扁桃腺というのは「口蓋扁桃」のことです。

鏡で口の中を見たとき、舌の根元の両サイドにあるのが口蓋扁桃ですが、その部分に白いできものや斑点が見えるがあります。

白いできものや斑点ができる原因にはどういったことが考えられるのでしょう。

扁桃腺の代表的な疾患とともに、白いできものができる原因や、膿である可能性について考えていきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

扁桃腺に白いできものができる原因

医者

 

扁桃腺といわれる「口蓋扁桃」は舌の付け根の両サイド、わずかに膨らみのある部分のことを言います。

扁桃腺の役割は「免疫」です。

体外から口を通って侵入してくるウイルスや細菌とたたかって、私たちの身体を守ってくれているのです。

扁桃腺というと口蓋扁桃を指しますが、ほかにも舌扁桃、咽頭扁桃、耳管扁桃など、扁桃と呼ばれる器官はいくつかあります。

急性扁桃炎

頻度の高いものは急性扁桃腺炎で、溶連菌やアデノウイルス、連鎖球菌などに感染することです。

普段は免疫機能によってウイルスや細菌から身体を守っている扁桃腺ですが、過労やストレス、生活習慣の乱れ、体調不良などで感染することがあります。

免疫力が低い乳幼児も感染しやすいので、注意したいですね。

 

扁桃腺が炎症を起こすと赤く腫れたり、白苔といわれる、点や膜状に見える白いできものが付着します。

咽頭炎を伴うことも多く、のどに強い痛みを感じます。

子供の場合、痛みで水を飲むことも困難になることがあるので、脱水には気を付けたいですね。

39~40度の高熱が出て、全身の倦怠感、悪寒、頭痛なども発生することがあります。

 

扁桃炎は市販薬が効かないことも多いので、病院で診てもらうようにしましょう。

病院では抗菌薬や消炎鎮痛剤が処方され、脱水などの症状が見られるときには、点滴処置をすることもあります。

あとは自宅で安静にし、水分補給とともに、十分な栄養が摂れる食事をしましょう。

痛みで飲み込むことが辛いようなら、うどんやゼリーなど、のどごしの良いものがおすすめです。

 

慢性扁桃炎

 

 

持続的にのどの痛みや違和感(のどが渇く、イガイガする)などがあるなら、慢性扁桃炎の可能性があります。

原因は急性扁桃炎と同じで、免疫力の低下によるウイルスや細菌感染ですが、喫煙や飲酒が引き金となることもあります。

習慣性扁桃炎

急性扁桃炎を年に4~5回はくり返すという場合には「習慣性扁桃炎」となります。

のどの痛みのほか、発熱や倦怠感、扁桃腺の腫れや白いできものがあるため、場合によっては手術で扁桃腺を切除することもあります。

小学校入学前の子供(5~6歳)で発症率が高いのが、慢性扁桃炎です。

 

Sponsored Link

 

扁桃周囲炎(扁桃周囲膿瘍)

働き盛りである30代男性に多く発症する扁桃周囲炎は、簡単に言えば、急性扁桃炎が悪化したものです。

左右どちらかのみに現れることが多く、扁桃腺の周囲にまで炎症が広がって赤く腫れ、膿が溜まって“膿瘍”ができることもあります。

扁桃周囲炎もウイルスや細菌が原因となり、急性扁桃炎と共通しているものが多くなっています。

 

ただし、“嫌気菌”という空気を嫌う性質をもつ菌であることも多く、体調不良で免疫力が落ちていたり、感染した菌の力が強いときに発症しやすいようです。

扁桃周囲炎でも、強烈なのどの痛みを伴います。

痛みは耳のほうにまで広がることもあり、口を開けることが困難になってしまうことも。

 

唾液を飲むことはもちろん、食べ物や飲み物を飲み込むことも痛みで困難になるため、脱水や栄養失調には気を付けなくてはいけません。

扁桃腺やその周囲が赤く腫れ、膿が溜まって膿瘍をつくることもあり、その場合は「扁桃周囲膿瘍」と呼ばれます。

原因がウイルスや細菌なので、やはり抗菌薬を使いますが、飲み薬だけでは間に合わないため点滴で薬を入れることもあります。

膿瘍に関しては、注射針を使ったり、メスで1~2cm切開して排膿する処置を行います。

 

Sponsored Link

 

扁桃病巣感染症

皮膚や腎臓、関節などの病気の原因が、扁桃腺から来ていることもあります。

扁桃腺の症状はほとんどないことが多いのですが、扁桃腺を切除すると体の病気も治ることが多くなっています。

腎機能低下なども扁桃病巣感染症によることがあるのですが、こちらも扁桃腺を切除することで回復します。

 

扁桃肥大

扁桃肥大とは文字通り、扁桃腺が大きくなるものです。

痛みなどの症状はなく、白いできものも基本的には見られません。

生後1年くらいから大きくなり始め、5~7歳でピークを迎えますが、その後はだんだんと小さくなっていきます。

 

扁桃腺が大きくなることで、その周囲に悪影響が出てしまうことがあり、鼻づまりや大きないびき、睡眠時無呼吸症候群、嚥下障害などを引き起こすことがあります。

原因は免疫機能が活発になりすぎることなので、問題がなければ様子を見て良いですが、上記のような症状で支障が出ているようなら切除手術も考えましょう。

また扁桃肥大により急性扁桃炎をくり返すこともあるので、その場合も切除の対象となります。

 

Sponsored Link

 

扁桃腺の白いできものは膿栓かも?

扁桃腺に付いた白いできものは、別名「臭い玉」といわれる「膿栓」である可能性もあります。

咳やくしゃみで吐き出されることもあり、つぶすとひどい悪臭を放ちます。

膿栓のできる仕組み

膿栓は、誰にでもできる可能性があります。

扁桃腺の表面には“陰窩(いんか)”や“腺窩(せんか)”と呼ばれる小さな穴がいくつもあります。

これは扁桃腺の表面積を広くして、免疫機能を向上させるために開いているものですが、食べ物のカス、白血球や細菌の死骸が溜まります。

それが白い塊となって、扁桃腺に付着してしまうことがあるのです。

膿栓は大きさが3~5mmほどで、鏡で見ても白い塊として見ることができます。

 

自分で除去するのは危険!

咳やくしゃみで吐き出されることもある膿栓ですが、除去するには病院を頼りましょう。

専門は耳鼻咽喉科で、膿栓の吸収や扁桃腺まわりの洗浄を行ってくれます。

自分で除去しようとすると、扁桃腺の粘膜を傷つけてしまい、免疫機能を低下させてしまうこともあるので絶対にやめましょう。

 

扁桃腺は切除しても大丈夫?

慢性的な扁桃炎であったり扁桃肥大であったりすると、医師から扁桃腺切除を勧められることがあります。

扁桃腺は免疫を担っている器官、切除しても大丈夫なのでしょうか?

私たちの身体には、扁桃腺と呼ばれる口蓋扁桃以外にも、免疫を司っている器官はいくつもあります。

 

そのため扁桃腺を切除しても、術前と免疫機能はほとんど変わらないとされています。

扁桃腺の切除では入院が必要になることもあり、術後の出血や、小さい子供の場合は痛みなどのリスクもあります。

メリットとデメリットをよく考えて、切除するかどうか決めるようにしましょう。

 

扁桃腺が腫れるのに熱はない?原因と治し方

喉のイガイガに効く!おすすめの市販薬11選

喉の痛みが治らない!喉に良い飲み物と食べ物は?

 

Sponsored Link