足の爪には重要な役割があることをご存知ですか?

“立つ”にしても“歩く”にしても、足の爪が支えてくれなければ上手く行うことができません。

足の爪に痛みがあるときには早めに対策を講じて、日常生活に不便が出ないようにしたいですね。

今回は、足の親指の爪が痛いときに考えられる原因にはどんなものがあるのか、対策や予防法とともに見てきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

足の親指の爪が痛い原因

はてな

爪の問題によるもの(巻き爪・陥入爪)

爪に異常がある場合は、原因として巻き爪または陥入爪が考えられます。

この2つは症状がよく似ているので、違いを理解しておきたいですね。

巻き爪

足の親指によく見られる巻き爪は、爪の左右の端が内側に“巻いている状態”のことを言います。

ひどくなると曲がった爪の端が皮膚に食い込むようになり、歩いたときに痛みが出るようになります。

原因としては爪の切りすぎ(深爪)のほか、外反母趾や偏平足といった足の異常、爪水虫による爪の異常なども関係しています。

また合わない靴を履いていることが原因となっていることもあり、サイズが小さい、もしくは大きすぎる、高いヒール、つま先が狭く圧迫されていることなどが考えられます。

 

陥入爪

陥入爪は、爪の先端または左右の端が、皮膚に“刺さっている状態”のことを言い、それにより炎症が起こり、痛みが発生します。

爪の角がトゲのようになって皮膚に食い込むため、巻き爪のように爪が巻いていないこともあります。

皮膚に刺さることによって傷ができ、そこから細菌が入り込んで化膿してしまうこともあるため注意が必要。

 

原因は巻き爪と共通しているものも多いのですが、その中でも深爪が大きく関係しています。

爪を深く切ってしまうと、本来なら爪で守られているはずの指先の皮膚が露出してしまいます。

そして立ったり歩いたりと足に体重をかけたときに指の肉が押し上げられて、爪に食い込んでしまうのです。

陥入爪は、爪を深めに切ると痛みが和らぎますが、そうすると深爪の悪循環に陥ってしまうので気を付けましょう。

 

Sponsored Link

 

細菌感染によるもの(爪囲炎・ひょうそ)

陥入爪によってできた傷、もしくはなにかの拍子に爪のまわりにできた傷から細菌が侵入してしまうことがあります。

病院で原因菌がなんなのか特定してもらって、それに合わせた抗菌薬での治療が必要です。

爪囲炎

細菌の侵入によって、赤く腫れる、ズキズキと痛むなどの症状が出ます。

爪囲炎の原因となるのは、多くが黄色ブドウ球菌で、ほかには大腸菌や緑膿菌など。

侵入した細菌が、爪の根元にある爪母(爪をつくるところ)にまで到達してしまうと、新しく伸びてくる爪にも影響が出てしまうことがあります。

治療は基本的に抗菌薬の使用となりますが、悪化している場合には抜爪することもあるので早めに皮膚科や形成外科を受診しましょう。

 

ひょうそ

侵入した細菌によって深部で炎症が起こり、化膿してしまった状態をひょうそと言います。

赤く腫れてズキズキと痛み、膿が出たり溜まったりします。

炎症が深部まで広がってしまうと、骨や関節といった部分にまで影響を及ぼすこともあるので、早めに治しましょう。

 

ひょうその原因となるのは、黄色ブドウ球菌のほか連鎖球菌などです。

治療は抗菌薬のほか、痛みが強いときには痛み止めや抗炎症薬を処方されることもあります。

膿が溜まっているときには、皮膚に穴を開けて膿を出す処置を行うこともあります。

 

Sponsored Link

 

グロームス腫瘍

爪の下にできるグロームス腫瘍は、20~40代の若い世代で発症しやすい良性の腫瘍となっています。

爪の下に腫瘍ができることで爪が青く変色し、若干の盛り上がりが見られます。

ズキズキとした痛みが特徴で、爪を押したり、冷水に浸けるなどして冷やすとピンポイントで強い痛みが発生します。

 

グロームス腫瘍は良性なので、そこまで心配する必要はありませんが、治すためには手術が必要になります。

腫瘍を摘出するために爪を一度除去しますが、除去した爪も1年ほどで元に戻ることがほとんどです。

 

しもやけ

指が腫れて痛みやかゆみ

 

寒い冬場、子供や女性に多く見られるしもやけは、「凍瘡(とうそう)」とも呼ばれます。

足や手の指先のほか、鼻や耳、頬などにも出やすいですね。

しもやけのメカニズム

身体が「寒い!」と感じると、2つの血管(動脈と静脈)が同時に収縮しますが、元に戻るときには動脈のほうが先になります。

そのため収縮したままである静脈とのバランスが取れなくなり、血液が上手く流れなくなってしまうのです。

これがしもやけのメカニズムとなっています。

 

予防法

血行不良によるものなので、予防のためには、しもやけのできやすい部分を温かくしておくことが大切です。

手袋や靴下、耳あてなどを活用しましょう。

また、血行を改善する効果のあるビタミンEを多く摂ることも有効です。

 

ビタミンEは食物油やナッツ類、魚卵などに多く含まれています。

手や足にビタミンE配合のクリームを塗ることにも効果があるとされています。

ハンドクリームやボディクリームを選ぶ際の基準にしてみても良いですね。

 

Sponsored Link

 

外反母趾

外反母趾

外反母趾は、母趾(親指)が人差し指側に曲がってしまうもので、巻き爪や陥入爪の原因にもなってしまいます。

親指の付け根の部分の関節(外側)に痛みが出て、それをかばって歩くようになるため、余計に足に負担をかけてしまいます。

原因

原因には合わない靴を履いていることがあげられ、とくにヒールの高い靴や、つま先の狭い靴を履く機会の多い女性は要注意です。

また歩き方に問題があることも多く、外反母趾になる人は足の裏全体を使ってペタペタと歩く傾向にあるようです。

かかとから着地してつま先へと重心を移動させる“正しい歩き方”を身に着けることも、外反母趾の予防には重要です。

 

治療法

外反母趾は、痛みをかばって歩いていると、足に負担がかかって親指の変形が進みやすくなってしまいます。

親指がどのくらい曲がっているのかによっても治療法は違ってくるので、一度医師の診察を受けて、正しい対処法を指導してもらいましょう。

軽度ならストレッチやテーピング、歩き方の指導などですが、重症の場合は手術になることもあります。

 

足の親指の付け根が痛いのは外反母趾が原因?

 

Sponsored Link

 

 

足の親指の爪が痛いときの予防法と対策

医者 ポイント

 

足の親指の爪、もしくは周辺のトラブルを避けるためには、つい疎かになりがちな足先のケアをしっかり行うことが大切です。

爪の切り方やケアの仕方、歩き方、そして履いている靴まで、もう一度見直してみると良いかもしれません。

正しい爪の切り方

「足の爪って切りにくい!」という方も多いと思います。

切りにくいため、手の爪より疎かになりがちな足の爪ですが、深爪をしてしまい巻き爪や陥入爪にもなりやすいので気を付けなくてはいけません。

爪を切るタイミングは、入浴後などの爪が柔らかくなっているときにしましょう。

基本的な切り方は「スクエア・オフ」。

 

手の爪のように端にかけて丸みを付けることはせず、真っ直ぐに切ります。

爪の白い部分をすべて切り落としてしまうと深爪になるので、少しずつ細かく切っていき調整しましょう。

「まだちょっと長いかなぁ」くらいで大丈夫です。

もし切りにくいようなら、爪やすりで削っていく方法をとっても良いでしょう。

 

もし深爪になったら……

それでも深く切ってしまったときには「コットン・パッキング」という自分でも簡単にできる処置を行います。

用意するのは、ピンセットとコットン(清潔な綿)。

 

コットンを米粒くらいの大きさに丸め、爪の端の部分にピンセットで差し込みます。

それによって爪の端が皮膚に食い込むのを防ぐことができるので、爪がまた伸びるまで続けましょう。

ただし、無理に差し込むのはいけません。

 

Sponsored Link

 

足先まで清潔に

足の裏は汗をかきやすい部分でもあるため、靴下や靴で蒸れやすく、細菌が発生しやすくもなっています。

お風呂で足をしっかり洗う、靴下をこまめに交換する、靴を日陰干しするなどして足も清潔にしておきましょう。

陥入爪によりできた傷から細菌が侵入することのほか、爪水虫などの予防、さらには足の臭いへの対策にもなりますね。

 

歩き方や靴の見直し

ヒール 靴

 

足の親指の爪は、ほかの爪と比べても大きく、身体を支えるために重要な役割を果たしています。

そのため、間違った歩き方をしていたり、靴によって圧迫されたりしていると負担がかかってしまいます。

歩くときは、かかとから着地して、つま先へと重心をうつしていくこと。

 

足の爪が痛いからと、かばって歩いていると、どうしてもバランスの悪い歩き方になってしまい身体全体のゆがみにも繋がります。

靴も、ヒールの高い靴やつま先の狭い靴を好んで履いているという人は要注意。

サイズが大きすぎても、靴の中で足が動いてしまい、踏ん張ろうとつま先に力が入ってしまうため良くありません。

できるだけ自分の足に合っていて、つま先部分を圧迫しないような靴を選ぶようにしましょう。

 

 

さいごに

足の親指の爪が痛いときには、爪の切り方やケアの仕方、履いている靴、歩き方などの日常的なところに原因があることも多いです。

爪はケラチンというたんぱく質の一種でできていますが、これは皮膚や髪と一緒です。

そのため、爪に異常があるときには皮膚科で診てもらうと良いでしょう。

予防できることは予防して、もし異常が出たら悪化する前に、早めに病院を受診するようにしましょう。

 

Sponsored Link