原因となる喉の痛みは鼻水、咳、涙目やくしゃみなど他の風邪の症状が出ることが多いです。

ウィルス性咽頭炎の症状

  • 鼻水やくしゃみ
  • 咳が出る
  • 頭痛がする
  • 全身の関節の痛み
  • 発熱

 

ウイルス性咽頭炎の治療

ウイルスが原因の風邪や喉の痛みに対しては、抗生物質が使えません。

抗生物質は細菌に対してのみ効果的です。

ウイルスによって引き起こされる喉の痛みには効果がないので、自己治癒力で治していくことになります。

 

Sponsored Link

 

 

喉に良い食べ物

ネギを首に巻く?

昔から「風邪を引いて喉が痛いときには、長ネギを首に巻くと良い」という言い伝えを耳にしたことはないでしょうか。

でも実際にやってみた方は少ないと思います。

言葉のまま想像すると、ちょっと笑ってしまいますよね!

 

実はこれ、長ネギに含まれる辛み成分アリシンという物質に効果があり、他にもニンニクやタマネギなどに含まれます。

アリシン自体はさほど安定した成分ではなく、熱や酵素などによりアリル化合物に変化します。

アリシンには「抗酸化作用」「殺菌・抗菌効果」「ビタミンB1の吸収を助ける」などの効果が認められています。

 

実は効果なし・・・

ただ「刻んだり、焼いたり」してガーゼに包み、その成分を吸入するだけでは効果はなさそうです。

皮膚から吸収することも望めないので、おすすめは「アリシン」を多く含む食材を積極的に食べることです。

長ネギを味噌汁に入れたり、ニンニク料理を食べるのも良いでしょう。

体内でアリシンが力を発揮し、喉の痛みから解放されるに違いありません。

 

にんにくや玉ねぎに含まれるアリシンの効果って?

 

大根

大根は昔から「医者いらず」の野菜の一つとして言い伝えられています。

他にもリンゴや梅干しなどがあります。

大根のジアスターゼ成分は「消化促進」で有名ですが、イソチオシアネート成分による殺菌作用はあまり知られていないかもしれません。

 

辛み成分に殺菌作用が!

イソチオシアネートは大根の辛み成分です。

大根おろしはすり下ろした直後は辛みが強いですが、時がたつにつれて、辛みが消えて食べやすくなりますよね。

 

大根に殺菌効果を期待するなら、おろしたてを食べてください。

イソチオシアネートが分解される前に食べると効果的です。

イソチオシアネートは熱に不安定なので、大根をすり下ろすか刻んで、生のままの出てきた辛い液を使ってください。

 

Sponsored Link

 

はちみつ

 

一方はちみつは太古の昔から、さまざまな薬学書の中でその殺菌効果をうかがわせる記載があります。

はちみつに含まれるグルコースオキシダーゼは、酵素の働きをする中で過酸化水素を発生させ、殺菌作用を示すといわれています。

過酸化水素はオキシドールといって、昔すり傷の消毒に使われていたものです。

 

乳幼児には与えてはいけない!

両方合わせたはちみつ大根はまさに殺菌作用を持つ成分を合わせた、合理的な喉に良い食べ物といえそうです。

ただし、はちみつは乳児ボツリヌス症を発症する可能性があるため、1歳未満の乳幼児には与えてはいけません。

はちみつにはボツリヌス毒素が含まれていて、大人は腸内で退治できますが、乳児はできないので要注意です。

 

 

喉に良い飲み物

カリン

カリンをご存じでしょうか?黄色いパパイヤに似た果物で皮が堅い果実が実ります。

秋にこの実を収穫して台所に置くと、カリンの香ばしいにおいで充満します。

 

喉の炎症に効果的

カリンの実は昔から砂糖づけや果実酒にされ、咳や痰、喉の痛みに効果がある食べ物として重宝されています。

でも香りに惹かれて食べてみるととても渋くて、食べられたものではありません。

カリンにはビタミンC、リンゴ酸などの他に、アミグダリンという成分が含まれています。

 

アミグダリンが加工の経過で、喉の炎症を抑える効果をもつ物質に変化し、効果をあらわします。

家庭によっては梅酒のように焼酎づけして、冷蔵庫に保存しているようです。

 

カリンのお酒

かぜを引いたときなど、お湯割りで食前酒として出すところもあります。

あまりおいしいものではないようですが、喉がほっこりとして痛みが和らぐのでおすすめです。

家庭にカリンの木が無い方も、市販のカリン酒を是非お試しください。

 

ネット上にはたくさんの種類が販売されています。

また仕事上お酒がダメな方や、妊婦・授乳婦の方にはカリンの砂糖づけなども市販されていますので、一度試してみてください。

 

 

さいごに

喉の痛みに効果あると思われる良い飲み物と食べ物を紹介しました。

ただしこれらはあくまでも補助の治療方法なので、効果には限界があります。

あくまでも抗生物質内服やうがい薬を実践したうえで、うがいの代わりとなるものです。

医師の指示に従った治療法を正しく行った上で、民間療法を取り入れましょう。

 

Sponsored Link