まぶたにしこりのようなできものがあると、人に会うのも億劫になってしまいますよね。

ゴロゴロしたり、かゆみがあったり、腫れたりと症状もさまざまです。

まぶたのできものには良性のものもありますが、治療をしないと治らないものや何度も繰り返すものなど厄介な病気もあります。

確率は低いですが、中には悪性の病気の可能性もあります。

まぶたのできものにはどのような病気が隠れているのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

まぶたが腫れたりしこりができる病気

目の下が腫れる病気

ニキビ

白いポツポツがまぶたにできた場合、ニキビという可能性もあります。

コメドとも呼ばれ、食生活の乱れが大きな原因です。

食生活の見直しと正しい洗顔で改善されますが、放置すると悪化してしまうことも。

 

ニキビが炎症を起こすと白から赤へと変わり、さらに化膿を起こすと黄色へと変わります。

また閉塞面皰といって皮脂の酸化により白ニキビが黒くなることも。

黒くなると色素沈着を起こし跡が残ってしまうので早めのケアが大切です。

 

ものもらい

まぶたの病気と聞くと、まずこれが浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

ものもらいにも2種類あり、赤く小さいできものと痛みや痒みが特徴の麦粒腫と、痛みやまぶたの赤い腫れが特徴の霰粒腫があります。

どちらもまぶた付近への細菌感染で起こります。

治療は眼科で、抗生物質の点眼薬を処方してもらいます。

 

ものもらいの治し方!早く治すには?

 

アレルギー性結膜炎

痒みやゴロゴロとした違和感で症状が辛いのがアレルギー性結膜炎です。

悪化すると、まぶたの裏側に透明なできものができて黒目を刺激し、角膜炎を起こすことも。

環境要因が大きく関わっているため、自分のアレルギーを把握するほか、ハウスダストやカビなどの発生には気をつけましょう。

 

Sponsored Link

 

眼瞼炎

眼瞼とはまぶたのこと。まぶたを中心に、目の周りにできる炎症やできものをまとめて眼瞼炎と言います。

原因はアレルギーやウイルス・細菌感染など。

症状も痒みや痛み、腫れや充血などさまざまです。

自然治癒するものもありますが、細菌感染の場合は抗菌薬の服用が求められるので、医師の診察を仰ぎましょう。

 

ほくろ

まぶたに茶色から黒色のできものができた場合には注意が必要です。

ほくろや、加齢で発生する脂漏性角化症の場合は心配いりませんが、もしかしたら悪性腫瘍という場合もあります。

まぶたのガンだけでも数種類あり、重症度も違ってきます。

 

ガンの場合、数週間で急に大きくなったり数が増えたりします。

悪性腫瘍のできものは赤い時もあるので、赤いから大丈夫と安心はできません。

気になる症状があれば早めに医療機関を受診しましょう。

 

他の原因

ほとんどが良性ですが、中には自然治癒しないものや、悪性のもの、放置すると悪化するものなど危険なできものもあります。

自分で判断するのは難しいので、気になる症状がある時は速やかに医療機関を受診しましょう。

汗管腫

汗を出す管が増えて固まる汗管腫は、思春期以降の女性に見られます。

皮膚がと同じくらいの固さのしこりで、同じような色をしています。

数が増えることもありますが、大体は3~5mmにとどまることが多いようです。

眼瞼黄色腫

眼瞼黄色腫は目のふちにできる黄色の腫瘤で、家族性高コレステロール血症が原因となってできることがあります。

中性脂肪など、血液の脂質異常症が考えられます。

 

Sponsored Link

 

 

日常生活での原因

目元の皮膚はとても薄くなっているので、ちょっとした刺激でも乾燥したり荒れたりするのです。

目の周りの刺激物

まつ毛の生え際にはマイボーム腺という、油分を出して目元の乾燥を防ぐ大切な器官があります。

このマイボーム線を塞いでしまうと目が乾燥したり、雑菌が入ってものもらいになったりします。

 

アイメイクなどのお化粧

女性の場合、お化粧でアイメイクにこだわる方も多いと思います。

しかし濃すぎるアイメイクはまぶたに負担をかけます。

クレンジングを使うときにも、落とすことに集中してゴシゴシ擦ってしまうとまぶたを傷めてしまいますよね。

アイメイクはほどほどにしましょう。

 

シャンプーや石鹸の成分

まぶたは洗顔や入浴の時にシャンプーや石鹸の洗い残しが多い部分でもあります。

また化粧品やシャンプーの成分が合わないことでも、皮膚の薄いまぶたには大きな負担となります。

シャンプーやクレンジング剤に入っている界面活性剤は汚れを落とすことに長けていますが、同時に皮膚への刺激も強いということを認識しておきましょう。

 

コンタクトは注意

またコンタクトレンズの使用にも注意が必要です。実はあまり意識されていませんが、装着したレンズがまぶたに当たっていることがあります。

そうするとレンズに汚れが付着し、目から細菌が入ってしまいます。

レンズのケアを怠っても細菌が増えるので、取り扱いには気をつけましょう。

 

コンタクトをすると目やにがひどい!

 

Sponsored Link

 

生活習慣

ストレス

過度のストレスがかかると、身体の機能を調節する自律神経の働きが乱れます。

それにより涙の分泌量が減少し、目元が乾燥します。

ストレスを溜めないことが一番ですが、対処法として目薬をさしたり瞬きの回数を増やしたり、コンタクトレンズの装着を控えるなどすると良いでしょう。

食生活や睡眠

食生活や睡眠などで思い当たることはありませんか?

油っぽいものばかり食べていると、できものができやすくなります。

また、睡眠不足だと血行不良やホルモンバランスの乱れを引き起こし、肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)を狂わせてしまうことも。

 

デスクワークによる長時間のパソコン作業などでも目が乾燥しますよね。

自身の生活を見直してみると、意外と改善できることが多いかもしれません。

季節的な要因

春から夏にかけては、花粉や黄砂による影響で目がアレルギー反応を起こしやすくなります。

目のかゆみでつい擦りたくなってしまいますが、できるだけ触らないようにすることが大切です。

紫外線も大敵。日差しが強い日には肌だけではなく、サングラスをするなど目の日焼け対策もしましょう。

 

Sponsored Link

 

病院での治療

抗ヒスタミン 薬

 

まぶたのできもので病院に行く際は、皮膚科か眼科に行きましょう。

特に眼科はより詳しい検査を受けられるほか、もし外科的治療が必要になった時には専門分野になるのでおすすめです。

どんな治療法がある?

治療は点眼薬か軟膏などの塗り薬を処方されることが多いです。

症状によっては抗生物質を服用することも。

できものが大きくなっていたり化膿している場合には、切開や注射器で中の膿を出したり、できものの切除手術をします。

現在は切除といっても、レーザーを使用したり、液体窒素で焼いて削るなど切らない治療も選択できるので、医師に相談してみると良いかもしれません。

 

予防のためにできること

日常生活でまぶたのできものを予防する際、「肌のターンオーバー」を意識すると良いでしょう。

肌が生まれ変わる周期で、身体の場所にもよりますが大概は28日周期となっています。

しかし、生活リズムの乱れでその周期が早まってしまうと、細胞が未完全な状態で肌になってしまい、さまざまなトラブルを引き起こします。

 

化粧やスキンケアなどでまぶたに影響を与えやすい女性は特にトラブルを招きやすくなっています。

正しい洗顔やスキンケアを心がけましょう。

自然治癒するできものに関しては、食生活や睡眠を意識することで免疫力を上げ、自然治癒力を高めることが大切です。

焦って治そうとせず、肌トラブルへのケアと生活習慣の改善で対策をしましょう。

 

目の周りやまぶたが赤いしかゆい6つの病気!

目の下が腫れる病気!かゆみと痛みの原因は?

 

 

Sponsored Link