鏡で口の中を見たときに、舌の付け根の両サイドにある膨らみが扁桃腺です。

正式には「口蓋扁桃」というもので、侵入してくるウイルスや細菌から身体を守る「免疫」の役割を持っています。

扁桃腺が腫れると高熱が出ることが多いのですが、熱がほとんど出ないこともあります。

「扁桃腺が腫れるのに熱はない」というときの原因と、知っておきたい治し方について見ていきましょう。

 

Sponsored Links

 

扁桃腺が腫れる原因

はてな

熱が出ない扁桃炎?

扁桃腺の炎症の強さと発熱は比例することが多いため、炎症がひどいと熱が出ることが多くなっています。

今は熱が出ていなくても、症状がひどくなるうちに熱が出ることもあります。

扁桃腺から膿が出ている限り熱が出る可能性はあるので、抗生物質で治療しなければいけません。

熱はないのに扁桃腺が腫れている他の原因としては、「慢性扁桃炎」や「性病」も考えられます。

急性扁桃炎

扁桃腺が腫れるというときは、まず「急性扁桃炎」である可能性が考えられます。

急性扁桃炎は、免疫力の低下によって扁桃腺にウイルスや細菌が感染し、扁桃腺が赤く腫れて、白っぽい分泌液や膿が付着します。

39~40度の高熱が出て、強いのどの痛みを伴うことも多く、ものを飲み込むのが困難になることも。

 

ほかには全身倦怠感、悪寒、頭痛などもよく見られる症状です。

一般的に熱が出るのは、侵入したウイルスや細菌と戦っているため。

急性扁桃炎をくり返し発症していると「慢性扁桃炎」となり、緩やかな症状が持続するようになることもあります。

 

慢性扁桃炎

急性扁桃炎を年に3~4回くり返したり、扁桃腺がずっと腫れたりする場合、習慣性扁桃炎(慢性扁桃炎)になります。

のどの痛みや違和感(イガイガや乾燥)があり、微熱が出るなどの症状があります。

高熱が出て繰り返す場合は手術が必要になりますが、熱が出ないようであれば様子を見ることもあります。

慢性扁桃炎は、日常的なものが誘発していることも考えられます。

 

Sponsored Links

 

疲労・ストレス・体調不良など

疲労やストレス、もしくは不規則な生活や睡眠不足などが続いていると、体の免疫力が低下します。

ウイルスや細菌に感染しやすくなって急性扁桃炎を発症したり、風邪をひいて喉を痛めやすくなったりするのです。

空気が乾燥していて冷たい冬場や、家のホコリ、ハウスダストなどが原因となっていることもあります。

 

タバコ

タバコの煙やニコチンは喉を痛め、体内のビタミンCを減少させて免疫力を低下させてしまいます。

またタバコには血管を収縮させる作用もあるため、扁桃腺に免疫のための白血球を十分に送れなくなってしまう可能性があるのです。

 

お酒の飲みすぎにも注意

アルコールには血流を良くする効果があります。

お酒も適量なら良いのですが、飲みすぎたり、のどの調子が悪いときに飲んだりすると扁桃腺の炎症を悪化させてしまうことがあります。

 

扁桃病巣感染症

扁桃病巣感染症とは、扁桃腺が原因となって他の臓器に異常を引き起こすものです。

扁桃腺の症状はほとんどないか、のどの違和感程度の軽いものであることが多いのですが、皮膚や関節、腎臓といった部分に病変が見られます。

よく見られる病気には、手のひらや足の裏にブツブツが出る「掌蹠膿疱症」や「乾癬」、「関節リウマチ」や「胸肋鎖骨過形成症」、もしくは「IgA腎症」だと将来的に腎不全になることもあります。

扁桃腺に原因がある場合には、扁桃腺の摘出で病気も改善することが多いのも特徴です。

 

Sponsored Links

 

性病

キス

EBウイルス(キス病)

EBウイルスの正式名は「伝染性単核球症」で、唾液に含まれるヘルペスウイルスの仲間です。

唾液を介するキスで感染することがあります。

症状は長引く風邪のようなものですが、大人になってからの初感染だと重症化しやすく、強いのどの痛みや扁桃腺の腫れ、発熱なども見られます。

 

キスでの感染のほか、免疫力の弱い乳幼児にも注意が必要です。

母親が噛み砕いたものを口移しであげるなどすると、子供もEBウイルスに感染してしまうことがあります。

EBウイルスに感染しても自然治癒することが多いのですが、症状の変化には気を付けておきましょう。

クラミジア・淋病

クラミジアや淋病は、頻度の高い性感染症です。

自覚症状がないことも多いのですが、放置しておくと女性の場合、不妊症の原因となってしまうこともあるため気を付けたいところ。

性器粘膜での感染が多いですが、喉の粘膜に感染することもあり、慢性扁桃炎や咽頭炎の引き金となることもあります。

 

心当たりのある方はうがいをするだけの検査キットがおすすめ。

相手にうつさないためにもしっかり治して下さいね! ↓

 

⇒ ガラガラうがいで喉の検査

治療法

 

扁桃炎の治療では、ウイルスや細菌に対する抗生物質や、炎症や痛みを鎮める消炎鎮痛剤などを病院で処方してもらいます。

栄養が摂れて喉に負担のかからないもの(プリンやうどんなど喉ごしの良いもの)を食べて、体の抵抗力を高めてあげることが大切です。

冷やす

扁桃腺が腫れているということは炎症が起こっているので、患部を冷やすことは良いでしょう。

また熱が高いときにも体力を消耗しすぎてしまうため、冷やすことは有効です。

よく冷えピタなどの製品を使う人がいますが、これらは“冷感”が主体であって冷却の効果はあまり期待できません。

しっかり患部を冷やすなら、氷枕や保冷剤をタオルに包んだものが良いですね。

 

乾燥や冷え対策

乾燥していて冷たい空気というのは、ウイルスや細菌が活発になりやすい環境です。

風邪もひきやすくなり、鼻づまりで口呼吸になっていると余計に扁桃炎を起こしやすくなってしまいます。

空気が乾燥しやすい冬場は、加湿器などを利用するのが良いですね。

 

マスクも、口周りの乾燥対策としては有効です。

寝るときに、濡らしたガーゼを挟んだマスクをすると扁桃腺への感染を予防できます。

 

Sponsored Links

 

市販薬

 

ウイルスや細菌に対する市販の抗生物質はありませんが、症状を緩和させるようなものはあります。

病院に行くほどではない、病院に行っている時間がないというときには、市販薬を活用するのも良いでしょう。

うがい薬

CPC(塩化セチルピリジニウム)やポピドンヨードなどの成分には殺菌・消毒作用があり、市販のうがい薬にも含まれています。

乾燥対策としても、うがいは良いですね。

また殺菌作用のあるカテキンを含む、緑茶でのうがいも効果があるとされています。

 

抗炎症薬

トラネキサム酸やカンゾウエキスには炎症に対する作用があり、扁桃腺の腫れやのどの痛みを緩和してくれます。

小林製薬からは「ハレナース」という、扁桃腺の腫れや痛みへアプローチする薬も出ています。

ドラッグストアや薬局で探してみても良いですね。

 

漢方薬

漢方薬には症状緩和のほか体質改善の効果もあるので、扁桃炎を何度もくり返すといった体質的を治したい方には良いでしょう。

薬局でも見つけやすいものには「葛根湯」や「小柴胡湯」などがあります。

初期段階の扁桃炎には、回復力を高めてくれて、抗炎症作用のカンゾウエキスも含まれている葛根湯を。

ある程度症状が進んだ扁桃炎には、小柴胡湯がおすすめです。

 

 

さいごに

扁桃腺の腫れにはさまざまな原因があり、意外なものもありましたね。

まずは急性扁桃腺炎にならないように、日頃から生活習慣に気を配って免疫力を高めておくことが大切になります。

喉にとって乾燥は大敵ですので、少しでも乾燥しているなと思ったら、早めに喉専用の加湿器などで対処しましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい。

喉のイガイガに効く!おすすめの市販薬11選《薬剤師監修》

喉の奥に異物感が!詰まったように感じる原因は?

喉の痛みが治らない!喉に良い飲み物と食べ物は?

鼻の奥に違和感がある!9つの原因と病気

扁桃腺の白いできものは膿?

 

Sponsored Links