目の上にができてしまうと見た目もよくないし、お化粧もできないので心理的にもストレスになってしまいますよね。

ものもらいは若い女性に多く、目の際ギリギリに引くアイラインやマスカラなどが原因となっているようです。

 

Sponsored Link

 

麦粒腫

目
ものもらいは 麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と霰粒腫(さんりゅうしゅ)の2種類。

地域によってめばちこ、めいぼなどさまざまな呼び方があります。

マイボーム腺という目の縁にある小さな穴が詰まってしまい、炎症して赤く腫れたりシコリができます。

 

目がごろごろする、まぶたや目の粘膜の上にしこりができ、瞼が赤く腫れ、痛みや痒みを感じます。

これはマイボーム腺から皮脂が出過ぎて、細菌に感染したことが原因。

脂っこいものを食べ過ぎた後などは、ものもらいと同時に、頬や鼻のニキビが一緒にできてしまうこともあります。

 

細菌感染が原因

麦粒腫は黄色ブドウ球菌に感染しておこります。

黄色ブドウ球菌は私達の喉や鼻、皮膚や毛髪などに常にある細菌で珍しいものではありません。

 

免疫力が下がっていなければ感染しても発症しませんが、疲れがたまっていて体力が落ちていると感染してしまいます。

細菌感染ですが、はやり目などと違って人にうつるものではありません。

 

治療法

366228

初期段階

初期段階であれば、市販の抗菌剤目薬は効果があります。

ドラッグストアで売っているので、専用の目薬を使いましょう。

市販薬を使っていても効果がない場合や、以前よりも悪くなったと感じたら、眼科受診をして下さい。

膿が自然に出るのを待つ

悪化すると膿がたまってふくらんでしまい、痛むことも。

放置すると最後は破裂して膿が出ることで、良くなってきます。

 

しかし繰り返していると跡が残ってしまうこともあり、できるだけ初期段階で治すようにしましょう。

内服薬の服用や、針で膿を出さないと治らない時があるので早めの対処が大切です。

 

繰り返すものもらいは危険?

麦粒腫を繰り返すという場合は一度ご自分の生活を見直してみましょう。

寝不足が続いていたり、栄養バランスの取れた食事ができていない場合は、免疫力が落ちているかもしれません。

 

ストレスがあると免疫力が下がってしまいますので、こまめに解消するようにしましょう。

あまりにも何度も繰り返す場合は、糖尿病などの病気が隠れていることも考えられます。

 

 

霰粒腫

213790

 

霰粒腫は白い膨れたできものがあるが、痛みはないというもの。

麦粒腫と似ていますが、まぶたの中にコリコリとしたしこりのようなものができるのが特徴です。

脂分の詰まりが原因

同じようにマイボーム腺が皮脂で詰まることで起こりますが、霰粒腫は細菌やウィルスが原因ではなく脂肪の塊が原因です。

上下のまぶたに20個以上あるマイボーム腺は分泌物の出口となっていて、涙の成分の1つである脂が分泌されます。

 

マイボーム腺がどうして詰まるのかは、はっきりしていません。

体質、栄養状態、ホルモンバランスの乱れで分泌物の濃度が変わり、出口がふさがるといわれています。

 

Sponsored Link

 

治療方法

急性霰粒腫の場合

霰粒腫はひどくなると急性の炎症をおこし、急性霰粒腫となってしまいます。

細菌が入ることで炎症を起こしてしまうため、麦粒腫と同じように抗菌目薬で治療する方法をとります。

 

痛みがある時に温めると痛くなりますので、温湿布をする場合は痛みが収まってからにしましょう。

しこりは自然に吸収されていきますので、気にならなければそのままにしておいてもかまいません。

長期間治らない場合

何ヶ月もしこりが引かない場合はステロイド剤を注射して治療します。

まれに1年以上引かないことがあるようですが、その場合には切開手術をすることもあります。

 

 

ものもらいを早く治すには?

医者

ホットタオルで温める

目を温めると治りが早くなります。

固く絞った温かいタオルなどを1 日3~4回、10分から15分の間、患部に当てておくと良いでしょう。

 

最近はドラッグストアに何度でも使える、疲れ目用のホットパックなども売っているで買ってみてもいいかもしれません。

また湯船につかってしっかり全身を温めるのも良いです。

まぶたを軽くマッサージしても良いですが、患部に直接触らないように注意してください。

目を触らない

ものもらいはでき始めの時に、患部がかゆくなることがあります。

そのような時に爪や指で目を掻いたりしてしまうと、雑菌が入り症状を悪化させてしまうので気をつけましょう。

当たり前のことですが、患部を清潔にして刺激しないことが一番大切です。

刺激物は控える

辛いものや甘いもの、アルコールなどの刺激物は炎症を悪化させますから、我慢しましょう。

コンタクトレンズも目の負担になりますから、ものもらいが治るまでメガネにするといいですね。

お化粧はしない

女性のアイメイクは症状を悪化させます。

アイシャドーはもちろんのこと、クレンジングも指が患部を触ることで炎症がひどくなってしまいます。

できるだけ、お化粧はしないようにしましょう。

 

 

さいごに

体が疲れている時には、目も疲れているものです。

お風呂に入って体が温まれば、目も温まるので全身から疲れが取れていきますよね。

時間がない時には目の上に乗せるホットパックを試してみましょう。

知らずに溜まってしまっている疲れを癒して、ゆっくりと体をいたわる習慣をつけるのもいいですね。

 

Sponsored Link