「人食いバクテリア」・・・って名前がおどろおどろしいですね。

溶連菌感染症によくかかるのは、2~3歳から中学生くらいとなっていますが、大人でも感染することはあります。

大人が注意すべきなのは、急激に進行して致死率30%にもなる、別名「人食いバクテリア」(劇症型レンサ球菌感染症)。

この劇症型は一般的なレンサ球菌とは区別されます。

ただし、普通の溶連菌感染症であっても感染力は強いので他の家族にうつさないように注意が必要です。

 

Sponsored Links

 

溶連菌感染症の症状

はてな

 

溶連菌感染症はA群溶血レンサ球菌が原因で起こり、季節的には春~初夏と冬の2回、感染のピークがあります。

咳や鼻水以外の風邪に非常に似た症状が現れ、イチゴ舌と呼ばれる特徴的な症状が出てきます。

その名の通り、イチゴの様にブツブツとしたものが舌に出てくるのです。

次第に熱が下がり、症状が治まってきた頃に、手足の皮膚がむけてくることがあります。

 

  • 38~39℃の発熱
  • 喉の痛み
  • 嘔吐
  • 顔や体に痒みを伴う発疹
  • イチゴ舌
  • 手足の皮膚がむける

 

大人は「人食いバクテリア」に注意!

溶連菌感染症の一般的な症状は喉の痛みなどの咽頭炎で、子どもに多く見られます。

しかし特に30歳以上の大人の場合、気をつけなければいけないのは劇症型レンサ球菌感染症に進行してしまった場合。

急激に進行して多臓器不全となり、致死率30%となってしまう恐ろしい病気です。

「人食いバクテリア」は、メディアでもかなり取り上げられたので、聞いたことがあるかもしれません。

 

劇症型になってしまうのは、傷口からの感染と言われていますが、はっきりしたことは分かっていません。

通常はレンサ球菌が入ることのない肺や血液、筋肉などの内臓に入り込むことで、激烈な症状を引き起こすのです。

中には発症してから数十時間で亡くなる方もいます。

子どもがかかるレンサ球菌とは区別されますが、元は同じ菌なので予防法は基本的に同じになります。

 

感染経路と潜伏期間

ここからは普通のレンサ球菌の感染経路や潜伏期間、検査方法について見ていきます。

ほとんどは飛沫感染といって溶連菌に感染している人の咳やくしゃみなどでつばが撒き散らされ、それを浴びることによって感染します。

潜伏期間は2~5日ですので、症状が出る前に飛沫感染してどんどん広がっていくわけです。

溶連菌の予防接種はありませんので、手洗いやうがい、マスクなどで予防するしかありません。

 

Sponsored Links

 

検査方法

 

溶連菌感染症の症状はとても特徴的なので、医師が見れば見た目でもほぼ診断できることが多いです。

しかし、その他のウイルス感染による喉の炎症なども可能性はあるので、確実に診断する為に検査を行うことがほとんどです。

レンサ球菌抗原迅速検査

綿棒で喉の粘膜をこすり、溶連菌にのみ反応する物質に反応があるかどうかをみます。

結果が出るのにかかる時間が15分程度なので、その日にすぐに結果を聞くことができます。

しかし、他の病気の治療の為などで抗生物質を服用していた場合は、正確に検査ができません。

また、稀にうまく反応しない場合もあります。

 

咽頭培養検査

綿棒で喉の粘膜をこすり、菌がいるのかを培養しますが、結果が出るのに数日かかってしまうのが難点です。

しかしもし溶連菌でなかったとしても確実に原因菌が分かり、効果的な薬の判断材料にもなります。

薬が効きにくい種類の菌であったり、再発を繰り返している人にとっては、確実に治療をする為に最適な検査といえるでしょう。

 

血液検査

採血をして、白血球数や炎症反応をみることもあり、細菌かウイルス性なのかもおよそ判断できます。

また溶連菌に感染すると高くなるタンパク質があるので、その値を確認することもあります。

 

Sponsored Links

 

 

溶連菌感染症の治療方法

 

抗生物質を飲めば大体2~3日で熱も下がり、症状も改善します。

ただ溶連菌は合併症を引き起こすことが怖いので、症状の改善に関わらず10日~14日は必ずお薬を飲み続けましょう。

ちなみに登校は、解熱して全身の症状もなくなれば可能になります。

2~3日経っても熱が下がらない場合は、薬が合ってないことや、他に原因があるかもしれないので必ず再受診して下さいね。

自宅療養中気をつけるポイント

水分をしっかり摂る

発熱や喉の痛みから、水分不足になることがあります。

食事が喉を通らなくても、水分はこまめに摂るようにしましょう。

 

食事に気をつける

喉が痛くて、食べづらいこともあると思います。

喉越しがよく消化のよいものを摂り、喉に刺激になるようなものは避けましょう。

例えば、ゼリーやヨーグルト、お粥や煮込みうどんなどが良いですね。

逆に、熱すぎたり冷たすぎたりするものは刺激になります。

 

溶連菌感染症は合併症が怖い

先ほど溶連菌感染症は合併症が怖いとお伝えしましたが、割合としては全体の1%ほどなのです。

しかし、ゼロではなく可能性があるので注意は必要です。

 

リウマチ熱

溶連菌感染症の治療が不十分なことから発症します。

39度の発熱と強い関節痛を伴います。リウマチ熱から心臓へ影響を及ぼすこともあります。

 

急性糸球体腎炎

この病気の原因は9割が溶連菌感染症となっています。

血尿や浮腫、尿量の減少などで気付きます。子供の場合は予後が悪いことはほとんどありません。

 

中耳炎

これは溶連菌感染症特有というわけではありません。

耳だれや発熱、痛みが出ます。重篤な後遺症などが残ることはありません。

 

とびひ

これはアトピーがある場合には特に注意が必要です。

発熱や溶連菌の発疹によりアトピーの痒みが増大します。

痒みにより皮膚を掻き毟り、溶連菌が皮膚感染を起こすととびひを起こしてしまうことがあります。

 

Sponsored Links

 

確認検査を行う

211124

病院で処方された通りにしっかり薬を飲んだら、完全に治療できているかどうか確認する必要があります。

これは尿で確認するのですが、腎炎を起こしていないかどうかを見ています。

これで問題が無ければ溶連菌感染症が完治したといえます。

 

溶連菌には数種類の型があるので、何度か感染を繰り返すことがあります。

ただ、しっかり治療すればすぐに症状も治まりますし、心配しなくてもよい病気です。

気になる症状が出たら、すぐに病院を受診して早めに対処するようにしましょう。

 

溶連菌はうつる!大人は会社に行ってもOK?

RSウイルス|大人の症状と潜伏期間を知ろう!

 

Sponsored Links